妊活に豆乳は効果ある?それとも悪影響なの?徹底調査!

豆乳は妊活に効果的?真実を徹底解説!

赤ちゃんができないときに気になるのが、妊娠・出産にかかわる女性ホルモンの存在です。豆乳には女性ホルモンの代替えとなる成分が含まれていて、生理不順の改善などに効果的だといわれていますが、妊活にも効果的なのでしょうか?

今回は豆乳の栄養や効果・効能を解説しながら、妊活への役立て方をご紹介していきます。

豆乳が妊活に効果があると言われる理由は?

豆乳は水に浸して柔らかくした大豆を茹でてから磨り潰し、繊維質を濾して作った食品。豆腐などの大豆加工品の原料になるほか、牛乳などの代替としてそのまま、もしくは砂糖やフルーツなどの味つけをした飲み物としても人気があります。

身近なスーパーでも手に入る豆乳は、次のような理由から妊活に効果的だといわれています。

エストロゲンが含まれている

豆乳には大豆由来の「大豆イソフラボン」が豊富なのですが、この成分は体内に入ると女性ホルモンの一つである、エストロゲンと同じ効果を発揮します。卵胞ホルモンとも呼ばれるエストロゲンは卵胞の成長を促がし、頸管粘液を分泌させながら子宮内膜を厚くする役割を担っていますから、豆乳は妊娠しやすい体作りに役立ちます。

大豆イソフラボンには抗酸化作用もあるので、体の老化を予防して、質の良い卵子を作るのにも効果的です。

豆乳は栄養豊富なため健康な体を作ってくれる

女性3人

大豆は「畑の肉」と呼ばれるほど、栄養が豊富な食べ物で、豆乳には大豆の良質なタンパク質や脂質がそのまま含まれています。

悪玉コレステロールを分解するレシチンのほか、妊娠初期に積極的に摂ることが推奨されている葉酸が属するビタミンB群やビタミンE、カリウムやナトリウムなどのミネラルも摂取することができるので、妊娠しやすい、健康な体をサポートしてくれます。

豆乳に含まれる美容成分とは?

女性

豆乳に根強い人気があるのは、妊活だけでなく女性の美容にも良い食べ物だからです。豆乳に含まれるビタミンB群は肌の新陳代謝を促す、美肌に欠かせない栄養ですし、ビタミンEは血行を良くして、肌にハリや透明感を与えてくれます。

豆乳には大豆イソフラボンと同様に抗酸化力のあるサポニンという成分が含まれていますので、アンチエイジンにも効果的ですし、スムーズな排便を促すオリゴ糖も摂れるので、肌荒れなどの改善にも効果的です。

豆乳が妊活に悪影響と言われる理由は?

豆乳はカロリーが低く、体に良い不飽和脂肪酸を含んだ理想的な食材ですが、その反面、摂りすぎれば次のようなリスクもあります。

豆乳は体温を下げる

お腹をおさえる女性

意外かもしれませんが、豆乳は体を冷やす食材です。豆乳に含まれるカリウムは体内の不要な塩分を排出するだけでなく、発汗・利尿作用を促がして、体温を下げる役割を担っています。

卵巣や子宮などの生殖器官は冷えに弱いので、妊活中に豆乳を摂りすぎると、妊娠しにくくなってしまうのです。

大豆イソフラボンによるホルモンバランスの乱れ

眠る女性

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの替わりになり、生理痛や更年期障害などを緩和する作用がありますが、効果が高いのは考えものです。なぜなら、大豆イソフラボンがあることで脳の視床下部が誤解をして、本来排出されるべきエストロゲンの分泌にストップをかけてしまうからです。

当たり前のことですが、エストロゲンが分泌されないと排卵はおきません。妊活に役立つ成分であっても、大豆イソフラボンの過剰摂取が続くと不妊を招くリスクがあることは、しっかり理解しておきましょう。

豆乳を過剰摂取してしまうとどんな影響が?

お腹をおさえる女性

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは「植物性エストロゲン」とも呼ばれ、適量であればエストロゲンを補い、エストロゲンの過剰分泌を防いでくれます。ですが、過剰摂取を続けているとホルモンのバランスを乱してしまうことも!

単純に妊娠しにくくなるだけでなく、過剰摂取で子宮内膜症やポリープなどの重大な婦人疾患を引き起こすという指摘もされていますので、妊活中でなくても、豆乳の過剰摂取には注意が必要です。

一日飲んでいい豆乳の量はどのくらい

バツをする妊婦さん

女性の体の健康のために摂取して良い大豆イソフラボンの目安は、1日あたり70~75mgです。商品によって成分量は違いますが、豆乳であれば1日1~2本、200~400mlが目安ですから、妊活中は1日1本を目安に豆乳を飲むといいでしょう。

【豆乳の飲み方】温めるor常温or冷やす?どれが一番いい?

妊婦さん

豆乳は独特の青臭みがあり、冷やして飲む方が飲みやすいと感じる人が多いのですが、豆乳自体に体を冷やす作用があるので、妊活中は冷たいまま豆乳を飲むのはおすすめできません。できるだけ常温か、温めて飲みましょう。

常温であっても、コーヒーなどにクリーム代わりに少量加えるぶんには匂いは気になりませんし、甘みをつけてホットラテにすると飲みやすいですよ。

料理に入れると豆乳は効果が変わる?

豆乳をそのまま飲むのに飽きたら、味噌汁に入れるなど、調理などに使うのも効果的です。過熱すると栄養素が壊れてしまうと考える人も多いのですが、そもそも豆乳は加工する際に過熱されていますので、調理の熱で栄養が変質することはありません。

逆に過熱することで栄養の吸収率が良くなるというメリットもあるのですが、熱でたんぱく質が固まりボソボソとした食感になってしまうので、あまり沸騰させないように調理をしたいですね。

豆乳は過剰摂取だけには注意が必要!

豆乳は妊活中の女性の体に良いだけでなく、悪い影響を与えるリスクもある食材です。大豆イソフラボンは豆乳だけでなく、豆腐や厚揚げなどの大豆加工品や、大豆を原料とする味噌などの調味料にも含まれていますから、あわせて過剰摂取にならないよう、妊活中は豆乳を飲む量を調整していきましょう。

この記事のカテゴリー: カテゴリー妊活中