妊活時にはみかんがオススメ!?その効果とは?

みかんは妊活に効果的な食べ物なんです!

みかん

みかんと言えば冬の代名詞ですが、今では一年中親しまれています。甘くて美味しいみかんは、美容や健康に良いとして大人気。しかもそれだけでなく、妊活にもさまざまな効果があるのです。

一体みかんには、どういった成分や働きがあるのでしょうか。今回はみかんに含まれる栄養やその妊活効果などについて、詳しく解説していきます。

みかんの基本的な栄養成分とカロリー

みかんと言えばビタミンCが有名ですが、温州みかんは2個で1日分の必要量が摂れるほどビタミンCが豊富です。

またクエン酸も豊富で、みかん1個で1日の必要量を摂れるほど。さらに整腸作用のあるペクチンや、癌予防にも効くとされるβクリプトキサンチンなども含まれます。

一方温州みかん1個のカロリーは、約46kcalほどとなっています。

みかんには妊活時に摂取したい栄養素が含まれています!

OKする妊婦さん

みかんの栄養は美容や風邪対策などだけでなく、妊活にも役立ちます。その理由について、以下で見ていきましょう。

①抗酸化作用が卵子の老化を抑えてくれる

前述のように、みかんにはビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCの特徴はいろいろありますが、抗酸化作用もその一つです。

不妊の原因には卵子の劣化も関係していますが、これを引き起こすのが活性酸素。一方ビタミンCの抗酸化作用は活性酸素を除去するため、卵子の劣化を防ぎ妊娠の確率を上げてくれます。

また、さらに強力な抗酸化作用を持つビタミンEもある程度含まれますから、ますます卵子の質を維持する上で有効です。

②ビタミンAが子宮内膜を厚くしてくれる

みかんにはビタミンAも多く含まれていますが、これが子宮内膜の正常化などに役立ちます。

ビタミンAは細胞の正常な分化を助ける働きがあるのですが、不足すると子宮内膜の分化に異常が起こり、子宮内膜症を起こす原因にもなります。またビタミンAは子宮内膜の材料にもなるため、子宮内膜を厚くする上でも欠かせません。

その一方で過剰摂取すると流産などの恐れもありますが、みかんでの摂取なら体に蓄積する心配はないので、安心です。

③妊活に効果的な葉酸も含まれている

みかんにはビタミン類が多くなっていますが、葉酸もまたその一つです。ビタミンB群の一種である葉酸は、妊娠や妊活に欠かせない栄養として知られています。

葉酸はビタミンB12と共に赤血球の生成に関わっており、貧血予防に大きな効果が。また核酸の分裂を促すことから胎児の正常な成長も助け、先天性異常のリスクを減らしてくれる働きがあります。

みかんを食べるときは白い筋も一緒に食べるとより効果的!

みかんと言うとつきものなのが、外側の白い筋です。中にはこの筋をきれいにはがしてから食べる人もいますが、あまりおすすめできません。実はこの筋にも、多くの栄養が含まれているのです。

みかんの筋にはビタミン類が豊富で、中でもビタミンPは妊活に効果的。妊娠の確率を上げるには血行を促進し、子宮や卵巣への栄養供給を促す必要がありますが、ビタミンPは血流改善や血管の強化といった働きを持っているのです。

じつはみかんは妊娠中にもオススメ!

妊婦さん

みかんが効果的なのは、妊活中ばかりではありません。妊娠中にも大きなメリットがあります。

上記のような栄養は、妊娠中の健康維持にも役立ちます。またそれ以外にも、便秘の改善に役立つ食物繊維や、カルシウムの吸収を促すクエン酸などが含まれています。

妊娠中は便秘を起こしやすくなっていますし、カルシウムは胎児の成長に欠かせませんから、いずれも妊娠中には効果的です。

ただしみかんの食べ過ぎには注意が必要です

RISK

みかんに限りませんが、何でも食べ過ぎには注意が必要です。みかんを食べ過ぎると、以下のようなデメリットもあります。

最も起こりやすいのは、下痢の症状です。みかんは水分が多く、また体を冷やしやすいため、お腹をこわすおそれがあります。

またみかんの食べ過ぎは、体重増加の危険もはらんでます。みかんには果糖という糖分が多いため、摂りすぎると中性脂肪を増やす可能性があるのです。

みかんは1日何個まで食べても大丈夫なの?

考える妊婦さん

上記のように、みかんの食べ過ぎには注意が必要です。それでは、1日何個ぐらいが適当なのでしょうか?

みかんの上限は何個と決まっているわけではありませんが、農林水産省では1日の果物の量を200gと定めています。これはみかんだけの量で考えると、大体2~3個程度になります。

みかん好きの人にとっては物足りない量ですが、妊活や健康のことを考えると、このぐらいで収めておくのが賢明でしょう。

妊活にはみかんもいいけど葉酸サプリもオススメ!

みかんが妊活に良いといっても、そればかり食べるのは上述のように良くありません。そこでおすすめなのが、妊活サプリの活用です。

妊活サプリには前に触れたようなみかんの成分はもちろん、それ以外のものも含まれています。例えば鉄分やカルシウム、亜鉛などのミネラル類は、みかんではあまり摂れないものです。

他にもアミノ酸や野菜成分など、妊活に役立つ栄養がバランス良く摂れるメリットがあります。

みかんを食べて効果的に妊活を行いましょう!

いかがでしたか?みかんは美味しいだけでなく、さまざまな効能を持っています。妊活に対する働きもその一つで、血行を促して子宮や卵巣を健康にしたり、卵子の質を維持するのにも役立ちます。

食べ過ぎると逆効果ですが、適量ならうれしいメリットがたくさん。効果的な妊活を目指すなら、みかんの習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか。