妊活中の外食はデメリットがいっぱい!?【賢いメニューの選び方】

妊活中に外食するときはある程度注意が必要

妊活中でも食生活はしっかり楽しみたいもの。
自炊をしている人でもたまには外食したいですよね。

でも、妊活中の外食は楽しくストレス発散にもなる反面、時には注意も必要になります。
今回は妊活中の外食についてメリットやデメリットを詳しくご紹介。
食べ終わった後に後悔しないよう、外食のメニューを決める時はしっかり考えるようにしましょう!

妊活中に外食をするメリット

手をつなぐ妊婦さんと夫

外食は基本的に楽しみなモノ。
妊活中の方でも、外食によるメリットはもちろんたくさんありますよ!

①多様なお店・メニューから料理を選べる

外食の一番大きなメリットは、何を食べるかを考える楽しみができることです。
今はコスパの良い外食チェーンがたくさんありますし、和洋中だけでなく色々な国のお料理をお手軽に楽しむことができるよになりました。
自分では作れないようなメニューもたくさんありますから、考えるだけで楽しくなっちゃいますね。

②時間短縮になる

好きなお料理を出来上がった状態で出してもらえるのも外食の大きなメリット。
手の込んだお料理を自分で作ろうとしても、朝から晩までかかって食べる時にはもうクタクタ…なんてこともありますよね。
妊活中は忙しい人も多いでしょうから、時間短縮になるのはかなりのポイントです。

③夫婦で楽しいデートができる

ご夫婦での食事は家庭内でも楽しいものですが、外食なら家とは違う雰囲気での食事を楽しむことができます。
妊活中ですとアルコールを控えている人も多いかもしれませんが、少量なら問題ありません。
たまには素敵なレストランでワインを…というのも良いですよね。

妊活中に外食するデメリット

考え込む女性

妊活中の外食は良いことずくめのように思えますが、どんなことにも二面性があります。
外食のデメリットもご紹介しますね。

①野菜が少なくなりやすい

外食のメニューはどうしても肉や魚、炭水化物メインになりがち。
野菜は付け合わせのちょっとした温野菜程度しか添えられていないことも多く、注文するメニューをかなり絞らないと野菜を十分に摂取することができません。
たまにはいいかもしれませんが、外食の頻度が多い人は野菜の摂取量に気をつける必要があるかと思います。

②糖分や塩分が比較的高め

自分で料理をする人なら気付いている人も多いかもしれませんが、外食で提供されるお料理の味を再現するにはかなり多くの調味料を遣う必要があります。
中でも心配なのが糖分や塩分。
どちらも高血圧や糖尿病など成人病のリスクを高めるものですから、妊活中は特に注意してください。

③どんな材料や調味料を使ってるか把握できない

先ほどのお話にも関係しますが、自分で作ったお料理は材料や調味料などほとんどを把握できますよね。
でも外食の時には材料の産地や状態、また調味料の種類や内容などほとんどわかりません。
お店の人に確認するにも限度がありますし、妊活中という大事な時期にはひょっとすると危険な場合もあるかもしれません。

妊活中に外食を食べる際の注意点

妊活中の外食のメリット・デメリットをご紹介しましたが、両方を踏まえて妊活中の外食との付き合い方を考えていきましょう。

①デメリットを気にしすぎない

デメリットの項目では少し怖いことも書きましたが、基本的にちゃんとしたお店であれば体にそこまで悪いものは使われていません。
毎日外食となると別ですが、時々であれば1日だけ味が濃かったりカロリーが高い食事をしても大きな問題があるとは考えられません。
デメリットがあるのは事実ですが、たまにであればあまり気にしすぎずに外食を楽しんでください。

②栄養バランスに気をつける

ちょっと最近外食が多いかな?という人は、ちょっと栄養バランスに気を付けたほうがいいかもしれません。
全ての栄養バランスを把握することは難しいですが、まずは野菜の量から考えてみてはいかがでしょうか。
例えばラーメンを食べる時には野菜多めの五目ラーメンやちゃんぽんを選んでみるなど、ちょっとした工夫で外食のデメリットを少なくすることができますよ。

