2人目ベビ待ちによくある問題と解決方法【おすすめブログあり】

二人目のベビ待ちに関する情報をまとめました

一人目の出産を終えてしばらくすると、二人目を希望するご夫婦もおられるかと思います。
二人目のベビ待ちは一人目に比べると簡単なんじゃない?そう思うこともあるかもしれませんが…

実は、二人目のベビ待ちには一人目になかったハードルが待ち構えている可能性があります。
そこで今回は二人目のベビ待ちの時にありがちな問題点を、解決方法とともにご紹介していくことにしますね。

兄弟がいることのメリット

二人目を作ることにはもちろんメリットも大いにあります。

二人目を出産するということは、お子さんは兄弟関係を築いていくということですよね。
兄弟がいる子供は一人っ子に比べてコミュニケーション能力が育ちやすい傾向にあります。
互いに学び合い、時にはライバル関係になるなど、家庭内という一番身近なところで共に成長してくことができるのは、かなりのメリットと言えますね。

二人目のベビ待ちによくある問題

考える妊婦さん

ここからは実際に二人目のベビ待ちの時に起きやすい問題をご紹介していくことにしましょう。

①一人目がいきなりできたため、妊活に関する知識がない

初産の時、心の準備がないまま突然妊娠した…という人も多いかもしれません。
妊活に関する知識がないままいつのまにか出産を迎えたという場合、二人目のベビ待ちの時には今度こそしっかり勉強しておく必要が出てきます。
問題と言うよりも心構えとして、これからしっかり学ぶようにしてくださいね。

②子育てが忙しくストレスが溜まっている

二人目のベビ待ち中には、どうしても一人目のお子さんの世話をしながら準備をしていくことになります。
一人目のお子さんもまだ手がかかる年齢の場合も多いかと思いますので、子育てのストレスを抱えながらベビ待ちをするのはちょっとしんどい場面もあるかもしれませんね。

③年齢が上がっているため、自然妊娠しづらい

自然なことではあるのですが、二人目のベビ待ちを始める時、一人目の妊娠時よりは確実に年齢が上がっていますよね。
20代のうちはそこまで問題はないものの、30代の女性にとっての2、3年は体にも大きな変化があります。
年齢を重ねるごとに自然妊娠しづらくなるケースがありますので、この点を心に留めておいてください。

④セックスレスになっている

一人目のお子さんの子育てをしていると、夫婦の時間を持つのがなかなか難しくなってきますよね。
特に仲が悪いわけではないけれど、いつの間にかセックスレスに…そんなご夫婦もおられるかと思います。
そういった状況から二人目のベビ待ちに移行するためには、ご夫婦お互いの協力が必要になってきます。

⑤経済的な余裕がないため悩んでいる

子育てには非常にお金がかかります。
一人目を出産してみて、こんなにお金がかかるんだ…と驚いた人も多いのではないでしょうか。
いくら二人目のベビ待ちをしたくても、経済的に心配で一歩を踏み出せない状況もあるかと思いますから、この辺りも考えておく必要がありますね。

⑥子宮の回復が終わっていない

出産するということは子宮にも大きな負担がかかりますので、一人目の出産を終えてから子宮が回復するにはかなり時間がかかります。
人によってはすぐ妊娠できることもあるのですが、長い人では1年近くかかることもあります。
この辺りは産婦人科のお医者さんと一度相談してみるといいかもしれません。

二人目のベビ待ちをうまく乗り切る方法

二人目のベビ待ちに関する問題点をご紹介しましたが、そうしたハードルを乗り越えるための方法もちゃんとあるんですよ。
焦らず、できることから始めていきましょう!

①妊活に関する知識を1から見直そう

まずは妊活に関する知識を最初から見直すことをおすすめします。
妊活を成功させるための体作りや、タイミングの確認、またもしもの時の不妊治療にかかる期間や費用についてもしっかり勉強しておくと、二人目のベビ待ちもスムーズに行えるかと思います。

②二人目の妊娠に関して夫婦で意思を統一しよう

一人目の時もそうだったと思いますが、妊娠と出産はご夫婦が一丸となって取り組むべきことですよね。
この時、ご夫婦の意識にズレがあると最終的に良くない方向に向かってしまうこともあります。
ぜひ、二人目のベビ待ちを始める前にご夫婦でしっかり話し合って、意志を統一しておいてください。

③ストレスの発散方法を見つけておこう

一人目のお子さんを育てながら二人目のベビ待ちをしていると、初産の時よりもストレスを感じやすい場面もあるかと思います。
基本的なことではありますが、ぜひストレスの発散方法を今のうちに見つけておきましょう。
軽い運動やアロマなど、妊活にも良い影響が出る方法がベストかと思います。

④半年〜1年で妊娠しない場合は不妊治療を視野に入れよう

一人目の妊娠がスムーズに叶ったという人でも、二人目のベビ待ちはそうとは限りません。
もしベビ待ちを始めて半年~1年経っても妊娠しない場合は、不妊治療も考えることをおすすめします。
これについても、事前にご夫婦で話し合っておいてくださいね。

