妊活中にりんごジュースを飲んでも大丈夫?果汁100%がオススメ?

妊活中のりんごジュースはOK?

考え込む女性

妊活中は、食べ物や飲み物によっては控えたほうがいいものもあります。
果物でも体を冷やすようなものは食べるべきではないというものもあり、りんごジュースはどうなのか気になる人がいるかもしれませんね。

でも、妊活中のりんごジュースは基本的に問題はありません。
摂り方にさえ気をつければ、妊活にも効果が期待できます。

そもそもりんごジュースとは?

りんごジュース

りんごジュースはりんごを圧搾して得た果汁によって作られるもので、そのままりんごを絞ったジュースであれば生で食べるのと栄養分が変わりません。

市販のりんごジュースには、透き通った色の透明果汁と白濁している混濁果汁のりんごジュースがあり2つの違いはろ過をしているかどうかになります。
果汁を還元して作られている透明果汁は長期保存が可能なのが特徴です。

また濃縮還元のりんごジュースをよく見かけますが、濃縮還元は果汁100%ではなく果汁の濃度が100%であり、凝縮した果汁を300~400%に濃くして更に塩分や砂糖を加えた水で100%に還元したものです。

ですから、濃縮還元のりんごジュースは果汁100%ではないため多くの糖分を含んでいることになります。

妊活にあまり影響しないのでほどほどに飲んでも大丈夫!

妊婦さん

妊活中は体に良くないものを控えたいと思いますよね。
でも、りんごジュースは妊活にはあまり影響がないのでほどほどに飲むことは可能です。

ただ、市販のりんごジュースには砂糖が入っているものもあるため、りんごジュースの飲み過ぎで糖分を過剰摂取してしまう可能性があります。

ですから、妊活中にりんごジュースを飲むなら100%果汁のものを選ぶようにしましょう。

りんごジュースにはこんな嬉しい効果がある!

お医者さんと女性

実はりんごジュースの原料であるりんごは妊活に効果的な栄養素がたくさん含まれています。
主な妊活に嬉しい栄養素としてはビタミン類.カリウム.カルシウムなど。

また、りんごにはポリフェノールが豊富に含まれていて強い抗酸化作用があることも特徴です。

りんごを使ったりんごジュースの抗酸化作用によって体の酸化が防げれば、子宮や卵巣の老化防止にもつながり妊活に効果が期待できます。

ただしりんごジュースの飲み過ぎは厳禁!

バツをする妊婦さん

りんごジュースが妊活に効果が期待できますが、飲みすぎると逆に悪影響を及ぼす可能性があります。

前述のように砂糖などが使用されているりんごジュースの場合は当分の過剰摂取につながりますし、りんご自体も糖分があるため思いがけず大量に糖分を摂取してしまうこともあります。

また、りんごジュースなどのフレッシュジュースをたくさん飲むと体の冷えにつながり、妊活には悪影響を及ぼします。

また、妊活中にりんごジュースを摂取しすぎることで妊娠後に妊娠糖尿病や妊娠中毒症になるリスクが高くなります。

 

りんごジュース以外に、妊活中にオススメの飲み物は?

パソコンを見る夫婦

妊活中にりんごジュースもいいですが、飲みすぎによる注意点もあります。
そこでりんごジュース以外に妊活中にオススメな飲み物は、たんぽぽ茶です。

たんぽぽ茶はハーブティーの一種で、タンポポの葉や茎を材料にして作られています。

たんぽぽ茶には多くのビタミンやミネラル分が含まれていて、健康や美容に効果が高いお茶として知られていますが妊活にも高い効果が期待できます。

特にホルモンバランスを整える効果や排卵機能を活性化させる作用もあると言われていて、妊活中の女性にはオススメの飲み物です。

妊活中のりんごジュースはほどほどにしておこう!

いかがでしたか。
妊活中にりんごジュースの飲用は可能なのかどうかを説明しました。

りんごジュースには抗酸化作用があり妊活に効果が期待できるため、妊活中の飲用もほどほどなら大丈夫ということでしたね。
ただし、過剰に摂取すると思わぬ悪影響を及ぼすことがあり注意が必要です。

また、糖分が多く含むりんごジュースも市販のものにはたくさんあるため妊活中にりんごジュースを飲むなら果汁100%のものを選びほどほどに飲むようにしましょう。