妊活中はもち麦にすべき?【白米との違いは?】

妊活中、無理にもち麦にする必要はありません

野菜を調理する妊婦さん

健康食品として最近話題になっているもち麦ですが、体に良いということは妊活にも効くはず!
そう思う人もいるかもしれませんね。

確かにもち麦が体に良い効果があることは事実なのですが、だからと言って妊活や不妊対策にそこまで強い効果があるかというと、そうとも限りません。

ですから無理に主食をもち麦にする必要はないと言えるのですが、そうは言っても少しでも効果があるとしたら詳しく知りたいですよね。

そこで今回はもち麦の栄養や効果についてをご紹介していきます。
もし気になったら試してみてはいかがでしょうか。

もち麦とは

もち麦

もち麦とは麦の一種ですが、普通の麦とどう違うの?
まずはもち麦とはどういうものかをご説明しますね。

①主な栄養成分とカロリー

健康に良いと言われるだけあって、もち麦には注目すべき栄養素が含まれています。

その代表的なものがβグルカン。
βグルカンは食物繊維の仲間なのですが、本来の食物繊維としての働きはもちろんのこと、糖質や脂質の吸収を抑える働きも期待できます。

カロリーは100gあたり339kcal。
白米が100gあたり358kcalくらいだと言われていますので、若干低カロリーだと言うことができますね。

②白米との違い

もち麦にはカロリー以外にも白米とは違う点がいくつかあります。

食物繊維が多く含まれているのは先ほどもご紹介しましたが、糖質が白米よりも少なく、それでいてたんぱく質は白米よりも多くなっています。

つまり、糖質を抑えながらもたんぱく質がしっかり摂取できるというわけですね。

③うるち麦との違い

一般的に「麦」というとうるち麦を指すことが多く、雑穀米などに入っている押し麦もうるち麦に分類されます。
うるち麦の食感は皆さんご存知のとおり、プチプチした感じですよね。

これに対してもち麦は、名前の通りもっちりとした食感が特徴的。
精麦の時に外皮を少し残しますので、うるち麦に比べてもβグルカンが多く含まれているんですよ。

妊活にもち麦を取り入れた女性の声

もち麦は妊活にそこまで影響はないというお話をしましたが、妊活にもち麦を取り入れてみた女性もおられるようです。
体験談を見てみましょう。

朝食のおにぎりももち麦にしたのですが、 まだ効果は出ていないです。 でも、1つすごいのは、 全然空腹にならない !

出典:ameblo.jp

最近薬を飲んでません! 飲まずに快便です! ここ、1ヶ月毎日続けていることは、ついこの間ブームになったもち麦です(笑) 漢方の先生にも米をしっかり食べなさいと言われています。 3食とも、もち麦入りごはんを食べています。

出典:ameblo.jp

妊活をしている女性のブログの中から、もち麦についてのエピソードを抜粋してみました。

こちらの体験談を見ると、もち麦は白米などの主食に比べて腹持ちが良く、しかも便秘改善に効果が期待できることがわかります。
これは食物繊維が豊富であること、またたんぱく質が多く含まれているというもち麦ならではの性質が関係しているのかもしれませんね。

ただ、これが妊活に直結するかというと…?

妊活中にこんな人はもち麦にしても良いかも

もち麦を使ってみた妊活女性のお話を見ても、妊活にもち麦が直接関わっているとはあまり考えられませんよね。

でも以下のような方にとっては、もち麦が妊活に効果があると言える可能性があるんです。

①ダイエットする必要がある人

適正体重を大幅に超えている女性の場合、血圧やコレステロールなど、あらゆる面で健康に心配があります。
この状態で妊活をしてもあまりうまく行かない可能性があるんですね。

そんな時もち麦なら、βグルカンの効果によって血糖値の上昇を抑え、さらに脂質の吸収も緩和する働きが期待できます。
健康的なダイエットがしたいなら、もち麦が効果的というわけですね。

②アンチエイジングしたい人

先ほどβグルカンが便秘解消になるというお話をしましたが、便通が良くなると全身の代謝が良くなり体内の毒素がしっかり排出されます。
すると体の細胞そのものが活性化しますから、アンチエイジングにつながります。

妊活には体の健康状態はもとより、子宮や卵巣の老化を防ぐことも大事な要素。
お疲れ気味の妊活女性にはもち麦が適しているかもしれません。

③腸内環境を整えたい人

先ほどのお話にも関係しますが、もち麦はβグルカンの力によって腸内環境を正常に保つ働きがあります。

腸内環境は免疫力に直結していると言われていますから、腸内環境が悪化すると感染症をはじめとした病気にかかりやすくなってしまうんですね。

妊活中はあらゆる病気を防ぎたい時期ですから、もち麦の力を借りれば妊活を進めやすくなる可能性がありますよ。

もち麦を美味しく食べるためにネットや本のレシピをチェックしてみよう

もち麦 料理

もち麦は白米と同じように炊いて主食として食べるのが一般的ではあります。
ただ白米とは少し食感が違いますので、お口に合わないと感じる人もおられるかともしれません。

そんな時は、もち麦のアレンジレシピを試してみてはいかがでしょうか。
スープにすると普通のリゾットとはひと味違うおいしさになりますし、サラダにして食感を楽しむのもいいですね。
気になるものからやってみましょう!

ネット上のもち麦レシピをチェックしてみる

妊活中の栄養摂取には妊活サプリがオススメ

サプリ

もち麦には確かに食物繊維が豊富に含まれているものの、葉酸やビタミン、ミネラルなどの妊活に必要不可欠な栄養素の面で考えると特筆できるところはありません。
となると、妊活中の栄養バランスをもち麦に頼ることは難しそうですね。

妊活中の栄養バランスを整えたい時は、やはり妊活サプリを活用していただくのが良さそうです。
葉酸やビタミン、ミネラルだけでなく、コラーゲンやマカなど色々な栄養が入っている妊活サプリもありますから、ご自身に合うものを選んでください。

もち麦は状況に応じて試してみよう

妊活ともち麦について、いかがだったでしょうか。

もち麦の健康効果に期待していた方にはちょっと物足りないお話になってしまったかもしれませんが、食物繊維の面においてはかなりおすすめできる食材です。
便秘気味の女性はもち麦を食卓に取り入れてみるといいかもしれませんよ。

食材に対する知識を幅広く持って必要な栄養素を選べるようになれば、妊活もうまく進むこと間違いなし。
ぜひ今回の記事を参考に、赤ちゃんのための体の土台を整えていってくださいね。