妊活サプリの効果を解説!副作用の心配は?【おすすめ商品あり】

妊活サプリ選びは効果や安全性に注目すべし!

妊活に取り組み始めると、大切になるのが妊活サプリ選びです。もちろんどの妊活サプリでも良いというわけではなく、高い効果と安全性が求められるのは言うまでもありません。では、具体的にどんなポイントが重要なのでしょうか?

今回は妊活サプリ選びで重要な効果や副作用などにについて、詳しく解説していきます。

妊活サプリに期待できる主な効果とは?

妊婦さん

まずは妊活サプリに期待できる効果について見ていきましょう。一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

①妊活時から必要な葉酸が摂取できる

妊活サプリの大きな利点は、十分な葉酸が摂取できるということです。葉酸の造血作用によって母体の貧血を予防できるとともに、胎児の正常な発育を促すこともできます。

葉酸の摂取は妊娠中はもちろん、妊活時からも推奨されています。妊活サプリのほとんどには、必要な葉酸400μgが配合されていますから、食事で足りない分を無理なく補うことができます。

②子宮の環境を整えてくれる

妊活サプリに含まれるのは、葉酸だけではありません。ビタミンやミネラル、大豆イソフラボンなどが含まれているものもあり、子宮の環境を整えて妊娠しやすい状態にしてくれます。

子宮の状態を整えるには、バランスの良い栄養摂取が欠かせません。葉酸以外にもビタミン・ミネラルなどの摂取が必須になりますし、大豆イソフラボンはホルモンバランスを整える効果があり、着床環境を整えてくれます。

③身体の冷えを改善してくれる

身体の冷えに悩む女性は多くいますが、これには鉄分不足が関係しています。

鉄分は血液中のヘモグロビンの材料となっていますが、このヘモグロビンは体内で酸素を運ぶ役割が。鉄分が不足すると当然酸素もうまく行き渡らなくなってしまい、体が熱を作れず体温が下がってしまうのです。

妊活サプリの多くは鉄分が配合されていますから、冷えを解消して子宮や卵巣の働きをアップしやすくなります。

妊活サプリに副作用の心配はないの?

考える妊婦さん

妊活サプリは薬ではなく、あくまで栄養補助食品です。そのため大きな副作用の心配はありませんが、場合によっては以下のような危険の可能性もあります。

①用法用量を守らないと体に悪影響な場合があります

前述のように、妊活サプリは薬ではなく「栄養補助食品」という位置づけですが、きちんとした用法・用量があります。そうしたルールを守らなかった場合、体に悪影響が出る恐れもあります。

例えば葉酸を過剰に摂取すると、吐き気や食欲不振、不眠などの症状や、蕁麻疹、発熱などを起こすことも。お腹の赤ちゃんにも小児喘息を起こしやすくなるという説もありますから、くれぐれも用法や用量は守って飲みましょう。

②特定の疾患を治療中の場合は治療に支障をきたす恐れも

病気治療のために薬を常用しているという人は、妊活サプリの使用が悪影響を及ぼす場合もあります。

例えば、抗てんかん薬のフェニトインやカルバマゼピンといった薬と妊活サプリを併用すると、葉酸がそれらの効果に影響を与える可能性も。また、血中の葉酸濃度が下がってしまう危険もあります。

同様に、抗がん剤や抗マラリア薬などについても妊活サプリとの飲み合わせは要注意となっていますから、使用の際は必ず産婦人科で相談しましょう。

妊活サプリは効果や副作用にこだわろう!選ぶ際のポイントは?

妊婦さん

妊活サプリを選ぶ際は、効果と副作用の危険の両方に気を配る必要があります。ここでは、妊活サプリの選び方の具体的なポイントについて見てみましょう。

①複数のビタミンやミネラルが十分に配合されている

前述のように、妊活ではいろいろな栄養素をバランスよく摂ることが重要になります。限られた栄養ばかり多く摂取しても、あまり効果はありません。

妊活サプリの中には葉酸だけしか含まれなかったり、複数の栄養があってもせいぜい2~3種類ほどというものもあります。こうしたものは、妊娠の確率を上げる効果はそれほど期待できないでしょう。

やはりビタミン・ミネラルやイソフラボンなど、なるべく多くの栄養素が入ったものを選ぶのがベストです。

②添加物や製造過程に配慮がなされている

妊活サプリの中には、着色料や保存料など添加物が使われているものも少なくありません。もちろんこうした添加物は基本的に安全なものばかりですが、胎児に対する安全性がはっきり確認されているわけではないのです。

そうした点を考えると、やはり無添加にこだわった妊活サプリを選びたいところでしょう。また、GMP認定工場での生産や放射能検査の実施などが行われていると、さらに安心して利用することができます。

妊活に効果が期待できて副作用の心配が少ないサプリメント3選!

これまで見てきたようなポイントを踏まえると、妊活効果が高く副作用の心配が少ないサプリは次の3つになります。それぞれについてご紹介していきましょう。

①ベルタ葉酸サプリ

「ベルタ葉酸サプリ」は、葉酸400μgの他にビタミン・ミネラル27種類、野菜21種類、アミノ酸20種類など豊富な栄養を配合しています。開発したのは現役のママたちで、徹底して妊婦さん目線に立ったサプリとなっています。

もちろん、妊活サプリとしての効果も期待大。GMP認定工場での生産や放射能検査等も実施済みで、無添加にもこだわった安全性の高いサプリです。

②makana(マカナ)

「makana(マカナ)」もまた、さまざまな栄養素をふんだんに配合した妊活サプリとなっています。

葉酸400μgはもちろん、スピルリナや金時しょうが、GABAなどの他ビタミン・ミネラルも豊富。さらに無添加にもこだわり、GMP認定工場で生産されているという安全性の高さとなっています。

もちろん、副作用の心配もほとんどありません。また、いつでも解約可能な定期便も魅力です。

③プレミン

効果や安全性に配慮がなされた妊活サプリを使用しましょう!

以上のように、妊活サプリは高い効果と共に、安全性にもこだわったものを選ぶ必要があります。

葉酸だけでなく、豊富な栄養成分が含まれていることは大事なポイント。また副作用の心配を考え、添加物の有無や品質管理にも注意しなくてはいけません。

赤ちゃんの健康のためにも、妊活サプリ選びはこうしたポイントを踏まえるよう注意しましょう。

関連記事

葉酸サプリに副作用はある?オススメのサプリメントも紹介!