50才を過ぎても妊娠はできる!50代女性が行いたい妊活法はコレ

50代から妊活を始めても妊娠の可能性はあります!

授乳中の赤ちゃん

50代になっても、閉経していなければ妊娠のチャンスはあります。

とはいえ、50代であっても誰もが生理さえあり排卵があれば妊娠できるというわけではありません。

50代での妊娠の可能性や心配事など知識を深め妊活に活かしましょう。

妊娠はいつまでできるの?

聴診器をあてられる妊婦さん

女性はも50代であっても妊娠は閉経を迎えるまで可能です。

日本での最高齢の出産例としては60才の女性が体外受精で出産に成功しています。

正常に排卵があれば自然妊娠、体外受精などで妊娠の可能性があるわけですが、卵子の数も減少しており、若い頃に比べ卵子の質も低下しているうえ、子宮の状態も悪くなっていきますので可能性があるというだけで、実際の妊娠の確率はけして高いものではありません。

50代で妊娠できる確率は?

妊婦さん

では50代で妊娠できる可能性はどれくらいなのでしょうか。

50代での自然妊娠は約1%ほどとかなり低く、人工授精でも5%以下だと言われています。
かなり低い確率なので当然、楽観視することはできません。

なぜ50代での妊娠できる可能性がこんなに低いのかと言うと、高齢になるほど必要な卵子の数は少なくなり卵子の質が低下していきます。

また子宮の内膜が薄くなるため、妊娠に至るのが難しくなるからです。

50代での出産にはリスクも存在します

せっかく妊娠できたとしても高齢出産には、母体にも赤ちゃんにも必ずリスクが伴います。

それとどう向き合うことができるかがとても大切なことなのです。

①染色体異常の可能性が上がる

高齢の妊娠では染色体異常の可能性が上がってしまいます。
35歳以上からどんどん可能性は高くなり40歳以上では2.38%の確率に上がります。

染色体異常があると子どもは先天性の障害や病気の原因になることが多く、また妊娠できたとしても流産のリスクまでも上がってしまいます。

これは妊娠中に転んでしまったとか、ストレスがあったなどとはまったく関係ありません。

②母体へのリスクも高くなる

高齢出産では妊娠高血圧症候群や難産のリスクが高まります。

妊娠高血圧症候群になると、むくみ、蛋白尿、高血圧などに症状がでます。
どれも深刻になると、妊娠を継続することができなくなってしまいます。

また、産後の体力回復の速度もかなり落ちてしまいます。

対策としては早期発見はもちろんのこと食事や栄養に気をつけ体重管理をしなくてはなりません。

50代の女性が行いたい妊活法

OKを出す女医さん

50代で妊娠する可能性を高めるため、50代の女性には行うとよい妊活法があります。

妊活は日々の生活で継続して行ってこそ効果があらわれやすくなります。

①妊娠するための体力の維持

50代は当然ながら体力が衰えている時期のため、出産・妊娠に耐えられる体力を維持することがとても重要になります。

母体あってこそ妊娠が継続されますし、産後の回復も悪くなるので体力の維持は重要です。

かと言って、極端な負担の運動をしなければならないわけではありません。

軽い運動でも十分に体力は維持できます。なにより大切なことは体力が維持できるよう毎日、運動を継続することです。

②ストレスの解消

50代からの妊娠には様々なリスクがあるので不安やストレスが溜まりやすくなります。
なかなか思うよう進まない妊活は大きなストレスとなります。

ストレスは血流を悪くし、自律神経が乱れホルモンバランスが崩れる原因になり、子宮の働きが悪くなったり、生理不順になるなど妊娠に与える影響は決していいものではありません。

ストレスを抱え込んだりしないよう、妊活の悩みを相談するなど対策が必要です。

③妊娠の効果のある栄養素の摂取

妊活で摂りたい栄養素として鉄分や亜鉛・たんぱく質などがあげられます。

鉄分は血液をつくり、亜鉛は不足すると赤ちゃんの奇形や発育不良の原因になる可能性があります。またたんぱく質は赤ちゃんの脳や筋肉などを作ります。

これらは通常の食生活で補うにはなかなか難しいので、サプリメントなどをうまく利用して効果的に栄養素を摂る必要があります。

50代から妊活を行う女性には葉酸サプリがオススメです!

葉酸サプリ

妊活中に必ず摂取したい栄養素に葉酸があります。

葉酸には先天性障害や染色体異常、そして妊娠高血圧症候群などを防ぐ効果が期待できます。母子ともに頼りになる栄養素です。

葉酸の摂取方法として、通常の食生活の改善をすることが一番ですが、必要な量の葉酸を摂取するのはなかなか難しいので手軽に摂取できる葉酸サプリメントをオススメします。

妊活中に必要な栄養素が詰まった葉酸サプリメントは50代の妊娠をしっかりとサポートしてくれます。

50代でも諦めずに妊活に取り組んでみましょう!

50代に限らず女性にとって妊活は、赤ちゃんを迎えたいという目標にむかって時にはストレスを感じずにはいられないこともあります。

高齢になるほど妊娠できる確率も下がっていくので尚更です。

医学でできることに加えて、自分でできる妊活を積極的にすることで妊娠の確率があがります。

無理はせず、ですが諦めることなく継続することが大切です。
50代でも諦めず、コツコツを妊活に取り組んでいきましょう。

この記事のカテゴリー: カテゴリー妊活