妊活中の飲み会は控えるべき?関係を悪化させない断り方は?

妊活中の飲み会は極力控えたほうがいいです

バツを持つ女性

大人になるとお酒の付き合いは日常茶飯事。特に忘年会シーズンなどには、いつもよりアルコールの量が増えるという人も多いでしょう。

しかし妊活中の人にとって、こうした飲み会はデメリットばかり。実はお酒を飲みすぎると、妊娠の妨げになる恐れもあるのです。

今回は、飲酒が妊活に与える影響について詳しく解説していきます!

お酒が妊活に与える影響とは?

ビールで酔い潰れる女性

飲み会は妊活に良くない影響を与えるということですが、一体なぜなのでしょうか。妊活におけるお酒の害について見ていきましょう。

①卵子の質が落ちる

活性酸素は、美容や健康などの話題でよく耳にする言葉です。本来は紫外線などから体を守ってくれる存在なのですが、増えすぎると逆に細胞を攻撃し、老化などトラブルの原因になります。

実はアルコールを摂りすぎると、この活性酸素が増加するのです。そのため卵子も攻撃を受け、酸化して質が低下することに。

ですから、飲酒量が増える飲み会は妊活によくないわけです。

②月経障害につながる

女性の生理周期には、女性ホルモンの分泌量が関係しています。エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが、一定のサイクルで分泌量を変えることによって生理周期を整えているのです。

しかし過度のアルコールを摂取するとこのホルモンバランスが崩れやすく、生理不順の可能性が高まることに。ですからこの点でも、飲み会は妊活に良くないということが言えます。

妊活中は男性もお酒には気を使ったほうがいいです

RISK

上ではアルコールが女性の妊活に与える影響について見ましたが、注意すべきなのは男性の場合も同じです。

実はデンマークの大学が行った調査によると、多量の飲酒習慣のある人はそうでない人に比べて精子の数が少なく、形やサイズにも異常があるものが多いという結果が出ているのです。

ですから飲み会であまりお酒を飲むことは、男性側の不妊原因になる可能性もあります。

どれくらいまでならアルコールを摂取しても問題ないの?

ビールを飲む女性

飲みすぎると妊活に害のあるアルコールですが、全くダメというわけではありません。では、1日どれくらいならOKなのでしょうか。

厚生労働省の指標では、望ましいアルコール摂取量は1日20グラム程度とされています。これはビールにすると大体中ビン1本、日本酒では1合、酎ハイ350ml缶1本、ウィスキーダブル1杯くらいの量になります。

どうしても断れない飲み会などでは、この量を目安にしておくとよいでしょう。

飲み会を断る時に相手との関係を崩さないポイント

妊活に飲み会は控えるべきと言っても、なかなか断りづらいという人も多いでしょう。では、どうすればすんなり断れるのでしょうか。

相手との関係を壊さないポイントについて見ていきましょう。

①断る時はハッキリ断る

上手に断る際のポイント、まず第一には「はっきり断る」ということです。返事をあいまいにしたり、先延ばしにしているとかえって印象を悪くします。行けないのなら行けないと、きっぱり断ってしまいましょう。

「体調が悪くてお酒を控えている」「医者に止められている」など、健康を理由にすると相手もしつこく誘いにくくなります。また「先約がある」「家族の問題で」なども効果的でしょう。

これらは多少嘘があってもかまいません。相手が納得しやすい理由をつけるのがポイントです。

②次の飲み会には参加したい気持ちを伝える

きっぱり断ると言っても、一方的に断ったのでは相手の心証を悪くしかねません。そのあとフォローの一言を必ず添えるようにしましょう。

「残念です」「また誘ってくださいね」など、最後にポジティブな言葉を加えると、お互いすっきりした気分で分かれやすくなります。

これは他の場合にも当てはまりますが、別れ際には前向きな雰囲気を残すように気をつけましょう。

飲み会を我慢してストレスを溜めるのも良くありません

頭痛・めまい(女性)

いくらアルコールが妊活に悪いといっても、毎回飲み会を断り続けるのは大変です。断ることで精神的な負担もかかりますし、大勢で騒げないのもまたストレスになります。

こうしてストレスをためることは、妊活にとっても良くありません。ストレスは活性酸素を増やし、血行を悪くする原因になるのです。

ですから、あまり我慢しすぎずに適度に参加してみるのもよいでしょう。もちろんその際は、飲酒量には気をつけることが必要ですよ。

妊活中の飲み会はほどほどにしましょう

いかがでしたか?このように、妊活中の飲み会はあまりオススメできません。アルコールの摂りすぎは卵子の質の低下や月経不順を招く恐れがあるのです。

ですからできるだけ参加しないか、参加しても飲酒量は控えることが大切。断る時ははっきり理由をつけて、相手の気分を損ねないよう一言添えるのも忘れないようにしましょう!