妊活中には男性も葉酸を摂取したほうがいいって本当?

男性の妊活にも葉酸が必要

葉酸と言えば、妊活中の女性のための栄養素という認識がありますが、パートナーが妊活中には男性も同じように葉酸を摂取すると妊活の効果がアップします。
妊活は、夫婦の協力あってこそ効果があがります。女性が葉酸でホルモンバランスなどを整えるのと同時に、男性も必要栄養素を摂取して体調を整えることをオススメします。

そもそも葉酸とは?

葉酸サプリ

酸とは、水溶性のビタミンの一種です。酵素の働きを促し、新陳代謝や成長には必要不可欠な栄養素です。また葉酸と胎児の障害には深い関係があると言われており、先天性障害の一つである神経管閉鎖障害を予防する効果もあるとされています。
厚生労働省が推奨している葉酸の摂取量は1日400μgですが、食事でまなかうだけでは必要分は補いきれません。
特に女性は妊活中に葉酸を摂取をする期間も妊娠初期から産後までと長期にわたります。

男性の妊活に葉酸が効果的な理由は?

パソコンを見る夫婦

葉酸は細胞分裂と細胞の増殖を促進してくれます。つまり正常で健康な精子を作り出すためには、葉酸を十分に摂取する必要があると言えます。
葉酸が不足すると、精子の細胞分裂などに悪影響を与える可能性があり、染色体に問題がある精子が作られることがあります。
妊活中の女性側がいくら葉酸などで妊活を頑張っても、男性側に問題があっては妊活に差し障ります。十分な栄養を日々の生活で取り入れ、加えて葉酸の摂取を意識すると効果が高まります。
夫婦で妊活という目的に向かって一緒にライフスタイルを見直すのは、円滑な夫婦生活あってこその妊活においてとてもプラスになります。

男性は1日にどのくらいの葉酸を摂るべき?

手をつなぐ妊婦さんと夫

男性が必要とする葉酸の摂取量は、女性より少なめです。1日の推奨摂取量が女性が400μgであるのに対し、男性は240μgが望ましいとされています。
女性に比べて食生活で補える可能性はありますが、継続して葉酸の摂取量をキープするのは女性と同じく大変です。
一時的に葉酸を摂取しても効果は出づらいものです。妊活中の女性と一緒に毎日の摂取し続ける習慣が効果をアップさせてくれますのでサプリを上手に活用すると手軽です。

関連記事

男性も葉酸サプリを飲むべき?どんなサプリメントがいいの?

葉酸が入ってる食材は?

野菜ジュース

葉酸は身近な食材にも含まれているものが多く、メニューにうまく取り入れることができます。
動物性食品である肉類であれば豚や牛などのレバーに葉酸が多く含まれているので炒めものなどで摂取することができます。
植物性食品では、ほうれん草、枝豆、アスパラガス、モロヘイヤは葉酸が豊富なことで有名です。フルーツでは、マンゴー、ライチ、いちご、アボカドなどが挙げられます。

葉酸は水や加熱に弱い…

葉酸は水溶性のビタミンの一種で、調理の過程に必要な水や加熱に弱いのが特徴です。調理をせず葉酸を摂取しようとするとフルーツでしか補えなくなってしまいます。
茹でる、炒める、揚げるなど加熱することで葉酸は減少してしまいます。調理をすると野菜などは大量に食べなければならなくなってしまうので、食事に葉酸サプリを加えることで1日の摂取量をうまく調節しましょう。

葉酸サプリからの摂取がオススメ!

葉酸を夫婦で毎日、推奨摂取量を摂り続けるのはとても大変です。調理を主にするだろう女性側にとっても負担になってしまいます。また摂取することに偏りすぎてストレスになってしまっては継続もできなくなり意味がありません。
確実に、そして手軽に葉酸を摂取するにはサプリからの摂取がオススメです。寝る前、朝食後などライフスタイルの中に摂取するタイミングを決めておけば飲み忘れも防ぐことができ負担もありません。

男性が葉酸の他にも摂取すべき栄養素は?

葉酸だけでなく、バランスよく栄養素を摂ることも大切です。葉酸はビタミンの一種ですが同じくビタミンB群であるビタミン12は葉酸を働きをサポートしてくれる栄養素です。
その他にもミネラルである亜鉛は、精子を作るために必要な栄養素で男性には特に意識してもらいたい栄養素のひとつです。
また抗酸化成分は免疫機能を補佐し酸化に弱い精子をダメージから守ります。抗酸化成分は、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、コエンザイムQ10、アスタキサンチン(カロテノイド)から摂取することができます。

葉酸摂取と同時に男性がすべき妊活は?

手をつなぐ妊婦さんと夫

葉酸をはじめとした栄養素を摂ることだけでは、せっかく摂取した栄養素を活用できません。男性も妊活として日々の生活を意識してみましょう。

①禁煙する

喫煙は、血液の流れを悪くしますので健康な精子の形成に影響を与えるためできれば妊活中は、禁煙をオススメします。
また受動喫煙の影響は、共に生活する妊活中のパートナーに一番大きく影響します。煙にもニコチンが含まれていることが知られるようになってきました。健康のため、妊活のためにも禁煙を心がけましょう。

②禁欲をしすぎない

禁欲後に夫婦生活をすると妊娠の確率があがると思われがちですが、タイミングなどが合わなければ意味がありません。
自己流で禁欲することで、健康な精子が劣化してしまうこともありますので、禁欲をするよりも円満な夫婦生活を意識する方がお互いの精神面においても重要になります。
普段からコミュニケーションをうまくとることが妊活をスムーズにしてくれます。

③ストレスを発散する

過度なストレスは、血液の流れを悪くしたり、ホルモンバランスが崩れるなど身体に影響を与えます。男性もストレスにより、性欲が減退したり、精子の状態が悪くなるなどとてもデリケートな部分でも負担がかかります。
スポーツをする、夫婦で出かけるなど、ストレスをうまく発散できるように心がけましょう。

④パートナーとしっかり話し合う

妊活で重要なことは夫婦間での意志の疎通です。片方ばかりが妊娠を望んでいては、意識のすれ違いにより円満な夫婦生活を送ることができなくなります。
妊活は生活に密着した部分が多く、しっかりと話し合いをしておくことで家族計画をしっかりとたてることができます。十分なコミュニケーションと話し合いをしましょう。

男性の妊活にも葉酸を取り入れよう!

妊活にこだわらず、男性も葉酸を摂取することは健康な身体を維持する意味でもオススメです。男が妊活なんてと抵抗がある人もいるかもしれませんが、男性不妊が原因で妊活がうまくいかないケースは珍しくありません。
葉酸サプリを取り入れ負担なく簡単に、そして確実に葉酸を摂取して夫婦で妊活を進めていきましょう。