妊活中はアイコスなら大丈夫?【タバコとの差・男女別】

妊活中はアイコスでも吸わない方が良い

タバコを折る女性

妊活中にタバコを吸うと良くない影響があるのは知ってるけれど、なかなか禁煙できない…
でも「アイコス」なら煙も出ないし、吸っても大丈夫なのでは?
そう思っている人もいるかもしれません。

確かにアイコスには良い面もあるのですが、妊活中の女性はやはり吸わないほうが良いと言えます。

じゃあ男性は?
そもそもタバコとアイコスの差って何?

そういったことも含めて、今回はアイコスと妊活との関係について詳しくご紹介していくことにしますね。

関連記事

妊活中にたばこは吸っても大丈夫?【いつどうやってやめるべきか】

アイコスとは

アイコス

アイコスは簡単に言うと「電子タバコ」です。
普通のタバコはライターやマッチなどで火をつけるのに対し、アイコスは充電式の本体を使って電気で稼働します。

普通のタバコとの最も大きな違いは煙。
火を使うタバコの煙はタバコの葉を燃やしたものですが、アイコスから出る煙のようなものは水蒸気です。

つまり副流煙の心配はほとんどないということになるんですよ。

アイコスの有害物質とタバコの有害物質の違い

選択肢を選ぶ妊婦さん

アイコスも基本的にはタバコの葉を使っていますので、ニコチンなどの有害物質はある程度含まれています。
ですがその量には歴然とした違いがあり、アイコスに含まれる有害物質は普通のタバコの10分の1程度だと言われているんですよ。

ただし少ない量だとは言っても有害物質が含まれていることは事実です。
このことはしっかり心に留めておいてくださいね。

妊活中にアイコスがオススメできない理由

RISK

普通のタバコよりも有害物質が少なく、周りへの迷惑がかかりにくいアイコス。
それなら妊活中に吸ってもいいのでは?そう思う人もいるかもしれませんが…

でもやっぱり、妊活中の女性にアイコスはおすすめできないんです。

①タバコもアイコスも体質改善に悪影響

タバコの有害物質が体に良くないことは広く知られていますね。
そしてアイコスも、10分の1と少ない量とは言え有害物質は含まれています。
タバコに含まれるニコチンなどの有害物質は、少ない量でも身体に与える影響が大きく、妊活中の体質改善にも悪影響があると考えられます。

本気で妊活をしたいなら、アイコスも吸わないほうが良さそうですよ。

②妊娠に気付かず胎児を危険にさらしてしまうかも

タバコやアイコスの有害物質は吸っている本人だけでなく、妊娠中は胎児にもかなりの悪影響が出ると言われています。

妊活を始めたということはいつ妊娠してもおかしくない状態ですよね。
そういった時にアイコスを吸ってしまうと、気付かないうちに妊娠していた場合に初期の胎児にニコチンの影響が出る可能性があります。

妊娠初期は赤ちゃんの発育を決定する非常に大切な時期ですから、こうした事故を起こさないためにも妊活中からアイコスやタバコはやめておくことをおすすめします。

関連記事

妊婦さん必読!妊娠中に喫煙するのはNG?【胎児への影響は?】

妊娠に気づかずにアイコスを吸うと胎児にどんな悪影響がある?

タバコを吸いながら悩む女性

妊娠中にアイコスやタバコを吸うことはNGだというお話をしましたが、もし妊娠に気付かずアイコスを吸ってしまったら赤ちゃんにはどういった影響があるのでしょうか。

①ADHDになる可能性がある

アイコスに含まれるニコチンは赤ちゃんの周りを取り囲む羊水にも広がっていくと言われています。
そして羊水から赤ちゃんにニコチンが伝わると、脳の発育に影響が出る可能性があるんですよ。

代表的な症状がADHD。

いわゆる発達障害というものですが、注意力がなかったりじっとしていられなかったり…
社会に溶け込むのが難しいお子さんになってしまうかもしれません。

②発育遅延につながる可能性がある

ニコチンは脳だけでなく赤ちゃんの体全体の発育を遅らせます。
胎内にいる時もそうですが、出産してからも周りのお子さんより発育が遅れる可能性があるんですね。

アイコスが原因のこうした症状は、お子さんではなくお母さんに責任があります。
ぜひ妊活中からしっかり禁煙していきましょう!

