妊活にはコエンザイムQ10が必須!?おすすめの妊活サプリも紹介

 コエンザイムQ10が妊活に有効って本当?

「コエンザイムQ10」と言うと、化粧品や健康食品などで有名です。妊活には関係なさそうなイメージがありますが、実は妊活にもいろいろなメリットがあるのです。

それでは、コエンザイムQ10とはどんな成分で、妊活にはどんな働きがあるのでしょうか。

今回はコエンザイムQ10の妊活効果や、サプリで摂るべき理由などについて解説していきます。

コエンザイムQ10とは?

コエンザイムQ10は補酵素の一種で、別名「ユビキノン」などとも呼ばれます。人間の体内に広く存在していますが、年齢とともに量が減少していきます。

コエンザイムQ10の大きな特徴は、その強力な抗酸化力にあります。活性酸素は発生しすぎると老化や病気の原因となりますが、コエンザイムQ10は余分な活性酸素を除去するアンチエイジング効果を持っています。

また、ミトコンドリアの働きを助けてエネルギーを作り出すのにも役立っています。

妊活におけるコエンザイムQ10の効果

上記のように、コエンザイムQ10は活性酸素を除去する強い働きを持っています。

その働きは、以下のような点で妊活にも役立ちます。

①精子の質を上げる

妊活は当然男性側の比重も大きくなりますが、その点でもコエンザイムQ10が役立ちます。

男性不妊の原因に、「OAT症候群」と呼ばれるものがあります。これは精子の数が少なかったり、運動率が悪いなどの症状の総称ですが、主な原因の1つが加齢による精子の劣化・老化です。

一方コエンザイムQ10の抗酸化作用は、加齢による精子の劣化を防いで質を一定に保つことにより、妊活に役立ってくれます。

②卵子の老化を防ぐ

コエンザイムQ10が効果的なのは、精子に対してだけではありません。卵子にとっても質の保持に役立ちます。

年齢と共に体が老化していくのは、主に活性酸素に原因があります。活性酸素は加齢によって増加し、細胞を攻撃して傷つけてしまうのです。卵子もまた、同じように酸化して劣化していきます。

これに対しコエンザイムQ10の抗酸化作用が卵子の質を保ち、妊活に役立つというわけです。

③卵子の成熟を助ける

卵子の形成は、「卵母細胞」と呼ばれるものが卵巣で成熟することで行われます。この時の卵子の成熟度合いは、細胞内のミトコンドリアの数や状態によって大きく変わります。

一方コエンザイムQ10は、前述のようにミトコンドリアの働きを助ける作用があります。

これによって卵子の成熟を促し、より質の高い卵子の形成に役立つわけです。

生殖機能とコエンザイムQ10に関する世界中の研究報告

OKを出す女医さん

続いては、生殖機能とコエンザイムQ10の効果に関する世界の研究について見てみましょう。代表的な報告例を3つ挙げてみました。

①精子の運動率の改善

イタリアのある大学が行った研究では、次のような報告がされています。

男性不妊の患者に対し1日200mgのコエンザイムQ10を6ヵ月間投与したところ、精子細胞内部と血中のコエンザイムQ10濃度が上昇。その結果精子の運動率が改善されたとのことです。

②卵巣機能の向上

こちらはカナダの大学が行った研究です。高齢のマウスと若いマウスをランダムに2グループに分け、一方にはコエンザイムQ10を与え、もう一方には与えないようにします。

するとコエンザイムQ10を与えたマウスのグループは、明らかに卵子の数が増加したとのこと。このことから、コエンザイムQ10は高齢の女性にも効果があるのではないかという報告がされています。

③精液中の抗酸化力を高める

イランの研究グループが行った報告によると、コエンザイムQ10の摂取は男性不妊患者の精液中の抗酸化力を強めるとのことです。

OAT症候群の男性を2グループに分け、一方にコエンザイムQ10を摂取してもらい、もう一方は偽薬を与えたところ、コエンザイムQ10のグループは精液中の抗酸化酵素の活性が高まったことが確認されています。

コエンザイムQ10はどれくらい摂取すればいい?

