妊活中に打つべき予防接種一覧【妊娠中でも予防接種は可能…?】

妊娠の前には準備が必要!

妊活中のご夫婦が意外と忘れがちなのが予防接種です。

妊娠中にかかると危険な病気は色々ありますが、いざ妊娠してしまうと免疫力が下がってしまいますので、予防接種はできるだけ妊娠前、つまり妊活中に済ませておくのが望ましいんですね。

そこで今回は妊活中に打つべき予防接種について、詳しくご紹介していくことにしましょう!

妊娠前に打っておきたい予防接種とは?

では早速、妊娠前・妊活中に済ませておきたい予防接種をご紹介しますね。
まだ受けていない人は早めに打っておきましょう!

風疹

風疹は3日麻疹と呼ばれる感染症のひとつです。
大人になってからかかると症状がとても重くなるのに加え、もし妊婦が感染してしまった場合、胎児に低体重や難聴、白内障といった異常を及ぼすおそれがあります。
子供のころにかかっていれば抗体ができているはずですが、経験がないと思われる人は早めに予防接種を受けておきましょう。

水痘(水ぼうそう)

水痘も、子供のころにかかった経験があるという人も多いかもしれませんね。
こちらも妊婦がかかると流産や胎児の手足の異常など、様々な問題が起きる可能性があります。
感染者の死亡リスクも報告されていますので、妊活中にしっかり予防することをおすすめします。

麻疹

麻疹(はしか)は風疹と症状が似ているのですが、別の感染症です。
ですから、子供の頃にそういった病気にかかったことがあるけれど、果たして麻疹と風疹どちらだったかわからないという人も多いかもしれません。
そういった場合も病院に行けば検査できますので、お医者さんに相談してみてくださいね。

ちなみに麻疹の場合は妊娠中にかかっても胎児へのリスクは低いと言われていますが、その代り流産の危険が高いとされていますので、やはり注意が必要です。

流行性耳下腺炎(おたふく風邪)

流行性耳下腺炎も、妊娠中にかかっても胎児に危険はほとんどないとされていますが、やはり流産の危険があります。
ですから妊娠する前、つまり妊活中にしっかり抗体を作っておくことが重要になりますよ。

妊娠中に病気にかかると危ない!

お腹をおさえる女性

妊娠前・妊活中に打っておきたい予防接種をご紹介してきましたが、各項目内でもご説明したように、どれも妊娠中に感染すると胎児への悪影響や流産、または早産といった異常を引き起こす可能性が高いと言われています。

予防接種さえ受けておけば防げる病気ばかりですので、赤ちゃんのためにもぜひ、妊活中に忘れずに打っておくようにしてくださいね!

地域によっては無料で接種可能なワクチンも

お医者さんと女性

予防接種を受ける時に気になるのがお値段ですよね。
先ほどご紹介した感染症のワクチン接種はどれも数千円程度と、そこまで高額ではありません。

また自治体によっては、妊娠を希望する女性を対象に、風疹などの予防接種を無料で受けることができるところもあります。
まずはお住まいの地域の役所に問い合わせてみるといいかもしれませんよ。

生ワクチンの予防接種には要注意!

バツをする妊婦さん

予防接種について調べていく中で「生ワクチン」という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

一般的な予防接種のワクチンは「不活化ワクチン」と言って、簡単に言うと菌が全て死んでいる状態です。
ですから接種しても体内で増えることはないんですね。

でも生ワクチンは体内でウィルスが増えて胎児に悪影響が出ることがあるため、妊娠中には接種できません。
妊娠の可能性があるだけでも接種できないこともありますから、接種前1~2ヶ月は避妊しておくことをおすすめします。
同じ理由で、生ワクチン接種後も2ヶ月ほどは妊娠しないように気をつけましょう。

妊娠中でも打てる予防接種ってあるの?

OKを出す女医さん

ここまでは主に妊活中(妊娠前)に受ける予防接種をご紹介してきました。

では、妊娠中でも打てる予防接種はあるのでしょうか?

妊娠中に受けられる予防接種の条件としては、ワクチンによる体への影響よりも有益性が上回ると考えられるという点です。
その代表的なのがインフルエンザの予防接種。
インフルエンザは季節性のものなので妊活中に受けておくというわけにもいきませんし、発症してしまうとかなり大変です。
ワクチン自体の悪影響が低い場合は、こうして接種を受けられるものもあるんですね。

他にも、先ほど触れた「不活化ワクチン」であれば、お医者さんと相談の上妊娠中でも予防接種を受けられる場合があります。

男性も予防接種は済ませておこう!

夫婦

ここまでは女性が予防接種を受ける前提でお話をしてきました。
ですがぜひ男性も女性と同じように、妊活中に予防接種を受けるようにしてください。

というのも男性側がウィルスにかかっている状態でセックスしてしまうと、赤ちゃんに重大な障害が残ってしまう可能性もあるからなんです。
予防接種は女性だけのものと考えずに、妊活を始めるなら男性もワクチン接種をしっかり済ませておいてくださいね。

どの予防接種を打ったらいいのかわからない場合は?

妊活中に予防接種を受けるべきとは言っても、一体どの予防接種を受けたらいいのかわからないという人も多いかもしれません。

でも大丈夫。
病院で抗体検査を受ければ、あなたの抗体の種類や有無、またどの予防接種を受ければいいのかもしっかりわかります。
抗体検査は血液検査が主で、結果が出るまでには1~2週間くらいかかるところが多いようですから、気になったら早めに受けておいてくださいね。

生まれてくる赤ちゃんのために早めの予防接種を受けよう!

妊活中に受けるべき予防接種のお話、いかがだったでしょうか。

今回ご紹介した感染症は、かかるだけでもかなり重い症状が出るものばかり。
さらにお腹の赤ちゃんにまで悪影響が出てしまっては…悲しいですよね。
そうならないためにもぜひ、妊活中の今、早めに予防接種を受けるようにしましょう。

体の準備をしっかり整えて、安全な場所に赤ちゃんを迎えてあげてくださいね。