妊活には養命酒が効果テキメン!それって本当なの?

養命酒が妊活に効果があった?!

妊婦さん

養命酒が妊活に効果があるのか、とても気になるところですが、当然ながら飲むことで必ず妊娠できる万能薬ということではありません。
ではなぜ養命酒が妊活に効果があるのかというとまず、養命酒は栄養価が高く、体調を改善する効果が期待できるという点にあります。
体調が改善されることで、妊娠しやすい体に整えられれば、妊活への効果が高まるということです。

妊活中の女性にとって体の冷えは切実な問題です。また生理不順では排卵にも影響がでてきます。
養命酒に含まれている生薬は体の血のめぐりをよくしてくれますので、血行がよくなることで、結果的に卵巣や子宮など妊娠に重要な生殖器の機能を改善する効果が高まるのです。

養命酒ってそもそも何?

そもそも養命酒とは、滋養強壮作用がある薬用酒です。
販売は酒製造株式会社。
養命酒の歴史は、とても古く慶長7年(1602年)にまでさかのぼり、およそ400年の歴史を持っています。

薬用養命酒と「薬用」をうたっている養命酒は14種類もの生薬を原酒に浸け込んで作られている薬用酒です。
アルコール度数は意外に高めで14%です。これは、ワインと同じくらいのアルコール度数になります。

生薬などの薬効成分が体内で相互作用することで滋養強壮作用を発揮してくれます。その効果は主に、食欲不振や胃腸虚弱 、血色不良、冷え症、肉体疲労など様々な症状を改善してくれます。

養命酒を飲むと妊娠しやすくなるの?

養命酒を飲むことによって妊娠する確立が上がるのかどうかについてはとても気になるところですが、妊娠しやすい体質に近づく効果は十分に期待ができそうです。

生薬とアルコールの働きによって第一に血流がよくなります。血流がよくなるとまず体が温まります。
冷えの解消は養命酒の効能の1つとしてよく知られていますし、妊活の妨げになる冷えを解消できるだけでも養命酒を飲むだけの意味がありそうです。

冷えの解消は、子宮内膜を分厚くし、着床しやすい健康な子宮に整えてくれる効果があります。普段から体を冷やさない生活を心がければさらに効果は高まります。

効果の感じ方はひとそれぞれで、すぐに効果を実感できる人とそうではない人もいますが、体質はすぐに変わるものではありません。効果がないと早急に決め付け、何よりも飲むことをやめるのはとてももったいないです。

養命酒の成分

養命酒には14種類の生薬が含まれています。ごくごく少量とはいえ、その効能は妊活中の女性にとっては大きな働きをしてくれます。

成分・分量(60ml中)

イニョウカク 114mg

ウコン 36mg

ケイヒ 270mg

コウカ 12mg

ジオウ 60mg

シャクヤク 60mg

チョウジ 4mg

トチュウ 18mg

ニクジョヨウ 48mg

ニンジン 60mg

ボウフウ 96mg

ヤクモソウ 48mg

ウショウ 549枚

ハンピ 12mg

添加物 みりん、アルコール、液状ブドウ糖、カラメルをなど。
アルコール分14vol%

不妊症にも養命酒は効果があるの?

考え込む女性

もし不妊の原因が、冷えであったり生理不順、貧血など女性の体調不良によるものであれば、養命酒を飲むことによって体調が良くなることで妊娠の可能性を高める効果を期待することができます。

ただし、女性の体調不良が原因ではなく排卵が順調にされていない、子宮や卵管に問題がある場合などは、病院での検査・治療が必要であると言えます。

その際、養命酒は問題なければ継続して飲むことで体の調子を整えるサポート役として活用してみてください。

養命酒に含まれるアルコールは大丈夫なの?

ワインで乾杯

養命酒には、思っている以上のアルコールが含まれています。通常に飲むお酒とはまったく異なりますが、アルコール分が14%含まれています。これは日本酒やワインと同程度となります。

アルコールにとても弱い体質の人や、加療中の人、薬を服用中の人などは、医師や薬剤師または登録販売者に相談をしましょう。

意外と知られていませんが、アルコール度数が高いため、自動車の運転前の服用も控えましょう。

養命酒の正しい飲み方と分量はこれ!

頑張るポーズをする妊婦さん

養命酒の正しい飲み方には4つのポイント。

●1回の分量は20mL。
シナモン系のナチュラルな香りが甘く、初めての方でも比較的飲みやすいです。

●1日3回、食前・就寝前に飲んでください。
ゆるやかに効果が出る滋養強壮剤です。少量を継続して飲むことで、効きめがあらわれます。

●1,000mLボトル1本を飲みきる目安は約16日間。
養命酒は医薬品です。1本を飲みきる目安としては、1,000mL入りの養命酒なら約16日分、700mL入りなら約12日分です。

●毎日、コツコツと飲んでいくのが秘訣です。
健康は毎日の継続による結果です。毎日、コツコツと飲みましょう。

養命酒はどんな人にオススメ?

仕事に向かう妊婦さん

男性・女性に限らず未病(みびょう)と言われる病院へ行くほどではないけれど、体の疲れが取れない、胃腸の調子が悪いなど、なんとなく不調を抱え続けている状態の人に養命酒はオススメです。

ちょっとした不調ならと我慢しがちですが、日々の疲れや不調のサインを見て見ぬ振りをしていた人に習慣づけて欲しいのが養命酒です。

特に妊活中の女性であれば、冷えの改善に効果が期待できる養命酒を飲むことで、血流がよくなり体の内側から体の調子を整えるサポートしてくれます。妊活中の夫婦2人で飲んで、一緒に体調を万全にするのもオススメです。
夫婦のどちらかだけが健康でも妊活はスムーズにいきません。目的が同じなら飲み忘れも防ぐことができます。アルコール度数が高いので未成年者は飲むことができませんが、家族で飲んで健康増進に役立てましょう。

養命酒だけに頼らずバランスのいい食事や運動も心がけよう!

養命酒は、14種類の生薬を含む滋養強壮剤です。医薬品ですので毎日、継続して飲むことで体質の改善が期待できますが、万能薬ではありません。

栄養をを含んでいるわけではありませんので、ベースとなる体を作るきちんとした食事と適度な運動は欠かせません。食欲や運動をする気力を養うための滋養強壮剤ですので、養命酒で滋養をつけ、自身の体作りに大いに役立てましょう。

食事や運動と同じように、養命酒も毎日の積み重ねによって最大限の効果を期待することができます。妊活も同じく、1日で妊娠に近づける体を作ることはできません。
健康で意欲的な妊活を進められるよう、上手に養命酒を活用しましょう。

この記事のカテゴリー: カテゴリー妊活中