妊活中に風邪薬を飲んでも大丈夫?【関連情報まとめ】

妊活中に風邪薬を飲んでも大丈夫なの?

風邪薬をはじめ薬は副作用などがあり、普通でもあまり飲みたくないという人もいますよね。

それが妊活中ならなおさらかもしれません。

でも風邪の症状がひどければ、風邪薬を飲む必要がある時もあります。
そもそも、妊活中に風邪薬を飲むことは可能なのでしょうか。

妊活中に風邪薬を飲んでも大丈夫なのか、詳しく解説します。

妊活中は市販の風邪薬を飲んでも基本的には大丈夫!

OKを出す女医さん

結論から先に言うと、妊活中であっても市販の風邪薬を服用するのは基本的に大丈夫です。

市販の薬はどんな人でも購入して服用する可能性があるのを前提に作られているため、赤ちゃんに影響が出るとわかっている薬は基本的に出回っていません。

ただし薬には副作用があるように人によって身体も違うため、実際に服用して赤ちゃんに影響が出ないとは言い切れません。

基本的に大丈夫だとしても、妊活中に風邪薬を服用するには注意が必要です。

病院で風邪薬をもらう時は、妊活中であることを伝えよう

市販の風邪薬は基本的に大丈夫ということですが、妊活中に風邪薬を病院で処方してもらう場合はどうでしょうか。

病院で出される風邪薬は抗生物質など、医師でしか処方できないような強い成分の風邪薬である場合があります。

ですから、病院で風邪薬をもらう時は必ず妊活中であることを予め医師に伝えておく方がいいでしょう。

風邪薬が赤ちゃんに影響を与えるのはいつから?

妊活中であれば気をつけていたとしても、妊娠に気づかずに風邪薬を服用してしまうことがあるでしょう。

気になるのは、いつごろから風邪薬が赤ちゃんに影響を及ぼすかですね。

妊娠超初期と呼ばれる0~3週目の時期は、風邪薬を飲んだとしても胎児の奇形などの影響はないと言われています。

妊娠4週目以降になると、心臓などをはじめとする胎児の重要器官の形成が始まるため風邪薬に注意が必要になってきます。

特に中期以降は胎児の成長を抑制したり死産のリスクも出てくるため、医師に相談する必要があります。

基本的に妊娠発覚後は、どんな薬の服用であれ医師に相談することが大切です。

超初期 初期 中期 後期
週数 0~3週 4~15週 16~27週 28~39
月数 1ヶ月 2~4ヶ月 5~7ヶ月 8~10ヶ月
状態 細胞分裂 器官の形成 体の成長 体の成長
薬の影響 なし ほぼなし ほぼなし ほぼなし

インフルエンザの予防接種は受けていい?

考える妊婦さん

妊活中は風邪薬などの薬とともに、予防接種も懸念されるものですよね。
とは言え、インフルエンザに感染するリスクを考えると予防接種は受けておきたいものです。

基本的に、妊活中にインフルエンザの予防接種を受けられないということはありません。
妊娠してからインフルエンザに感染することを考えると、妊活中に予防接種をしておくほうがいいかもしれません。

問題なのは妊娠していたら…という時期ならどうすればいいのかということですが、妊娠中や妊活中のインフルエンザ予防接種については詳しく解説がある以下の記事を参考にしましょう。

妊娠中・妊活中のインフルエンザ予防接種の詳しい情報

妊娠中に避けるべき薬はあるの?

お医者さんに相談する妊婦さん

妊娠中には風邪薬をはじめとする薬には注意しなければならないのはもちろんですが、妊娠中は避けるべき薬があります。

妊活中に予め把握しておきましょう。

①避けるべき薬

妊娠中には胎児への影響を踏まえて、避けるべき薬があります。

催奇形性など、重い影響がわかっている薬としては抗がん剤や抗凝固剤などが挙げられます。
具体的には以下のような薬が、妊娠中は避けるべきだとされています。

  • 抗菌薬(一部のもの)
  • 抗ウィルス剤
  • 抗がん剤
  • 抗潰瘍薬
  • 抗凝固剤
  • ホルモン剤
  • 生ワクチン など

②お医者さんに必ず相談すべき薬

妊娠中に避けるべき薬以外に、お医者さんに必ず相談すべき薬もあります。

医師に相談が必要な薬は、市販薬にも必ず記載がされているのでチェックしておきましょう。
具体的には以下のような薬が挙げられます。

  • 抗菌薬(一部)
  • 抗ウィルス剤
  • 降圧剤(ACE阻害剤、アンギオテンシン II受容体阻害剤など)
  • 抗けいれん剤
  • 抗うつ剤
  • 非ステロイド抗炎症薬
  • 向精神薬
  • 利尿剤など

その他の妊活中の風邪薬関連情報

薬

妊活中は基本的に風邪薬の服用ができるとしても、中にはやはり不安を感じる人もいるでしょう。

そんな時の妊活中の風邪薬情報として、下記を参考にしましょう。

①国立成育医療研究センターを利用しよう

国立成育医療研究センターというのは厚生労働省が管轄している機関で、生殖医療や胎児医療・周産期医療などの成育医療に関して研究や調査なども行っています。

主な取り組みの一つとして、妊娠と薬情報センターも開設されているので妊活中も薬に関して相談が可能な体制が整っています。

国立成育医療研究センターのお問い合わせページ

②風邪をひかないために普段から対策しておこう

妊活中の薬の可否を考えることも大切ですが、それ以前にそもそも風邪をひかないことが最も重要なことです。

妊活中に風邪薬を使用せずに済むように、大勢の人が集まる場所は極力避けたり、ウィルスに感染しないようにマスクを使用したり防寒対策も怠らないこともポイントです。

また、外出から帰宅したら手洗い・うがいを欠かさないことも風邪を防ぐ対策になります。

③産婦人科診療ガイドラインを読んでおこう

産婦人科診療ガイドラインは、日本産婦人科学会と医師会が発行しているもので日本の産科医療のレベルを向上させる目的で作られたものです。

産婦人科診療ガイドラインには、妊娠中の診察についての情報や注意すべき点なども書かれていて薬に関する情報も記載されています。

妊娠する前に妊活中から読んでおくことをオススメします。

妊活中はストレスをためずにお医者さんに相談してみよう!

いかがでしたか。
妊活中には風邪薬の服用が可能かについて解説しました。

基本的に妊活中であっても、風邪薬の服用は問題ないということでしたね。
ただし、妊活中に服用した風邪薬で胎児に全く影響がないということは言い切れないため注意が必要です。

薬を気にしすぎてストレスになっては妊活に逆効果になりますので、予め医師に相談したうえで服用するのがいいでしょう。

ストレスを溜めずに専門医に相談し、妊活を行うのがベストですよ。