薬

それではコエンザイムQ10は、1日どれくらい摂取すればよいのでしょうか。

最適な摂取量は個人によってばらつきがありますが、大体30~300mg程度とされています。

通常の健康目的なら30mgほどで十分ですが、高齢の方などは少し多めの60~100mg程度が良いと言われています。

コエンザイムQ10はどんな食材に含まれている?

妊婦さん

コエンザイムQ10は、肉類や魚類、野菜やナッツ類といった食品の中にも含まれています。

このうち魚類ではマグロやいわし、さば、かつおなどに含まれ、野菜ではブロッコリーやほうれん草、ナッツ類ではピーナッツが代表的です。

その他大豆などにも含まれます。

実は、食事からの摂取は向いていません

上で挙げたような食品に含まれるコエンザイムQ10ですが、実はあまり食事から摂るのには向いていません。その理由は、含まれる量がかなり少ないという点にあります。

そのため特に、年齢が高めの人にとっては別の摂取法がおすすめです。それについてはこの後に詳しく説明しています。

妊活中にコエンザイムQ10を摂取する時のポイント

サプリ

前述のように、コエンザイムQ10は活性酸素を除去する効果が不妊対策に役立ちます。

その上で、摂取する際の大事なポイントについて見ていきましょう。

①サプリメントでの摂取がおすすめ

コエンザイムQ10は前述のように、食品にはわずかしか含まれません。ですので、必要な量を食事から摂ろうとするとカロリーが大きくオーバーしてしまいます。

その点サプリならカロリーを気にせず必要量を摂取できますし、好きな時に摂れるというメリットもあります。

②還元型のコエンザイムを摂取しよう

コエンザイムQ10には「酸化型」と「還元型」があります。

私たちの体内に存在するコエンザイムQ10は還元型なのですが、酸化型を摂取した場合、一度体内で還元型に変換しなければなりません。

その過程で一部が失われてしまったり、効果が出るまで時間がかかることも。そのため、あらかじめ還元型を摂取するのがおすすめです。

③ビタミンCやビタミンEと一緒に摂取しよう

コエンザイムQ10を効率よく摂取するには、単体で摂るより他の栄養と一緒の方が効果的です。

ビタミンCやビタミンEと一緒に摂ると、コエンザイムQ10の吸収率を上げることができます。

単体で摂ると吸収率はわずか10%ほどですから、効果の違いは明らかでしょう。

コエンザイムQ10が配合されたおすすめの妊活サプリ

上で挙げたようなポイントを全て考え合わせると、最もおすすめの妊活サプリは「マカナ」になります。

マカナには還元型コエンザイムQ10が配合されているのに加え、妊活に欠かせない葉酸やビタミン・ミネラル、さらに日本産マカやスピルリナ、金時しょうがなど豊富な栄養が含まれています。

バランスのよい栄養摂取ができるという点で、妊活に最適のサプリとなっています。

コエンザイムQ10の過剰摂取は大丈夫?

考える妊婦さん

ところで、コエンザイムQ10を過剰に摂取すると副作用などの弊害はあるのでしょうか。

現在のところ、コエンザイムQ10の摂りすぎで重篤な症状が出たという報告はありません。

ですから特に心配の必要はありませんが、余分に摂りすぎないに越したことはないでしょう。
特にサプリで摂る場合には、きちんと用法用量を守ることが大切です。

コエンザイムQ10を摂取して効果的な妊活を!

いかがでしたか?このように、コエンザイムQ10は妊活にいろいろなメリットがある成分です。

私たちの体内にあるコエンザイムQ10は年齢と共に減っていきますが、食事から補うのは非効率。効率的に摂取するには、サプリの使用がおすすめです。

ご紹介したサプリなどを活用して、効果的な妊活に励んでください。