旦那さんが妊活に非協力な原因と対策10選

妊活に非協力的な旦那さんは多い?

結婚すれば愛している人の子どもが欲しい、女性ならほとんどの人がそう望みますよね。
でも、妊活を行いたいと願う奥さんに対し妊活には非協力的な旦那さんがいるのも事実です。

あまり周りに話す内容ではないため、自分自身が悩んでいても他の人はどうなのか分からないですよね。
そこで、本当に妊活に非協力的な旦那さんは多いのかその原因も含め検証します。

旦那さんが妊活に非協力的で悩んでいる女性は多い

頭痛・めまい(女性)

夫婦の問題は目に見えないため自分の家庭だけが…と思いがちですが、意外にも妊活に非協力的な旦那さんは多いようですよ。
ネットの口コミを参考にしてみましょう。

旦那は子供が欲しいと言うわりに中々協力的でなく、相談しても「悩ましてごめんね。俺が悪いんだ」と言うだけで改善もなく。

出典:私だけが焦りすぎ?旦那が子作りに非協力的で悩んでいます(27歳 女性)|妊娠・出産の相談広場

私も結婚してすぐにほしくて、旦那にせまっていましたが、一年以上かかりました。

出典:私だけが焦りすぎ?旦那が子作りに非協力的で悩んでいます(27歳 女性)|妊娠・出産の相談広場

ウチの旦那も最初は、 「1・2年は2人がいい」って言ってました

出典:私だけが焦りすぎ?旦那が子作りに非協力的で悩んでいます(27歳 女性)|妊娠・出産の相談広場

子どもが欲しいと焦る女性に比べ、男性側は妊活に非協力的な人が多いのがネットの書き込みでもわかりますね。
子どもができることでの何らかのリスクを、旦那さん側は感じるのかもしれませんね。

妊活に旦那さんが非協力なのはなぜ?

考え込む女性

旦那さんはなぜ妊活に非協力的になってしまうのか、気になりますよね。
ご自身の旦那さんに直接聞くわけではないので真相が明確ではありませんが、あくまで可能性として考えられること見てみましょう。

①本当は子供が欲しくない

妊活に非協力的な旦那さんの中には、もしかすると本当は子供が欲しくないからという理由を持っている人がいるかもしれません。

子どもについてあまり積極的に話を進めないなど、元々子どもが好きではないと言う人もゼロではありません。

また、現在仕事など手がいっぱいで子どもを育てる余裕が持てないから子どもが欲しくないという旦那さんも妊活には非協力的になってしまうでしょう。

②ED

妊活に協力的ではない理由の一つに、旦那さんが実はEDだということも考えられます。

EDであるということは夫婦であってもなかなか打ち開けられない内容ですし、それを悟られないために妊活には非協力的なのかもしれません。

③妻だけED

あくまでも妊活に非協力的な場合の可能性の一つですが、奥さんに対してだけEDということも稀にあります。

EDになる原因は様々なので、妊活に対してプレッシャーを感じていることも考えられます。

さらには、とてもデリケートな問題であるためEDを隠すために非協力的になっている旦那さんもいるのではないでしょうか。

④射精障害

ED同様に旦那さん自身が射精障害を抱えているから、妊活には非協力的であるというケースもあります。

やはり性交渉がうまくいかないということは、旦那さんからすればかなりストレスに感じるはずです。
その結果、妊活にも積極的には取り組まなくなってしまったのかもしれません。

⑤疲れていて気分がのらない

妊活に非協力的な旦那さんの中には、本当は取り組みたくても疲れが優っているという人もいます。

身体が疲れている時に気分が乗らないのは、何となく想像ができますよね。
一日中働いている旦那さんにとっては、身体を休めることが最優先されるはずです。

妊活に非協力的な旦那さん対策10選!

頑張るポーズをする妊婦さん

何らかの理由があるとはいえ、赤ちゃんが欲しい人にとっては旦那さんが非協力的だと困りますよね。
そこで、非協力的な旦那さんを妊活に協力的に変えさせる対策をご紹介します。

①精力剤を飲む

そもそも、EDや射精障害などの問題を抱えているため妊活に非協力な旦那さんの場合には、一時的にでも精力剤を飲んでみるのがいいでしょう。
疲れていて気分が乗らないという旦那さんにも、精力剤は効果が期待できます。

②男らしさやセックスを褒めてあげる

旦那さんを褒めてあげることも、妊活に協力的にさせるには大切なことです。
褒められることが嫌いな男性はいないでしょうし、気分が良くなることで考え方を変えてくれる可能性があります。

