妊活中自転車に乗っても大丈夫なの?

妊活中男性は自転車を控えるべき!

妊活中は食事や睡眠など生活面で色々気を遣うことが出てきますよね。
その中でも盲点と言えるのが自転車です。

普段の移動に自転車を使っている人は男女ともに多くおられると思います。
二酸化炭素の排出もなく、エコで便利な自転車ですが…
実は、妊活中の男性には自転車に乗るのをできるだけ控えて頂きたいんです。

今回は妊活中の自転車に対する考え方について、男女それぞれの観点から考えていくことにしましょう。

そもそも自転車とは?

自転車

妊活中男性が自転車を控えるべき理由

自転車というのは、サドルにまたがってペダルをこいで動く乗り物ですよね。
ずっとこぎ続けて股が痛くなってしまった…という経験がある人もいるかと思いますが、このことからもわかるように股に非常に負担がかかる乗り物なんです。

男性にとって股付近は非常に大切な部分。
自転車に長時間乗ってしまうと睾丸の組織が壊れて機能が弱くなってしまう恐れがあるとも言われています。

妊活中女性にとって自転車はストレス発散になる

女性3人

同じ妊活中でも、女性は自転車に乗ってもそこまで体に負担はかからないと言われています。
むしろストレス発散になるので、お買い物やちょっとした遠出などでは積極的に自転車に乗っていただいても大丈夫ですよ。

ただしこれはあくまで妊娠していない時の話。
妊娠の可能性がある時は女性も自転車に乗るのは控えたほうがいいんです。

妊娠後は女性も自転車を控えよう

妊活中は自転車を含め、色々な運動をして体の土台を作っているという女性も多いかもしれません。
でも、実際に妊娠したら今度は赤ちゃんの健康に気を遣う必要があります。
激しい運動はもちろんのこと、自転車もかなり下腹部に力を入れる動作になりますから控えていただいたほうが良いと言えるんですよ。

特に妊娠初期は気付かずに自転車に乗ってしまって…ということがあるかもしれませんので、妊娠の可能性がある時期はなるべく自転車に乗らないほうがいいかもしれませんね。

妊活中、自転車の代わりになる移動手段

自転車は、妊活中の男性はできれば乗らないほうが無難。
女性も妊活が佳境になってくると控えたい場面も出てくるかと思います。
その時に備えて、自転車以外の移動手段も考えておきましょう。

①自動車

運転する妊婦さん

自動車は座ったままで特に体に負担をかけることなく運転できますから、妊活中の女性だけでなく妊娠してからも移動手段として使いやすい乗り物ですよね。

ただ妊娠中については、運転中に不測の事態が起きる可能性もあります。
すぐに対応できるようにできるだけもう一人同乗をお願いしたほうがいいですし、男性が同乗する場合は近くの病院の情報などをチェックしておくことをおすすめします。

②バス

バス

気軽に利用できる移動手段であるバス。
最近はノンステップバスなど、妊婦やお年寄りに嬉しい設計のバスも増えているため、妊娠中でも体に負担をかけずに乗ることができるかと思います。
ただ、最近はバスに乗ったことがないという人も増えてきている様子。
男女ともに、妊活中からバスの乗り方に慣れておいたほうがいいかもしれませんよ。

③タクシー

タクシー

普段の生活でタクシーを使う習慣がある人はあまりいないと思いますが、免許を持っていなかったりして自動車を簡単に使えない場合、タクシーも移動手段として候補に入れておく必要があります。
タクシーというと高額なイメージがありますが、何人乗っても料金が変わらないのが魅力。
同じ方向に行く人を2~3人募れば、割り勘でお安く済むかと思います。

④徒歩

手をつなぐ妊婦さんと夫

妊活中の移動手段を色々とご紹介してきましたが、最終的に一番安全なのは徒歩です。
免許も必要ありませんし、スピードも出ませんから事故の心配がほとんどありません。
散歩は妊活中・妊娠中ともにストレス発散になりますし、簡単なウォーキングでも運動になりますから妊娠しやすい身体作りにも役立ちますよ。
パートナーと一緒に歩くことで絆も深まってくるかと思います。

妊活中、頻繁に長時間でなければ男性も自転車に乗って大丈夫!

男性が妊活中に自転車に乗るのは控えたほうがいいというお話をしましたが、そうは言ってもどうしても自転車に乗りたい…そんな場面もありますよね。

何事も程度の問題で、男性が自転車に乗るのも適度であれば問題はありません。
例えば、1日に5分ほど自転車に乗ったからといって直ちに睾丸に影響があるかと言えばそんなことはないんですよ。

多少であれば男性が自転車に乗っても妊活に影響はありませんから、ぜひ無理のない範囲で乗るようにしてみてください。

妊活中は自転車と上手く付き合おう!

妊活と自転車との関係について、いかがだったでしょうか。

東日本大震災以降、その利便性が見直されてきた自転車。
でも、あまりに乗りすぎると妊活に影響が出る可能性もありますから、普段の生活とのバランスを考えて一番良い移動手段を選ぶようにしてみてくださいね。

毎日の生活から体の基盤を整えて、妊活を成功に導いていきましょう!