妊活中は寝るときに靴下を履いた方がいいの?注意点を解説

寝るときに靴下を履く場合は注意点を抑えておきましょう!

眠る女性

妊活に励んでいる人の中には、冷え対策に靴下を履いて寝ているという人も多いでしょう。確かに就寝時の靴下は体を温めるメリットがあるのですが、注意しないと妊活に逆効果になることも。

では、実際にどんな点に気をつければよいのでしょうか。今回は、妊活中寝るときに靴下を履く際の注意点などについて、詳しく解説していきます。

妊活中は寝るときに靴下を履く女性も多いようです

まずは、妊活中寝るときに靴下を履いていたという女性の声を聴いてみましょう。具体的にどういった工夫をしていたのでしょうか?

現在妊活中なんですが、冷やさないようにと靴下を履いて寝ています。

出典:寝るとき靴下履いてますかー?裸足ですかー?現在妊活… [ママリ] ママの一歩を支えるQ&Aアプリ

冷えてくると、指先が冷え過ぎてしまい眠れないので 締め付けのないモコモコ靴下を履いて寝ています(*^^*) 私はもうモコモコ靴下がないと眠れない体質になってしまいました(^^;;

出典:寝るとき靴下履いてますかー?裸足ですかー?現在妊活… [ママリ] ママの一歩を支えるQ&Aアプリ

靴下履いてます!暑がりで、たしかに靴下を、はくと逆効果と聞いたことありますが、私は冷えとり用の靴下を履いているので夜はその靴下を、はくと半身浴していると同じ効果があると本でしりました!

出典:寝るとき靴下履いてますかー?裸足ですかー?現在妊活… [ママリ] ママの一歩を支えるQ&Aアプリ

靴下は100均のモコモコと、レッグウォーマーも使ってました!

出典:妊活中の皆さん、寝るときの腹巻きと靴下はどのよう… [ママリ] ママの一歩を支えるQ&Aアプリ

以上、妊活中寝る時に靴下を履いていたという女性の声でした。冷え性の対策として、寝る時以外にも普段から靴下を常用していたという人が多いようです。靴下に加え、レッグウォーマーや腹巻も使っていたという人も少なくありませんでした。

妊活で寝るときに靴下を履くメリットは?

妊婦さん

それでは、妊活中寝る時に靴下を履くメリットはどこにあるのでしょうか。主な利点を2つほど挙げてみましょう。

①足先が冷えるの防ぐ

冷え性は多くの女性が悩む症状ですが、この「冷え」が不妊の一因になることもあります。

冷えの症状は、血行の良しあしと大きく関係しています。血行が悪いことで末端に熱が行き渡らず、手足が冷えてしまうのですが、この血行不良によって卵巣や子宮の活動も鈍ってしまうのです。

ですから就寝中靴下を履くことで体の冷えを防ぎ、妊娠力を上げられるというメリットがあります。

②就寝中のむくみを防ぐ

冷えと同時に多くの女性が悩まされるのが「むくみ」でしょう。このむくみもまた、血行不良が関係しています。

血液を循環させるのは筋肉のポンプ機能ですが、足に疲労がたまるなどするとこの機能が弱まり、血液の流れが悪くなります。つまり血液の循環が滞ることで、足がむくんでしまうわけです。

血行不良は上記のように冷え性につながりますから、むくみ解消は妊娠力アップに役立ちます。むくみ解消には、「着圧ソックス」を履いて寝るのも効果的です。

ただし注意点を抑えないと不妊につながってしまう場合も

RISK

寝るときの靴下は上記のような妊娠力アップにつながる効果もありますが、気をつけないと逆効果になることも。今度は就寝中の靴下のデメリットについて見ていきましょう。

①汗により体温が下がってしまう

寝る時の靴下で気をつけないといけないのが、足裏に汗をかくということです。

就寝中ふとんや靴下で温められた足は、蒸れて気付かないうちに汗をかいていることも。すると汗によって足の熱が奪われ、返って足先が冷えてしまうのです。

せっかく冷え対策として靴下を履いていても、これでは妊活に逆効果となってしまうので気をつけましょう。

②足の血行不良につながる

もう一つのデメリットが、「足の血行不良」です。靴下を履いて寝た場合、靴下のゴムが足首を締め付け、血行不良を招く恐れがあります。

その結果むくみをもたらしたり、返って冷えを悪化させる場合も。血行が悪くなることにより、もちろん妊活にも悪影響を与えてしまいます。

足の血行は体全体の血行にとって重要ですから、特に気をつけないといけません。

就寝中に履く靴下の選び方は?

OKを出す妊婦さん

上で見たように、就寝時の靴下は気をつけないと妊活の妨げになってしまいます。では、どのような靴下を選べばよいのでしょうか。

ここでは靴下選びのポイントについて見ていきましょう。

①吸湿性と通気性に優れたものがオススメ!

前述のように寝ているときに足に汗をかくと、返って足先を冷えさせる原因になります。

こうしたことを防ぐには、吸湿性や通気性の良い靴下を選ぶのがポイント。このような素材であれば足が蒸れたり汗が溜まってしまうこともなく、熱も適度に逃げてくれます。

オススメの靴下の素材としては、シルクが最適でしょう。履き心地もよいため、快適な気分で眠れます。

②少しゆるい靴下を選びましょう

これも前述のように、締め付けの強い靴下は足の血行を阻害する原因になります。ですから、多少ゆるめの靴下を選ぶのもポイントの一つです。

ゴム口がゆったりした靴下は、最近では多く販売されています。寝る時用の靴下として購入しておくのもよいでしょう。またルーズソックスなども、就寝時の冷え対策としてはぴったりです。

足先の冷えがひどい場合は重ね履きなども試してみましょう

考え込む女性

冷えの症状がひどい人になると、靴下一枚では間に合わないということもあります。そうした場合は、靴下の重ね履きを試して見るのもよいでしょう。ただしこの時は、重ね履きの順番や素材に注意する必要があります。

一枚目に履く靴下は、吸湿性や通気性の良いシルクなどのものを。そして二枚目は、綿もしくはウールのものを履くとよいでしょう。

同じ素材を重ねて履くと温かい空気が逃げやすいため、あまりよくありません。

寝るときに靴下を履くならゆるめで吸湿性と通気性に優れたものを!

このように妊活中寝るときに靴下を履くなら、なるべく足の血行を阻害しないものがベスト。シルクなど吸湿性・通気性にすぐれたものや、足首を締め付けないゆるめのものを選びましょう。

妊活では体をしっかりあたためることが欠かせませんから、こうした工夫は決しておろそかにできません。妊娠力アップのためにも、靴下選びは慎重に行ってください。