⑤工夫してセックスから作業感を取り除こう

お子さんがいる状況でのベビ待ちでは、セックスにも新鮮味が薄れてしまうかもしれませんね。
どうしても「二人目を作るための作業」という感覚になってしまうこともあるかと思います。
ですが、セックスは感情が非常に大切なもの。
できるだけセックスの作業感がなくなるように、シチュエーションなどを工夫してみてください。

⑥一人目のお世話をどうするか夫婦で話し合おう

ベビ待ちをしている間もそうですが、実際に妊娠した場合、一人目のお世話を母親だけで行うのはかなり無理が出てくるかと思います。
旦那さんに協力をしてもらうのもいいですし、ご夫婦どちらかのご両親に頼るのも可能性として考えられます。
一人目のお世話をどうやっていくかも、二人目のベビ待ち期間中にしっかり話し合っておきましょう。

⑦宅配サービスなどを上手く活用できるようにしておこう

一人目のお世話に加えて二人目の妊娠初期のつわりなど、毎日がとても大変になってきます。
そうした時に便利なのが、食事の宅配や家事代行サービスです。
妊娠してからでは調べるのもなかなか難しくなってきますから、今のうちにどのようなサービスを使うことができるのか調べておくといいですよ。

⑧妊活サプリを試してみよう

一人目の時にも使っていた人は多いかもしれませんが、妊活サプリは忙しい毎日でも栄養バランスを整えるのに非常に役立ちます。
特に葉酸は妊娠初期には普段より多く必要になりますから、赤ちゃんが健康な発育になるように今から妊活サプリを使っておくと良いかと思いますよ。

他人の二人目ベビ待ち体験をブログでチェックしてみよう!

パソコンを見る夫婦

二人目のベビ待ち中には、一人目にはなかったハードルも色々と待ち構えています。
妊娠を楽しみに待ちながらも、ご夫婦で不安な日を過ごすこともあるかもしれませんよね。

そんな時には、同じ状況で頑張っているご夫婦のブログが励みになるのではないでしょうか。
二人目のベビ待ち体験が綴られているブログをご紹介しますので、ぜひ一度チェックしてみてください!

二人目ベビ待ちに関するブログランキングをチェックしてみる→

二人目ベビ待ちにオススメのアイテム一覧

二人目のベビ待ちをする心構えができたら、ベビ待ちをサポートするアイテムも検討してみてくださいね。
おすすめのものをご紹介します。

①マカナ

マカナは葉酸をはじめ、ビタミンやミネラル、さらにマカやルイボスなど、妊活中・妊娠中に必要な栄養素がバランスよく配合された妊活サプリです。
二人目のベビ待ち中、忙しい毎日を送っていてもこれがあれば妊娠しやすい身体ができやすくなります。
ぜひ一度試してみてください。

②サンマット

サンマットは、遠赤外線を利用した温熱治療器です。
ベビ待ち中の女性にとって体の冷えは大敵ですが、サンマットを使うことで体温を上げることができますので、妊娠の土台を整えることができるんですよ。
購入することもできますが、レンタルシステムもあるところがサンマットの良いところです。

③若榴da檸檬

若榴da檸檬はザクロや青レモンなどの酵素を利用した健康ドリンクです。
酵素と言えば胃腸の調子を整えてくれるということで最近人気がありますよね。
若榴da檸檬は消化器官の安定だけでなく、ホルモンバランスや自律神経を正常にする効果も期待できます。
また、冷え性の解消にも効果があるのも嬉しいポイントですよ。

④ベルタ妊娠線クリーム

妊娠は喜ばしいことですが、ちょっと厄介なのが妊娠線…
普段見えない部分ではあるものの、女性としてはやっぱり放っておきたくないですよね。
そんな時におすすめなのが、ベルタ妊娠線クリームです。
女性の体のことを考えたベルタシリーズならではの無添加・オーガニック処方ですから、二人目のベビ待ち中にも安心して使えますよ。

⑤シトルリンDXPink

二人目のベビ待ち中、セックスの時間が取れないだけでなく、なかなかその気になれないこともあるかもしれません。
そういった時は活力サプリに頼ってみるのもいいかもしれませんよ。
シトルリンDXPinkは女性用の活力サプリとして多くの女性に支持を受けています。
スムーズに妊活ができるように、ぜひ試してみてください。

二人目のベビ待ちで困った時はお医者さんに相談してみよう!

二人目のベビ待ちに関する情報をお届けしてきましたが、今回ご紹介した内容以外にも不安なことがあるというご夫婦もきっと多いですよね。
ベビ待ちについて困ったことがあったら、ぜひ産婦人科医に相談してみてください。
産婦人科医はベビ待ちに関しては当然プロですから、役立つ情報を色々教えてくれるかと思いますよ。

二人目のベビ待ちを上手に乗り切ろう!

いかがだったでしょうか。
二人目のベビ待ちにはハードルがあるというお話をしましたが、一人目の出産を経験しておられるご夫婦ですから、そこまで神経質になる必要はないかもしれません。
ただ、一人目の時にはなかった問題が持ち上がる可能性はどうしてもあります。
そんな時も焦らずに、じっくりと妊活に向き合ってくださいね。

今回の記事を参考に、二人目のベビ待ちも上手に乗り切っていってください!