妊活中のけんかは不妊の原因に?夫婦喧嘩を減らすには…?

妊活中のけんかは仕方のないことです

考え込む女性

妊活をしている人の中には、まだまだ新婚だという人も少なくないかと思います。
旦那さんのことは心から愛しているはずなのに、妊活のストレスからついけんかしてしまう…
そんな自分に自己嫌悪してしまっている女性もいるかもしれませんね。

でも、妊活中に夫婦喧嘩をしてしまうのはあなただけではありません。
ですからぜひ、あまり気に病まないでくださいね。

けれどできれば夫婦でけんかをするのは避けたいものです。
今回は妊活中の夫婦喧嘩について、対処法を考えていくことにしましょう。

妊活が原因で夫婦喧嘩が増える場合も少なくありません

妊活中は夫婦ともにストレスを感じてしまいがちです。
いつもなら仲が良い夫婦でも、妊活が原因でけんかをしてしまうケースはかなり多い様子。
ここではその体験談をご紹介します。

結婚当初子どもを熱望していた夫は、今はなにも言わなくなりました。平日のタイミングは嫌がられます。 夫は仕事が午前様になることも多く、タイミングをとれない月も多くあります。平日はいつもイライラ、帰ってきて食事をして、お風呂も入らずベッドへ。

出典:komachi.yomiuri.co.jp

主人に先日、”早く妊娠しないと◯◯ちゃん(近くに住んでる私の友人)に負けちゃうよ”と言われました。 すごくショックで泣くことしか出来ませんでした…

出典:komachi.yomiuri.co.jp

妊活をはじめましたが出来ず不妊病院に行った所卵管のつまり筋腫などがありました。 これが原因とは言われませんでしたが私自身は責任を感じています。これをキッカケに子供について夫婦で意見が異なり今までなかった喧嘩が増えています。

出典:komachi.yomiuri.co.jp

どの体験談を見ても、夫婦どちらの気持ちもわかる…という感じがしますね…
けんかをしたからと言ってお互いへの愛情がないというわけではなく、むしろ互いに想い合っているからこそけんかに発展してしまうのかもしれません。
でも妊娠するための過程がけんかになってしまうというのは、ちょっと悲しい気がします。

何とかしてけんかを減らすことができるといいですよね。

妊活中にけんかが起こってしまう原因とは?

ビールで酔い潰れる女性

妊活中に夫婦で喧嘩してしまう原因は、ご家庭によって様々かと思います。
ただある程度の傾向はあるように思いますので、ここでは妊活中のけんかの原因を一例として挙げてみますね。

①夫婦間での温度差

妊活は赤ちゃんを授かるための努力をしていくことですよね。
でも、目的がはっきりしていても、そこに至る情熱までもが夫婦で全く同じというわけにはいきません。
女性側が赤ちゃんを熱望しているのに男性が協力してくれないというパターン、反対に男性が妊娠を求めるのに女性が応じないケースなど色々ありますが、夫婦間の温度差がある場合というのはかなりあると言われています。

妊活に対するこうした温度差は、けんかの原因としてかなり多いと考えられるんですよ。

②妊娠できないことによる焦り

妊活を始めたころは夫婦ともに前向きな気持ちの人が多いと思います。
ですが何ヶ月も結果が出ない状態が続くと、モチベーションにも影響が出てきますよね。
また周囲で妊娠できた人が出始めることで、どうしても焦りが生まれてしまうこともあるでしょう。

こうした精神的なストレスからパートナーに当たってしまうことで、けんかに発展するケースもかなり多いようです。
お互い一生懸命だからこそ、けんかしてしまうというわけですね。

妊活中のけんかは不妊につながることも…

口を抑える女性

妊活は、誰もが一生懸命やっていること。
だからこそけんかになってしまうこともあるのですが…
でも妊活中にけんかをしてしまうと、むしろ不妊につながってしまうこともあるんです。

①ストレスが溜まってしまう

妊活が原因のけんかは、どれだけ言い合っても問題が解決することはありませんよね。
それどころかけんかをすればするほど、お互いのわだかまりが大きくなる場合がほとんどだと思います。

こうした状態が続くと、どうしてもストレスが溜まってしまいます。
ストレスは男女ともにホルモンバランスを崩す大きな原因。
ホルモンバランスが崩れると生殖機能にも悪影響が出てきますから、妊活どころか不妊につながってしまうことも考えられるんですよ。

②セックスレスの原因になる

妊活は夫婦で協力して行う必要があります。
中でも一番協力が必要なのがセックス。
排卵日にタイミングよくセックスを行うことも、妊活としては非常に大切なことですよね。

ですがセックスは機械的な行為ではありません。
けんかをした後に「排卵日だからやりましょう」というのは…なかなか難しいですよね。

けんかをすることでセックスが億劫になってしまうと、妊活の成功はますます遠ざかってしまうことになります。

妊活は男性側もプレッシャーを感じることがあるようです

妊活は女性だけが負担になると考えがちですが、実は男性側にも負担になっているケースが多いんです。

女性が妊活に対してプレッシャーを感じるのは当然ですが、男性としても排卵日にセックスをしなくてはならなかったり、女性に対して色々な配慮をしなくてはなりません。

妊活をしていく中ではどうしても女性の自分ばかりが苦労している…と考えがちですが…
男性も同じように負荷がかかっていることをちょっとだけ考えてあげてみてくださいね。

妊活中はお互いに不満を溜め込まないことが大切です

夫婦

夫婦が協力しなければ妊活は成功しません。

ですからどうか、お互いに不満を溜め込まないでください。
互いの不満をけんかという形でぶつけるのではなく、腰を据えて冷静に話し合うことでも、十分に互いの気持ちを伝えることができますよね。

けんかをしてしまうと色々な面でマイナスになってしまいます。
それよりは、ゆったりした気持ちで意見を言うことのほうが妊活の成功につながるんですよ。

妊活中のけんかが原因で離婚につながってしまうケースも

タバコを吸いながら悩む女性

妊活中のけんかは不妊にもつながるというお話をしましたが、それだけでは済まないケースもあります。

実は夫婦の離婚事由の中で、妊活中のけんかが原因になっているケースはかなり多いと言われています。
確かに妊活は夫婦生活の中ではかなり大きなものですから、ここにすれちがいが生じると離婚につながるのは理解できますが…

でも、赤ちゃんを授かるための妊活で離婚してしまっては元も子もないと思いませんか?
それよりは、まず一度立ち止まって考えることが必要かと思います。
妊活がお互いにとってどうしてもストレスであるなら、妊活を続ける必要性を含めてゆっくり話し合うことが大事かもしれませんよ。

妊活は夫婦が互いを理解しあうことが重要です

妊活中のけんかについて、いかがだったでしょうか。

ここを読んでいる人は女性が多いかもしれませんが、確かに妊活は女性にかなりの負担がかかるものではあります。
でも男性側も女性と同じように悩み、色々な配慮をしながら妊活に向き合っているということを忘れないようにしてください。
男性側も、思うように妊娠することができない女性のストレスを考慮して、ぜひ女性に過度な負担をかけないようにしてあげてくださいね。

けんかに頼るのではなく、ぜひ夫婦ともに思いやりの気持ちを持って、妊活に向き合っていきましょう!