男らしさの部分や、セックス自体を褒めてあげると旦那さんも自信を持って妊活に取り組んでくれるでしょう。

③良い思い出を二人で語る

妊活を全面に出してしまうと、躊躇する旦那さんもいるのは事実です。
そこで気分を和ませるためにも、昔の良い思い出を二人で語ってみてはいかがでしょうか。

共通の思い出は懐かしさとともに幸せな気持ちが蘇ってきて、妊活に非協力的な旦那さんも協力してくれるかもしれませんよ。

④セックス前に軽いスキンシップを交わす

妊活には性行為を行うことは重要なことですが、旦那さんを前向きにさせるにはスキンシップも大切なことです。

セックス前に軽いスキンシップを交わすことで、妊活に非協力的な旦那さんも気分が乗りやすくなるため試してみる価値はあります。

⑤排卵日共有アプリを使う

最近ではアプリが充実しているので、それを使わない手はありません。
夫婦で共通のアプリを使っていると連帯感も生まれますし、自分だけでなく奥さんも頑張っていることを旦那さんにアピールすることもできます。

排卵日共有アプリを使うことで、妊活は夫婦共同作業であることを間接的に伝えるのも対策の一つです。

⑥セックスの場所を変えてみる

同じことの繰り返しは、人をマンネリ化させてしまいます。
夫婦なら同じ場所でセックスするのがほとんどだと思いますが、たまには違う場所で雰囲気を変えてみるのがいいかもしれません。

家だけではなくホテルなどで外泊してみると、恋人時代のように新鮮な気持ちになれるのでオススメです。

⑦セックスの時間を変えてみる

場所のことと少し似ていますが、同じ時間の繰り返しも同じくマンネリ化を招くきっかけになります。

たまには時間を変えて休みの日の朝とか、普段と違う時間にすると非協力的な旦那さんも頑張ってくれるかもしれません。

⑧夫の好きなAVを一緒に見てみる

非協力的な旦那さんを変えるには、旦那さんの趣味に合わせるのも一つの手段です。

旦那さんの好きなAVがあれば一緒に見ることで、気分が高揚しその気にさせることができるかもしれません。
非日常的なことが、気持ちを変えるきっかけになることが期待できます。

⑨「排卵日だから」でなく「あなたとしたいから」

誰でもそうだと思いますが、行為そのものが機械的になってしまうと気持ちが入らないものです。

妊活中なら排卵日にするのは事実かもしれませんが、それでは旦那さんの気持ちは冷めてしまいます。

「排卵日だから」ではなく「あなたとしたいから」と伝えると旦那さんもやる気を出してくれるはずです。

⑩普段しない体位や道具を使ってみる

妊活に非協力的な旦那さんを協力的にさせるためには、女性側も努力する必要があります。
そのためには普段から一脱するように、セックスを変えてみるのがいいかもしれません。

マンネリを脱するためにも、普段しな体位や道具を使ってみるのもオススメです。

旦那さんの性格を考えて行動するのが基本

OKを出す女医さん

妊活に非協力的になる理由は人それぞれですし、一人一人性格が違うため全ての対策法がご自身の旦那さんに当てはまるとは限りません。

どうすれば旦那さんが妊活に取り組んでくれるのか考えるためには、奥さん自身が旦那さんの性格を考えて行動することが基本です。

無理矢理協力させようとするのではなく、旦那さんの性格上どの方法が一番ベストなのかを見極めることが大切です。

離婚を切り出してから協力的になった旦那さんも

妊娠には年齢制限もあり、赤ちゃんが欲しい人は焦りを隠せず離婚を切り出してしまった女性もいます。

ところが離婚を切り出したことがきっかけで、妊活に協力を示すようになった旦那さんもいるようです。

もちろん、性格にもよりますが妊活に対して離婚を考えるほど真剣であることが伝われば旦那さんが協力してくれる可能性もありますね。

奥さんがオアシスだと感じさせることが大事!

いかがでしたか。
旦那さんが妊活に非協力的な原因と対策法をご紹介しました。

よっぽどな理由がない限り、自分の子どもが欲しくないと考える旦那さんは少ないと思います。
妊活に非協力的になるには、些細なことも含め何か理由があるはずです。

妊活を焦るあまりプレッシャーをかけすぎては逆効果になりますので、旦那さんにとって奥さんがオアシスだと感じさせること、唯一無二の存在であることを認識させるのが何より大切なのではないでしょうか。