妊活中に男性がタバコをアイコスに変えるメリット

妊活中の女性にとって、アイコスはデメリットしかなさそう…
でも実は、男性にとっては多少メリットもあるんです。

①妊婦さんへの受動喫煙の可能性が減る

元々ヘビースモーカーだった男性が妊活を機に完全に禁煙するのは難しいかもしれません。
そういった場合はアイコスに変えてみるのも手です。

アイコスは煙がほとんど出ませんし、煙のように見えるものも成分は水蒸気ですから、副流煙による受動喫煙の可能性はかなり減ることになります。
妊婦さんへの悪影響が出にくい点が有難いですね。

②タバコよりも匂いが洋服に付きづらい

アイコスは煙が水蒸気ですから、タバコ特有のにおいもほとんどありません。
ですから洋服にもタバコのにおいがほぼつかないことになります。

妊活中や妊娠中の女性は服についたタバコのにおいにも敏感に反応してしまうことがありますから、女性への優しさとしてアイコスに変えるのは良いかもしれません。

関連記事

つわり時のにおい対策方法【原因や体験談も紹介】

男性も精子の活動率や数が不安な場合は禁煙してみよう

男性は妊活中でもアイコスを吸ってもOKというお話をしましたが、これはあくまで女性に与える影響が少ないから、という意味です。
もしご自身の体にも気を遣いたいなら、アイコスも吸わないほうがいいかもしれません。

というのも、妊活には男性の精子も非常に大切な役割を果たしますよね。
タバコを吸っている男性は精子の数や活動量が15%前後低下すると言われていますので、男性がタバコやアイコスを吸うことによる不妊の可能性も出てきます。

妊活を成功させたいと心から願っているなら、男性も禁煙していただくのがおすすめです。

妊活中の禁煙方法

OKを出す女医さん

妊活を順調に進めるにはご夫婦で禁煙していただくのがベスト。
妊活中におすすめの禁煙方法をご紹介しますね。

①夫婦で意志を確認して、どう禁煙するかを話し合う

ご夫婦で禁煙することの利点は、ふたりで目標設定ができるところにあります。

まずはご夫婦で禁煙方法を話し合ってみましょう。
家にタバコやアイコスを置かないことはもちろん、もし外で勧められたらどうするか、また禁煙アイテムや医療の力を借りるかどうかについてもご夫婦共通の意見を確認しておいてくださいね。

②ニコチンパッチやガムを試す

ご夫婦の禁煙に市販のアイテムを利用する事になった場合におすすめなのが、ニコチンパッチやガムです。

タバコをやめてまず陥りやすいのがニコチンの禁断症状です。
ニコチンを体に入れないと我慢できなくなってしまい、ついタバコやアイコスに手が伸びてしまうんですね。
これを防ぐのがニコチンパッチです。

ただしニコチンパッチはニコチンが多少体内に入ることになりますので、女性にはやはりおすすめできません。

その場合は、ガムで口の寂しさを紛らわせると良いかと思います。

③禁煙外来で相談する

最近は禁煙外来も充実してきましたので、本気で禁煙したいならお医者さんの手を借りるのも良いかもしれません。

禁煙外来なら男性には男性の、妊活中の女性にはそれを考慮した禁煙プログラムを提示してもらうことができます。

成功率もかなり高いと言われていますので、ぜひ一度検討してみてくださいね。

④ビタフルを試す

禁煙にチャレンジしているけれど、どうしても口に何かをくわえたい…そんな人にはビタフルもおすすめです。

ビタフルは、見た目はタバコやアイコスと非常に似ているものの、タバコの葉ではなくビタミンやコエンザイムQ10といった栄養成分でできています。

ニコチンやタールといった有害物質は入っていないので、タバコを吸っている気持ちはそのままにビタミン摂取ができるということで好評です!

妊活中はよく考えてからアイコスを吸ってみよう

妊活中のアイコスとの付き合い方について、いかがだったでしょうか。

アイコスはタバコよりも有害度は低いですが、少量であっても害があるのは確実です。
今回ご紹介したニコチンなどの有害物質が体に与える影響についてをよく考えてから、妊活中のアイコスについても検討してみてくださいね。

元気な赤ちゃんを産むためには、妊活中から準備を始めるのがベスト。
しっかり知識を身につけて、良いパパとママになってください!