③多くても週2回程度に抑える

どんなに気を配っても、やはり外食にはそれなりのデメリットがあります。
そう考えると、妊活中の外食はできれば週に2回程度に抑えたほうが良いと言えます。
会社でのお昼ご飯などどうしても外で食べなくてはならない場合はお弁当を持参するなど、工夫してみてくださいね。

妊活中外食に行った際のメニューの選び方

基本的には妊活中でも外食では好きなものを食べて良いのですが、できれば以下のことに気を付けるとよりバランスの良い栄養摂取ができるかと思います。
ちょっと気をつけるだけで妊活の効率も上がりますから、ぜひ試してみてください。

①副菜や汁物のある定食などを選ぶ

野菜をはじめとした栄養のバランスを整えるためには、副菜や汁物が活躍します。
ですから外食をする時には、できるだけ単品メニューの食事ではなく定食メニューを選ぶのがおすすめ。
汁物は気持ちをほっとさせる効果もありますから、ストレス解消にも良いですよ。

②飲み物はノンカフェイン・ノンシュガーを選ぶ

外食の時には普段飲まない飲み物を注文することも多くなると思いますが、この時できるだけカフェインや砂糖が入っていないものを選ぶようにしましょう。
家で飲むならカフェインや砂糖の濃さは自分で調節できますが、外食ですと決まった量を減らすことはできません。
もしご自身で判断できないようであれば、店員さんにノンカフェイン、ノンシュガーの飲み物はないかどうか聞いてみてください。

妊活中に外食が多くなってしまう人の対策方法

妊活中の外食は週2回までが望ましいというお話をしましたが、何らかの事情で外食が多くなってしまう人もきっとおられますよね。
そういう場合はの対策をおすすめします!

①適度な運動を欠かさない

外食の頻度が多いと、食事の内容が高カロリーになりがちです。
妊活中は普段から適度な運動をすることが大切ですが、外食が続いている時は特に気を付けて運動してみてください。
普段よりも少し長く歩くなどちょっとした積み重ねが妊活の成功につながっていきますよ。

②適度な睡眠時間を確保する

外食が続くということは不規則な生活になっている人が多いと思います。
帰宅時間も遅いのかもしれませんが、睡眠を十分に取ることは健康状態の維持だけでなく妊活にも非常に大切なこと。
せめて夜10時~深夜2時までのゴールデンタイムの間にベッドに入るように心掛けてみてください。

③妊活サプリを活用する

薬を見る妊婦さん

外食が続いて栄養バランスが乱れているな…と感じたら、妊活サプリを使ってみるのもおすすめです。
妊活サプリは妊活をする上で必要不可欠な葉酸やビタミン、ミネラルなどがバランスよく配合されているサプリメント。
もちろん基本的な食生活には気を付けた上で、こうしたアイテムも活用してみてくださいね。

おすすすめの妊活サプリはmakana(マカナ)

妊活サプリにも色々な商品があるため、どれを選んだら良いかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな人にイチオシな妊活サプリがマカナです。

マカナは葉酸、ビタミン、ミネラルといった妊活サプリの基本はしっかり押さえた上で、マカやDHAといった健康維持に役立つ成分も配合されています。
また、無添加にこだわった設計ですので、妊活中の女性に自身をもってオススメできるサプリメントです!

妊活中もたまには外食を楽しもう!

妊活中の外食について、いかがだったでしょうか。

外食というと不健康的なイメージもあるかと思いますが、ちょっと気をつければ体への負担は少なくすることができます。
もちろん外食を楽しむことも大事ですから基本は好きなものを食べて大丈夫ですが、余裕がある時にはちょっとだけメニューに気を配ってみるといいかと思います。

妊活中でもたまには外食でストレス発散!
今回の記事を参考に、体への負担が少ない外食を目指していきましょう!