妊活に玄米茶を取り入れるべき?【丁寧に解説】

玄米茶は妊活にすごく役立つ!

考え込む女性

玄米茶というと、なんとなくお年寄りが飲む印象という人も多いでしょう。しかし実は、妊活に取り組む人にもうれしい効果がいっぱいなのです。

一体玄米茶には、どんな秘密が隠されているのでしょうか。今回は、玄米茶が妊活に及ぼす影響について詳しく解説していきます。

妊活中の飲み物に気を使いたいという方、必見です!

まず玄米茶で妊活した人たちの声を聞いてみよう!

PCと女性

妊活に役立つという玄米茶は、その噂も広まっているようです。まずは、玄米茶で妊活にチャレンジした人の声を聞いてみましょう。

今日友達からラインがあり、妊娠した友達に、以前進められたんですが… 黒焼き玄米茶でその子もその子の姉さんも妊娠したらしく(^^; 今日、飲んでる?と聞かれました!!

出典:30歳妊活中です☆ 8 2015/11/09 15:41 | 不妊治療情報サイト【子宝ねっと】

黒焼き玄米茶ネットで買ってみようと思いまーす!!

出典:30歳妊活中です☆ 8 2015/11/09 15:41 | 不妊治療情報サイト【子宝ねっと】

黒焼き玄米茶、ネットで私も探してみますね~( ´ ▽ ` )ノ!! 玄米茶だからおいしそう~!

出典:30歳妊活中です☆ 8 2015/11/09 15:41 | 不妊治療情報サイト【子宝ねっと】

ご紹介したのは、妊活中の女性たちが掲示板でやりとりした一部です。「黒焼き玄米茶」の効果が話題になって、試して見ようという人が続出していますね。

ちなみに黒焼き玄米茶とは、玄米をじっくり数時間かけて炒り上げて、黒焼きにしたお茶のことです。

そもそも玄米茶とは?

妊婦さん

そもそも「玄米茶」とはどのようなものなのでしょうか。

玄米茶は、水に浸した玄米を蒸してから炒り、それに同じくらいの量の煎茶や番茶を加えたものを言います。炒った玄米の香ばしい香りと共に、煎茶や番茶の味わいが楽しめるようになっています。

煎茶や番茶にはカフェインが含まれていますが、玄米茶を加えることでそれらの量が減るため、子供やお年寄りでも飲みやすいというお茶です。

玄米茶が持つ妊活に役立つ栄養素

OKする妊婦さん

玄米茶に含まれる玄米には、さまざまな栄養成分が入っています。それらは妊活にどう役立つのでしょうか。以下で見ていきましょう。

①豊富なビタミン

玄米にはビタミン類がたくさん含まれています。特に豊富なのがビタミンB群。ビタミンBは神経の働きを助けたり、皮膚や粘膜を保持する効果や、血液の状態を健康に保つ効果などがあります。

またビタミンCやEの抗酸化作用は、卵子を劣化から守る働きも。こうした効果により、体を妊娠しやすい状態に保てるのです。

②ガンマオリザノールとギャバ

玄米には「γ(ガンマ)オリザノール」と「GABA(ギャバ)」という成分が含まれています。前者は米糠の脂質に含有されるもので、後者は発芽玄米やチョコレートなどに含まれる天然アミノ酸の一種です。

どちらの成分にも共通しているのが、血圧の上昇を抑える効果。これによって妊娠高血圧症候群を防ぎやすくなります。

③カテキンとテアニン

カテキンはポリフェノールの一種として有名ですが、強い抗酸化作用や抗菌作用があります。これらの作用は、細胞の老化を防いだり体をウイルスの攻撃から守ってくれる効果が。

一方テアニンは、お茶に含まれるアミノ酸の一種で、脳の興奮を抑えてリラックスさせてくれる働きがあります。イライラしやすい妊活中、気分を鎮めるのに効果的でしょう。

④食物繊維

玄米茶にはまた、食物繊維も豊富。食物繊維は腸の状態を整えて便秘を改善してくれるほか、コレステロールを抑えて血圧を調整する働きもあります。

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、これらをバランスよく摂るのが理想的なのですが、玄米茶の食物繊維はまさに両者がバランスよく含まれるという特徴があります。

玄米茶のカフェイン含有率はかなり低いので心配しすぎない

ところで、煎茶や番茶にはカフェインが含まれています。カフェインは覚醒作用があり、集中力が増す一方、摂りすぎると眠れなくなるなどの弊害があります。

これは妊活にとっては大きなマイナス。なぜなら質の良い眠りは女性ホルモンの正常な分泌に欠かせず、それによって妊娠しやすさにも影響してくるからです。

しかし前述のように、玄米茶に含まれるカフェインの量はそれほど多くありません。ですから、それほどカフェインの摂りすぎを心配しなくてもよいのです。

玄米茶の飲み過ぎに注意しよう

RISK

上記のように玄米茶はカフェインが少ないといっても、全く含まれないわけではありません。また玄米茶に含まれるカリウムは、摂りすぎると利尿作用によってミネラルが排出されるおそれも。

ですから、あくまでも飲みすぎには注意が必要です。いくらおいしく健康に良いからと言って、あまり過剰に飲みすぎないようにしましょう。

多くても、1日10杯以下を目安にして下さい。

玄米茶以外の妊活にオススメのお茶

OKを出す妊婦さん

妊活に役立つのは、何も玄米茶ばかりではありません。その他のオススメのお茶についてもご紹介しておきましょう。

①ハーブティー

ハーブティーは味や香りはもちろん、健康や精神面でも効果があるとして人気の飲み物。もちろん、妊活にも大きな効果が見込めます。

例えばルイボスティーやネトルティー、ハイビスカスティーといったものには抗酸化作用があるほか、鉄分による貧血予防の効果も。

またラズベリーリーフティーには生理を順調にする効果や、生理痛を和らげる効果などがあります。

②たんぽぽ茶

たんぽぽは、中国やヨーロッパでも古くから薬草として使われている植物です。その根から作られたのがたんぽぽ茶で、さまざまな健康効果を持つことで知られています。

ビタミンB2が脂質や糖質の代謝を高めたり、鉄分による貧血防止効果や、ビタミンCによるストレス緩和効果も。体調や気分を整えて、妊活に役立つ働きがいっぱいなのです。

またカフェインが全く含まれないのも、たんぽぽ茶のうれしいメリットでしょう。

玄米茶をうまく取り込んで妊活に取り組もう!

このように、玄米茶には妊活に役立つ効果がたくさん。ビタミン類やガンマオリザノール、GABAなどの成分により、体調を整えて妊娠の確率を高めてくれます。

またカフェインの量が少ないというのもうれしいポイントでしょう。神経の興奮を抑えて、リラックスするのにも最適です。

ストレスの溜まりがちな妊活には、ぜひ玄米茶を取り入れてみてはいかがでしょうか?