妊活中に卵かけご飯を食べるメリット・注意点・口コミ

妊活中の卵かけご飯はある程度オススメ!

卵かけご飯と言えば、手軽に作れておいしい定番の食事。その卵かけご飯が、妊活にもある程度おすすめということをご存知でしょうか?実は卵は、「完全栄養食」と言われるほどさまざまな栄養を含んでいるのです。

今回は卵かけご飯に秘められた妊活パワーと、妊活中に食べる際の注意点などについて解説していきます。

妊活中に卵かけご飯を食べていた人の声

まずは、妊活中に卵かけご飯をよく食べていたという人の声を聞いてみましょう。以下にそうした人たちの口コミをいくつか集めてみました。

私は卵かけご飯が大好きで、1ヵ月前くらいまでは卵かけご飯にきくらげやきのこの味がついたもの、のり、ししゃも、など、何か合わせて食べるのが大好きでした。 けれど、不妊症の原因として生卵=サルモネラ菌=不妊症となっていました。 そんなに生卵は良くないのでしょうか?

出典:大至急お聞きしたいです!私は卵かけご飯が大好きで、1ヵ月前くらいまでは卵かけご飯にきくらげ… | ママリ

私は生卵が苦手で、でも、たまごかけごはんは好きなのでいつも温泉卵でたまごかけご飯をしてます。

出典:大至急お聞きしたいです!私は卵かけご飯が大好きで、1ヵ月前くらいまでは卵かけご飯にきくらげ… | ママリ

妊娠前は気にせず食べてました。 卵かけご飯大好きで週3日は食べてました。

出典:大至急お聞きしたいです!私は卵かけご飯が大好きで、1ヵ月前くらいまでは卵かけご飯にきくらげ… | ママリ

以上が、妊活中に卵かけご飯をよく食べていたという人達の声でした。日ごろから卵かけご飯を愛好していたものの、生卵の危険性を聞いて不安になったという人もいるようです。

一方で妊娠するまで気にせずに食べていたという人や、温泉卵で作っていたという人も見られました。

ちなみに、妊娠中は生卵は避けた方が良いとされますが、妊活中は新鮮なものであればそれほど問題ありません。

卵かけご飯のカロリーや主な栄養成分

卵かけご飯の代表的な栄養と言えば、たんぱく質です。卵のたんぱく質は、アミノ酸のバランスが良いことで知られています。

さらに卵はビタミン類やミネラル類もバランスよく含んでおり、基本的にビタミンCと繊維以外の栄養は全て含まれています。一方ご飯には、炭水化物やたんぱく質の他に食物繊維などが含まれます。

卵かけご飯のカロリーは100gあたり156kcalで、茶碗一杯分(228g)では356kcalとなっています。

妊活中に卵かけご飯を食べるメリット

続いては、妊活中に卵かけご飯を食べるメリットについて見ていきましょう。卵かけご飯には、以下のような利点があります。

①ビタミンB群に疲労回復が期待できる

卵かけご飯にはビタミン類がバランスよく含まれますが、ビタミンB2やB12などのB群もしっかり含まれます。

ビタミンB群の効能としては、疲労回復効果が挙げられます。ビタミンB群は炭水化物や脂質を代謝して、エネルギーに変えるのに欠かせません。これにより、妊活時にも疲れにくい体質が得られます。

②葉酸が微量に含まれている

卵かけご飯には、葉酸も微量に含まれています。

葉酸は造血作用や正常な細胞分裂を促すことから、母体や胎児にとって欠かせない栄養。妊娠前から積極的な摂取が推奨されていますから、この点でも妊活中の卵かけご飯はメリットがあると言えます。

③亜鉛とセレンに男性ホルモンの分泌の促進が期待できる

卵にミネラルがバランスよく含まれることはすでに述べましたが、亜鉛やセレンといったミネラルは、男性の妊活にも効果的です。

これらのミネラルは男性ホルモンの分泌を活性化させ、精子の数や運動率を高めるのに役立ってくれます。

④腹持ちがある程度良い

卵かけご飯は栄養が豊富なだけでなく、お腹にも溜まりやすいという利点があります。食べごたえがあり、たんぱく質が豊富で腹持ちが良いため、余分な食事や間食を減らすことができます。

体重管理は妊活でも重要なポイントですから、この点もまたメリットと言えるでしょう。

⑤たんぱく質と亜鉛に女性ホルモンの分泌の促進が期待できる

卵にたんぱく質や亜鉛が豊富なことについては前述しましたが、たんぱく質はホルモンの材料になるという働きもあります。

さらに亜鉛はホルモンの働きを正常にする効果があることから、卵かけご飯は女性ホルモン分泌の活性化や正常化を促し、妊活に役立つと考えられます。

妊活中に卵かけご飯を食べる際の注意点

考える妊婦さん

上記のようなメリットがある一方で、卵かけご飯には注意点もあります。ここでは、妊活中の卵かけご飯で気をつけるべき点について見ていきましょう。

①食べ過ぎに注意する

いくら卵かけご飯に栄養が豊富といっても、食べ過ぎてしまっては意味がありません。卵かけご飯のカロリーはかなり高めのため、食べ過ぎると肥満の危険が大きくなります。

肥満は健康にとってデメリットなだけではなく、妊娠率の低下や流産率の上昇ももたらします。

②睡眠時間や適度な運動も行う

卵かけご飯が妊活にメリットがあるのは前述した通りですが、それだけで十分なわけではありません。妊活には生活習慣や運動も大事なポイントになりますから、そうした点にも注意が必要です。

適度な睡眠時間や運動の習慣を持ち、しっかりとした体調管理に務めましょう。

③妊活サプリも摂取しておく

卵かけご飯だけでなく、妊活サプリの活用も心がけた方が良いでしょう。

妊活サプリには妊娠中必要な葉酸の他、ビタミンやミネラルなどがバランスよく含まれています。卵にはないビタミンCや繊維も摂れますから、より理想的な栄養摂取が可能になります。

④他の食材と一緒に食べる

「完全栄養食品」とも言われる卵ですが、前述のようにビタミンCなど含まれない栄養もあります。そのため、単品ではなく他の食材と一緒に食べるのが大切です。

妊活に必要なのはバランスの良い栄養摂取ですから、サラダや漬物などでビタミンCや繊維を補いましょう。

オススメの妊活サプリはマカナ

ここで、卵かけご飯と一緒に活用したい妊活サプリを紹介しておきましょう。「マカナ」は、妊活専門の管理栄養士が作った妊活サプリです。

日本産のマカや葉酸の他、スピルリナや金時しょうが、GABA、DHA・EPAなど多様な食材を配合。妊活に必要な栄養がギュッと詰まっており、日頃から利用することで妊娠しやすい体に近づけてくれます。

さらに無添加のため、安心して飲めるというのも嬉しいポイントとなっています。

妊活中にはたまに卵かけご飯を食べてみよう

このように卵かけご飯は栄養が豊富で、体調やホルモンバランスを整えて妊娠の確率アップにも役立ちます。

その一方でカロリーや高いなどのデメリットもありますから、食べ過ぎなどには要注意。また、新鮮な卵を使うなど食中毒にも注意が必要です。

週に1度くらいは卵かけご飯を食べて、おいしく妊活してみてはいかがでしょうか?