妊活中はノンカフェイン飲料がいい?【おすすめの飲み物あり】

妊活中はノンカフェインにすべき?

麦茶

妊活中はいろいろと食事に気を使うものですが、飲み物で気になるのが「カフェイン入り飲料」でしょう。果たしてコーヒーや紅茶は、妊活中飲んでもよいのでしょうか。それともノンカフェイン飲料にすべき?

今回は妊活とカフェインの関係や、オススメのノンカフェイン飲料について解説していきます。コーヒー好きの方、必見です!

カフェインって何?

妊婦さん

カフェインとは植物に含まれるアルカロイドの一種で、コーヒーから取り出されたことでこの名が付けられました。コーヒーの他にも紅茶や緑茶、ココア、ウーロン茶、コーラといった飲み物に含まれます。

興奮作用があり、神経を刺激して覚醒効果を持つほか、解熱や鎮痛の作用もあります。その一方で不眠やめまい、頭痛といった副作用もあり、摂りすぎには注意が必要となっています。

カフェインは妊活にどう影響するの?

考える妊婦さん

妊活にカフェインがどう影響するかは、まだはっきり解明されていません。しかし海外では、1日に飲むコーヒーの量が3~5杯を超えた場合、妊娠率が下がったというデータもあります。

また、前述のようにカフェインを摂取しすぎた場合、さまざまな副作用を起こす可能性があります。利尿作用によって体温が下がり、子宮の活動を低下させる恐れも。

いずれにしても、カフェインの摂りすぎは妊活にとってあまり良くないと言えるでしょう。

ノンカフェインにこだわりすぎなくても大丈夫

OKを出す妊婦さん

それでは、カフェインを含む飲み物は妊活中摂らない方がよいのでしょうか。

実際には、妊活中でも特にノンカフェインにこだわる必要はありません。上述のようにカフェインを摂りすぎると妊活にはマイナスですが、それはあくまで過剰に摂取した場合の話。

毎日コーヒー1~2杯程度であれば、特に気にするレベルではないと言えるでしょう。

カフェインが多く含まれる飲料は?

お茶

とは言っても、カフェインの摂取量に多少の注意が必要なのは間違いありません。では、カフェインを多く含む飲み物にはどういったものがあるのでしょうか。

100mlあたりのカフェイン含有量が最も多いのは、エスプレッソ(280mg)です。次いで玉露(120mg)、ドリップコーヒー(90mg)、インスタントコーヒー(45mg)となっています。

意外なところでは栄養ドリンクにもカフェインが50mg程度含まれるので、これらの飲みすぎには注意しましょう。

妊活中にオススメのノンカフェイン飲料は?

妊婦さん

妊活中はなるべくカフェインの摂取を控えたいという場合、どういった飲み物が良いのでしょうか。妊活にオススメのノンカフェイン飲料について見ていきましょう。

①たんぽぽ茶

たんぽぽは元々漢方薬として使われるなど、古くから薬効が知られています。

そのたんぽぽの根から作られたのがたんぽぽ茶で、カフェインを含まないばかりか、ビタミンやミネラルといった栄養も豊富。妊活にはメリットの多いお茶となっています。

②麦茶

夏になると一段とおいしい麦茶も、ノンカフェインの飲み物です。麦茶はミネラルがたっぷりで、マグネシウムやカリウム、リンなどが含まれます。

冷やして飲むのが定番となっていますが、妊活中は温めて飲むのが効果的でしょう。

③ゆず茶

ゆず茶は韓国の伝統的なお茶で、ゆずの皮を砂糖と蜂蜜に漬けて煮詰め、お湯に溶かして飲みます。

ゆず茶はノンカフェインなだけでなく、疲労回復などの効能や葉酸も含み、やはり妊活にはメリットの多い飲み物となっています。

④ルイスボディー

ルイボスティーは、南アフリカに生えるルイボスという低木の葉から作られるお茶。「奇跡のお茶」などとも呼ばれ、近年では日本でも話題になることが多くなっています。

強い抗酸化作用を持つSOD酵素が含まれ、妊活にも大きなメリットがあります。もちろん、ノンカフェインで安心して飲めるお茶となっています。

⑤若榴da檸檬

こちらは株式会社言歩木が販売しているザクロジュース「若榴da檸檬(ざくろだれもん)」です。

国産の若摘みザクロと青レモンが入っており、自律神経やホルモンバランスを整えて妊娠しやすい体に近づけてくれます。ノンカフェインで保存料や防腐剤も使われていないため、体にも安心です。

⑥ミネラル葉酸グリーンスムージー

こちらの飲み物は、Natural Healthy Standard.が発売している妊活・妊娠のためのスムージー。名前の通り葉酸が含まれているほか、ビタミンやミネラルも配合されており、妊活中の人や妊婦さんにうれしい飲料となっています。

人工甘味料を含まず、もちろんカフェインも使われていません。

妊活中心配な人はノンカフェイン飲料を飲もう!

このように、妊活中はカフェインの摂りすぎにはやや注意が必要です。一切NGというわけではありませんが、コーヒーなら1日1~2杯程度にしておくのが適量でしょう。

それでもカフェインの影響が心配という場合は、たんぽぽ茶やルイボスティーなどのノンカフェイン飲料がおすすめです。妊活中は飲み物にも十分気を使って、体の調子をしっかり整えましょう。