妊活にはとろろ昆布が効果アリ!オススメのレシピも紹介します!

とろろ昆布は妊活にオススメの食材です!

赤ちゃんと妊婦さん

妊活には栄養バランスが取れた食事が不可欠です。中でも妊活にいいとされている食材を積極的に取り入れることで効果のアップを狙うことができます。
実はとろろ昆布は妊活にとてもよい食材です。高い栄養価が妊活中の女性の高温期において着床を助けてくれるのです。
妊活によい食材を上手に取り入れて妊活にいかしていきましょう。

とろろ昆布に含まれる妊活に与えるメリットとは?

とろろ昆布に含まれている栄養素の中には妊活に効果があるビタミンEやビタミンCが豊富です。食材の栄養価を知ることで、積極的に摂取しようという気持ちも高まります。

①ビタミンEが着床しやすい子宮を作ってくれる

ビタミンEには強い抗酸化作用があり、血行もよくしてくれ、老化を防ぐ効果があります。多くの妊活用サプリにも配合されています。このビタミンEがしっかりと摂取できていると子宮内膜を厚くする効果があります。
子宮内膜を厚くするというのは、卵子にふかふかのベッドを用意しているようなものです。着床しやすい子宮環境を作ることで、妊娠の確率をあげることができます。

②ビタミンCが子宮の老化を防いでくれる

高温期に黄体ホルモンが分泌されますが、この黄体ホルモンは子宮内膜を厚くする女性ホルモンです。ビタミンCはビタミンEの吸収効率を上げてくれるいわば、ビタミンEのサポーターです。
ビタミンCとEを一緒に摂取することで、さらにホルモンバランスが整い卵子や子宮内膜の質をよくしてくれるのです。より効果的に摂取できるポイントとして意識して一緒に摂取するようにしましょう。

③食物繊維が腸内環境を整えてくれる

とろろ昆布には食物繊維が豊富に含まれています。とろろ昆布に含まれているビタミンをはじめせっかく摂取した栄養を体内に十分に吸収するには腸内環境が整っていることが欠かせません。
またとろろ昆布に含まれる食物繊は、美肌や便秘解消などにも効果があります。妊娠中には肌荒れや便秘に悩む女性も多くいますので、積極的に摂取していきたい食材です。

とろろにすることで栄養吸収の効率がアップ!

様々な料理と女性

とろろ昆布ではなく、昆布でも同じような効果が得られるように感じますが、とろろ昆布であることにも意味があります。
とろろ昆布はご存知のように昆布を削ったものです。削ることで細胞がより細かくなって、栄養の吸収効率が昆布そのままよりもグンと高くなるのです。
昆布ではそのまま食べることができませんが、とろろ昆布ならそのまま食べることもできるので調理の手間もかかりません。

ただし過剰摂取には注意が必要です!

バツをする妊婦さん

とろろ昆布に限らず、栄養価が高いからといって過剰摂取は時に逆効果になってしまうことがあります。妊活にいいからと過剰に摂取することは控えましょう。
とろろ昆布の過剰摂取はヨウ素の過剰摂取につながります。妊婦が1日に摂取可能なヨウ素の耐容上限量は2200μgです。ヨウ素は体内に蓄積されると胎児にも影響があり甲状腺機能低下症になる可能性が高まることがあるのです。甲状腺ホルモンは赤ちゃんの脳や骨の発達に影響を与える重要なホルモンです。

妊活にオススメ!とろろ昆布を使ったレシピ3選!

とろろ昆布はそのままでも食べることができますが毎日、摂取するならマンネリ化して飽きてしまいます。オススメレシピでおいしく妊活に役立つとろろ昆布を摂取してください。

①とろろ昆布の味噌汁

美味しい〜トロトロとろろ昆布のお味噌汁♡

とろろ昆布の栄養素に加え、味噌汁のイソフラボンの効果でホルモンバランスの改善にさらに効果が期待できます。
味噌汁は、体を温め、具材によって味や栄養バランスなどを好みにすることができるのでオススメのメニューです。
味噌汁を作ったらお椀にとろろ昆布をいれ味噌汁をそそぐだけで出来上がります。体調や好みによってネギや豆腐など栄養価の高い食材と合わせてみましょう。さらに栄養価を高めることができます。
とろろ昆布の味噌汁のレシピはこちら

②とろろ昆布の冷奴

とろろ昆布の冷奴
豆腐にはイソフラボンが含まれています。イソフラボンの効果でホルモンバランスの改善に効果が期待できるだけでなく、とろろ昆布を合わせることで妊活にも役立ちます。
とろろ昆布のトッピングは冷奴のアレンジとしてオススメです。妊活に欠かせないたんぱく質を摂取できる簡単でおいしいレシピです。
めんつゆをかけるだけで完成です。その他、ポン酢で食べればさっぱりと食べることもできます。
とろろ昆布の冷奴のレシピはこちら

③とろろ昆布のパスタ

和風パスタ
とろろ昆布をもっとおいしくアレンジするレシピとしてパスタへのトッピングもオススメです。とろろ昆布には和風のレシピがあいますが、パスタに使用してもおいしく食べることができます。
具材に玉葱などを使用することで血行促進効果や抗酸化作用などが期待できます。その他、葉酸が含まれているほうれん草も具材に加えるとおいしいだけでなく、妊活の効果もアップします。
とろろ昆布のパスタのレシピはこちら

とろろ昆布もいいけど妊活には葉酸サプリもオススメ!

葉酸サプリ

妊活に欠かせない栄養素として葉酸は外せません。とろろ昆布は妊活によい食材ですが、いくら栄養価が高くてもそれだけでは必要な栄養素をまかないきれません。
葉酸は母体でけではなく胎児の成長にも必要で妊娠初期から産後まで摂取が推奨されています。葉酸は食事だけでは必要量を摂ることが難しいため葉酸サプリで摂取すると確実です。
葉酸サプリには、ビタミン、カルシウム、鉄分など必要栄養素もまんべんなく配合されているのでうまく活用しましょう。

とろろ昆布で妊娠しやすい身体を作りましょう!

古くから日本人が食べてきたとろろ昆布には、妊活に有効な成分がたっぷりと含まれています。食生活の改善は妊活には欠かせません。毎日の食事に気を配りおいしく、身体によい食事をとりましょう。食事がおいしいと気持ちもリラックスできます。
妊活に必要な葉酸とあわせて意識的に摂取することで、体質改善やホルモンバランスを整え妊娠しやすい身体を作りましょう。