ストレッチで妊娠しやすい身体づくりを!妊活にオススメの方法も紹介

ストレッチは妊娠しやすい身体をつくってくれます

食べ物や生活習慣など、妊活にはさまざまな方法がありますが、ストレッチなどの軽めの運動習慣も、女性の体に良い影響を与えます。妊娠しやすくなるだけでなく、出産にむけての体力養成にもなりますから、ストレッチで健康な体を作りましょう。

今回は妊活中のストレッチによるメリットを、解説していきます。あわせておすすめストレッチ3種もご紹介しますので、参考にしてみてください。

ストレッチが妊活にもたらすいい効果

ストレッチとは身体の筋肉や腱を伸ばすことで柔軟性を高め、関節が可動する領域を広げながら呼吸を整えること。体力の養成だけでなく、メンタルを安定させる効果もあるのですが、妊活中の女性の場合には次のようなメリットがあります。

①身体を温めてくれる

激しい動きではないものの、ストレッチをすると体がポカポカするのを感じる人は多いはず。これは血行が良くなっている証拠なのですが、体の冷えは妊活の大敵。ストレッチは血流を促進することで体を温め、妊娠しやすい体作りを助けます。

②子宮・卵巣機能の向上

子宮や卵巣などの女性の生殖器官は多くの血液を必要とする、とても冷えに弱い臓器です。ストレッチで股関節周りをほぐすと骨盤周りの血行が促進されて、子宮や卵巣の機能が向上して受精卵が着床しやすくなります。

③ホルモンバランスの正常化

生殖機能に悪影響を与えるだけでなく、冷えは全身の血行を悪くして自律神経系の働きを悪くし、ホルモンの分泌量を低下させます。こういったホルモンバランスの乱れも、不妊の要因。ストレッチで体内の血行が改善されて自立神経が整うと、ホルモンバランスの正常化にも繋がります。

④生理痛の軽減

不妊に悩む女性の中には生理不順や生理痛の強い痛みに困っているケースも多いのですが、ストレッチはこれも改善する効果が期待できます。特にストレッチで骨盤まわりをほぐすと骨盤内のうっ血が解消され、痛みが緩和されるのです。

ストレッチを行う際に意識したいポイント

妊婦さん

運動は不妊の改善に効果的とはいえ、やり過ぎもまた体を壊すモト。妊活目的のストレッチはあくまでも体質改善を目的として、次の注意点を守って取り組みましょう。

①時間をかけてゆっくり行う

ストレッチでいきなり筋肉を伸ばすと、逆に筋肉が収縮してしまって良い効果が得られません。ストレッチは一つのポーズで20~30秒ほどかけて、ゆっくり行いましょう。深呼吸をしながら行うと身体がじんわりと暖まり、効果満点です。

②無理のない範囲で行う

私たちの体の筋肉は無理に引き伸ばされると縮もうとする働きがあるので、痛みを伴う無理は禁物。逆に筋肉が収縮し、ダメージを負ってしまいます。伸びている部分を意識しながら、程よく筋肉をストレッチしましょう。

ストレッチのタイミングはお風呂上りがベスト!

妊婦さん

ストレッチをするベストタイミングは、お風呂上りです。湯船で温まると筋肉が緩み、伸びやすくなって安全ですし、血行促進もスピーディ。就寝前のストレッチは筋肉のほぐすだけでなくメンタルを穏やかに整え、程よい負荷がかかることで睡眠効果を高め、ダメージ修復を促す作用も期待できます。

妊活中の女性必見!毎日行いたいストレッチ法3選

筋トレする妊婦さん

妊活中のストレッチで重視したいのは、生殖器官が集中してる下半身周り。次の3つのストレッチを習慣にして、妊娠しやすい体の環境を作りましょう。

①股関節のストレッチ

股関節まわりの筋肉をストレッチでほぐすと姿勢が良くなり、下半身周りの血行が促進されます。次のステップで、筋肉を程よく伸ばしていきましょう。

  1. 床に胡坐をかいて座り、両足の裏を合わせて両手で握る。
  2. 右に体を傾けて右股関節に体重の乗せて約20秒キープし、ゆっくりと元に戻ったら次は体を左に傾けて、左関節に体重を乗せて約20秒キープして戻る。これを5回繰り返す。
  3. 両足を握ったまま息を吐いて上半身をゆっくりと前に倒し、約10秒キープしてから、ゆっくり起き上がる。これを5回繰り返す。

②太もものストレッチ

太ももは股関節、そして骨盤に繋がる重要な部位。ストレッチでほぐすと股関節の開きが良くなり、骨盤内の血行改善につながります。

  1. 床に正座をして座ったら無理のない範囲で膝を開き、右足を前に曲げて左足を横に伸ばす。
  2. 左足のつま先が天井に向くように注意をしながら、両手を床につけてできるところまで左足のつま先に向けて進めて体を傾け、約20秒キープする。
  3. ゆっくりと元に戻ったら、今度はゆっくりと両手を体の正面から前の方につけていき、約20秒キープしてから元に戻る。
  4. 今度は左足をまげて右足を伸ばし、右足も同様に伸ばす。
  5. 最後に両脚をできる範囲で開き、両手を前に進めて体を前の方に倒して約20秒キープしてから、ゆっくり元の姿勢に戻る。

③骨盤のストレッチ

骨盤をほぐすストレッチは子宮や卵巣機能に新鮮な血液を送り込むことで、機能を活性化する効果が期待できます。始めのうちは上手くできなくても、続けていくうちに筋肉が伸びて伸ばしやすくなっていきますから、次のステップを習慣にしましょう。

  1. 仰向けに寝て両膝を立て、肩幅くらいに足を開く。
  2. 足の裏を床につけたまま 、踵を徐々にお尻の方に近付ける。
  3. 両腕は体に沿って床に伸ばし、肘をつけて支えながら踵を踏ん張り、お尻をあげて約20秒キープしてからゆっくりと降ろす。これを5回繰り返す。

ストレッチは妊活に高い効果を発揮してくれます

運動好きな人もいれば、苦手な人もいますが、えてして忙しい現代女性は運動不足になりがちです。だからこそ、妊活に取り組む女性が増えているのかもしれません。ストレッチは運動が苦手な人でも取り組みやすく、不妊を改善する効果も高いので、ぜひ取り組んでみてください。