妊活中の女性に必見!低温期に食べたい妊娠力をアップさせる食べ物

低温期の食べ物に気を使いましょう!

妊活中の人は、食べ物から必要な栄養素を摂取することを心がけているかもしれませんね。

ただ、低温期の食べ物に気を使うべきであることは意外に知られていないかもしれません。

女性の体には低温期と高温期がありますが、実は低温期は妊活には大切な時期であり、妊活中は低温期を重視するべきだとも言われているのです。

そこで、妊活中の低温期にオススメの食べ物をご紹介します。
妊活中の人は必見ですよ。

妊活における低温期の役割

低温期に食べるべき食べ物が気になりますが、妊活における低温期の役割を知っておくことも大切です。

①卵子を生成する

妊活における低温期の役割の一つ目は、卵子を生成することです。
原子卵胞と呼ばれる卵子の元となるものは、胎児の時期から体内に存在していますが、他の細胞とは違い、増えることはなく毎日減っていきます。

そして、ホルモンの刺激によって卵胞が成熟するのですが、最も成熟した卵胞を突き破る形で卵子が飛び出てきます。
これが排卵であり、卵子が生成されるメカニズムです。

②子宮内膜が厚くなる

妊娠に至るには健康な卵子が育てられることはもちろん、子宮内膜の厚さも必要になります。
低温期には黄体ホルモンによって、子宮内膜が厚くなります。

子宮内膜が厚くなることで、受精卵が着床しやすい状態にすることができるのです。

受精しても着床しなければ妊娠できないため、低温期の子宮内膜の厚さの変化は妊活に重要な役割をもらたします。

③おりものの分泌

雑菌などからの感染を防ぐため、女性の膣内は酸性に保たれていますが、低温期はアルカリ性に変化します。

おりものの分泌も排卵期前後の低温期には変化し、粘りのあるアルカリ性になります。

その理由は、酸性のままであれば精子を受け入れられず死滅させてしまうからです。

また粘り気のあるおりものには、精子を守り受精しやすい状態にする作用があります。

妊活にオススメ!低温期に摂りたい栄養素と食べ物

妊活における低温期の役割がわかったところで、さっそく妊活中の低温期に摂りたい栄養素と食べ物を見てみましょう。

①卵子のもとになるたんぱく質

妊活中の低温期には、卵子のもととなるたんぱく質を積極的に摂取するのがオススメです。

たんぱく質にはアミノ酸などの体に必要な栄養素も含まれていて、体には不可欠なものです。

鶏肉や豚肉、魚類などの食べ物にたんぱく質は多く含まれています。
また大豆などの食べ物から、植物性たんぱく質を摂取するのもいいでしょう。

【関連記事】

タンパク質は妊活に必須!どのくらい摂ればいいの?

②子宮環境を改善するビタミンA

子宮環境を良くすることも妊活中には大切で、特に低温期は子宮内膜の変化もあるため子宮環境を整えるべき時期と言えます。

子宮環境を改善するためには、ビタミンAを含む食べ物が効果的です。

ビタミンAが多く含まれることで有名な食べ物はうなぎで、他にも豚肉や鶏肉のレバー、野菜ではにんじんなどにも多く含まれています。

【関連記事】

妊活にうなぎは食べて大丈夫?身体に与える影響とは?

③質の良い卵子につながるビタミンB

たんぱく質は卵子のもととなりますが、たんぱく質だけでは卵子を作るには不十分です。
質の良い卵子を作るためには、ビタミンBのサポートが必要なのです。

そのため、たんぱく質を含む食べ物とともにビタミンBを含む食べ物の摂取がオススメです。

ビタミンBを多く含む食べ物は、肉類やカツオやマグロなどの魚類やナッツ類などです。

にんにくや唐辛子にも含まれていているため、調味料として摂取するのもオススメです。

【関連記事】

ベルタ葉酸サプリはビタミンも優れている?【徹底解説】

④女性ホルモンを増加させる亜鉛

女性ホルモンは加齢やストレスなど外的な要因によってもバランスをくずしてしまうため、正しく排卵を起こすためにも低温期に女性ホルモンを増加させることも大切です。

女性ホルモンを増加させるためには、亜鉛の摂取が効果的です。

亜鉛を含む食べ物は牡蠣が有名ですが、積極的に摂取するためには煮干しや乳製品、かぼちゃなどの食べ物にも含まれていているためオススメです。

【関連記事】

妊活には欠かせない亜鉛!その効果と効果的な摂取方法は?

妊活には欠かせない葉酸にも注目!

妊活中に推奨される栄養素で有名なのは葉酸ですよね。
妊活中に葉酸を摂取している人は多いと思いますが、実は葉酸は低温期には非常に大切なものなのです。

葉酸には子宮内膜を強くし、着床をサポートする働きがあります。
ですから、子宮内膜の変化が起こる低温期は欠かさず摂取したいものです。

食べ物から葉酸を摂取するのもいいですが、葉酸サプリなら手軽に1日に必要な葉酸が摂取できるためオススメです。

低温期の食べ物を工夫すると妊娠力がアップします!

いかがでしたか。
妊活中の低温期に妊娠力をアップさせる食べ物をご紹介しました。

妊娠するためには、妊活中の低温期をどのように過ごすかが重要なのかがわかりましたね。

生活習慣の改善はもちろんですが、食べ物によってより妊娠しやすい体に変えていくことができます。

低温期は妊娠につなげる大切な時期ですから、妊活中の女性は食べ物を工夫して妊活力をアップさせましょう。