妊活中はヨガを趣味にしよう!妊娠との関係とは?ヨガポーズはこれ!

妊活中の女性に人気があるヨガ妊活法とは?

運動する妊婦さん

妊活中というのは、妊娠しやすい体を作ることが重要となります。妊活中の女性に人気のヨガ妊活法とは、単に妊娠しやすい体を作るだけではなく妊娠中も手軽に続けることができるヨガです。
ヨガ妊活法をうまく取り入れることで、体の不調を整えることができれば、心身ともに整えることができます。

https://twitter.com/picouchi_nk/status/887336653542400001

https://twitter.com/miki5284/status/879011803006513152

ヨガが妊活にいい理由とは?

伸びをする女性

自分の体と向き合うことは妊活中でなくとも大切なことです。ヨガ妊活法には、様々な効果を期待することができますのでぜひ取り入れたいものです。

リラックスでき、ホルモンバランスを整える

ヨガをすることによって体全体を心地よく伸ばすことができ凝り固まった体がほぐれます。凝りがほぐれれば、自然とリラックスすることができます。妊活中はなにかとストレスを感じることが多いので、リラックスすることも大切な妊活です。
またヨガによって血流がよくなることで、ホルモンバランスも自ずと整ってきます。ホルモンバランスが崩れると妊娠しにくくなってしまいますので、体調を整えるためにもヨガ妊活法は有効です。

全身で呼吸するため体が温まる

ヨガでは呼吸法が重要視されます。大きく息を吸い、大きく息を吐くというのは簡単ですが意識しないとなかなかできませんのでヨガをすることで意識的に深い呼吸をすることができるようになります。
深呼吸をすると血液中に十分な酸素を取り入れることができ、血流が良くなりますので体が温まってきます。
体、特に子宮の冷えは不妊の原因となりますので基礎代謝をあげ体を温めてあげましょう。

骨盤の歪みを直し、卵巣・子宮機能を高める

ヨガには、歪んだ骨格を元の正しい位置に戻す効果が期待できます。骨盤の歪みは、肩こりや腰痛などを引き起こしますが、妊活中の女性にとってこの骨盤の歪みは子宮にも影響を与えます。
子宮を支える骨盤の歪みは、妊娠に大きな影響を与えます。骨盤の歪みは卵巣や子宮の機能を低下させる原因となりますので、ヨガで骨盤を矯正し機能を高めてあげましょう。

妊活中に簡単自宅ヨガ!用意するものは?

筋トレする妊婦さん

ヨガ妊活法を実践する際に、用意しておくと便利なものがあります。ヨガを始める前に用意をしておけばヨガを楽しく行うことができます。
ヨガをする際は体への負担を和らげるためにヨガマットの使用をお薦めします。硬い床の上では気持ちよくヨガを行えませんし、思いがけない転倒や怪我を防ぐことができます。
水分補給のためのドリンクと汗を拭くタオルもある、そして万が一の体調不良などに備えスマートフォンを手の届く所に置いておくとより安心です。

妊活中にオススメ!ヨガポーズ4選!

ヨガをする妊婦さん

ヨガと聞くとどんなポーズもいいように感じますが、妊娠中の場合は避けたいポーズもあります。無理はせず、心地よいヨガのポーズを取ることが大切です。

1.合蹠(がっせき)のポーズ

合蹠のポーズ

合蹠のポーズは、骨盤を正常な位置に整えるためのポーズです。

子宮を正しい位置に戻すことで、血流をよくし子宮の働きを活発にしていきます。

【手順】

●足の裏を合わせて座わり、膝は床から離れすぎないように前かがみの姿勢をとります。

●股関節が伸びるのを感じながら呼吸を整えます。

【ポイント】
股関節が痛い場合は無理に伸ばさず、毎日続けることで徐々に柔らかくしていきましょう。

2.橋のポーズ

橋のポーズ

橋のポーズは足腰を意識することで血流をよくし、女性ホルモンの分泌を促進させるポーズです。リラックス効果が期待でき、ストレッチとして最適です。

【手順】

●仰向けで足を腰幅に開いたら、両膝を立てゆっくりとお尻を持ち上げます。

●両指を背中の後ろで組み、息を吸いながら、お尻を高く持ち上げます。

●30秒キープしたらゆっくりと息を吸いながら腰を下ろして、息を吐きながら体をリラックスさせます。

【ポイント】

お腹を突き出す際は無理をせずにゆっくり行いましょう。

3. 月のポーズ

月のポーズ

月のポーズは子宮へ血流を促進するポーズです。

【手順】
●両足をそろえて立ったら、両手を胸の前で合わせて親指をクロスさせます。

●息を吸いながら、ゆっくりと両手を上げます。伸ばした腕は耳の横までしっかりと伸ばしていきます。

●息を吐きながら、両肘は伸ばした状態で、体を左に倒します。
●上半身を倒したままで呼吸5つ分程度の間静止したら、体を戻します。右側も同様に行います。

【ポイント】

月経前症候群に悩んでいる女性にもお薦めのヨガのポーズです。妊娠中は反りすぎて転倒しないように気をつけましょう。

4. 鳩のポーズ

鳩のポーズ

鳩のポーズは下半身の血流を整え冷えを改善し、骨盤のゆがみを整え、ホルモンバランスを整える効果があります。

【手順】
●あぐらをかき、まず右足を内側に曲げ、足の付け根に近づけます。

●左足の膝を立てたら、足の裏を天井側にします。

●左足先に左肘をかけたら、上半身を軽く右に向けます。

●右手は頭の上へ回し、左手と繋ぎ深呼吸をします。

●反対側も同じ様に、左と右1回ずつ行います。

【ポイント】
生理不順に悩んでいる人にもお薦めのポーズです。無理をして伸ばしすぎないようにしましょう。

ヨガをしながらプラスαで妊活するならこれ!

葉酸サプリ

ヨガ妊活法によって、体幹を整えることで妊娠しやすい体を作っていくことができます。
そして内側から妊娠の効果をさらに上げるために、葉酸を積極的に摂取することをお勧めします。
整った体に妊娠時に必要とされる葉酸を摂取することで、より葉酸の効果を取り入れることができるようになります。
葉酸は妊活中にも、そして妊娠中にも続けて摂取していきたい栄養素です。

ズボラさんには葉酸サプリがオススメ!

葉酸は食生活で十分に補うのは非常に難しい栄養素です。そこでズボラな人でも簡単に継続して葉酸を摂取するために葉酸サプリが便利です。

ベルタ葉酸サプリなら1日4粒のサプリを飲むだけで必要な葉酸を摂取することができます。

●ベルタ葉酸サプリのお得な定期便
定期便6回以上で1回 5980円が33%OFFの3980円。
(送料無料)
※1回あたり2000円もお得です。
※6回以上のお届けが必須です。
※7回目以降の解約はお届け日の10日前まで連絡してください。

●返品・交換
商品のお届けから3日以内に、WEB・もしくは電話にて連絡をしてください。

妊活は継続が大事!辛抱強く続けよう!

妊活は根気よく継続することが必要です。体にいいとされるヨガ妊活法も、必要な栄養素である葉酸も1度だけではなんの効果もありません。
体を内側から整えるということはとても繊細な作業です。毎日、コツコツと継続することで、効果をより確実に得ることができるようになります。
無理は禁物ですが、辛抱強く妊活を継続していきましょう。

この記事のカテゴリー: カテゴリー妊活中