妊活本・妊活雑誌のオススメ11選【妊活中の人は必見】

為になる!元気になる妊活本を紹介!

赤ちゃんが欲しくて悩んだとき、まず考えるのは、「他の人は、どうしてるの?」ということではないでしょうか?そういったときに頼りになるのが、妊活系の記事をまとめた本や雑誌です。

今回は妊活初心者さんの良いガイドになり、妊活に取り組み中のプレママにも助けになる、おすすめの妊活本や雑誌などについてご紹介していきます。

妊活本はどんなものがあるの?

妊活本とは、妊娠するためのさまざまな方法についてまとめた、本や雑誌のこと。赤ちゃんが欲しいカップルにおすすめの読み物なのですが、それぞれのタイプに分けて、次のような種類があります。

  • 不妊の原因や治療方法
  • 妊娠しやすい体作りについてまとめた本や雑誌
  • 妊活のストレスを軽減させてくれる読み物
  • 芸能人などの先輩ママの体験・告白集

妊活にオススメの雑誌【2選】

赤ちゃんが欲しくて悩んでいる、妊活について知りたいと考えたとき、一番手に取りやすいのは雑誌です。写真も大きく、読んでタメになるおすすめの雑誌を2つご紹介していきましょう。

妊活たまごクラブ(ベネッセコーポレーション)

妊活たまごクラブの表紙

それぞれのテーマで特集を組み、不妊の改善方法や体作りなどについて写真付きでわかりやすくまとめています。妊活に取り組んだ芸能人などのインタビュー記事も多く、読みやすい内容です。

【オススメな人】

育児系の情報も多く、妊活に興味のある人から、今現在不妊治療中の人にもおすすめです。

赤ちゃんが欲しい(主婦の友社)

赤ちゃんが欲しいの表紙

こちらは幅広年代の女性向けのさまざまな情報誌を出版している、主婦の友社の妊活情報誌。全国の書店やネット通販で1,100円(税抜き)で購入できるだけでなく、電子書籍でも読むことができます。
【内容】

季刊雑誌なので、それぞれの季節に応じた特集を組み、さまざまな妊活の情報を内容濃くまとめています。妊活中のカップルの体験談や、医療関係者からの情報も豊富です。

【オススメな人】

妊活初心者から経験者まで幅広く読めますが、情報量が多いので、妊活の詳細な情報に興味がある人や、本好きな人におすすめです。

妊活をする時にはじめに読む本【3選】

本格的に妊活を始めようとしても、なかなかいきなり病院へは行きにくいですよね。そんな時は、こちらの妊活本が参考になりますので、ぜひ読んでみてください。

 

妊活スタートBOOK 2017

妊活スタートブック2017の表紙

こちらは主婦の友社の妊活雑誌、「赤ちゃんが欲しい」掲載の情報をもとにまとめられた、最新の妊活情報を満載しています。本体価格は800円(税抜き)ですが、発売が2016年12月なので、書店にない場合はネット通販で購入するか電子書籍で読んでください。
【内容】

これから妊活を始める人向けに、不妊治療にかかる費用や病院選びのコツ、妊活に成功したママたちの体験談も掲載しています。

【オススメな人】

妊活情報だけでなく、人気占い師が鑑定した最強カラーなどの解説記事もあり、妊娠初心者だけでなく、実際に妊活中で気分が沈みがちな人でも楽しく読めます。

不妊治療を考えたら読む本 科学でわかる「妊娠への近道」 

 

「妊活への近道」表紙

こちらは講談社ブルーバックスから出版されている妊活本。全国の本屋などでも900円(税抜き)で購入できますが、講談社BOOK倶楽部のホームページでも試し読みができますので、チェックしてみてください。

【内容】

妊活や不妊治療に関して初心者が抱きやすい疑問を、不妊治療医と出産ジャーナリストがわかりやすく解説した本。妊活の方法について科学的根拠を示してくれるので、信頼できる参考書です。

【オススメな人】

これから妊活を始めようとする人だけでなく、治療に行き詰まっている人までおすすめできます。男性にも是非読んでもらいたい妊活本です。

妊活超入門 赤ちゃんができる7つの習慣

「妊活超入門」の表紙

妊活超入門 赤ちゃんができる7つの習慣」は、Kindleの電子書籍です。Amazonの通販サイトから、税込500円で購入できます。

【内容】

助産師でり、臨床心理士でもある筆者が、実際のプレママ達の悩みを分かりやすく解きほぐし、赤ちゃん授かる方法を分かりやすく解説しています。

【オススメな人】

専用の無料アプリをダウンロードすれば、いつでも、どこでもタブレットなどで読めますので、仕事などで忙しい人におすすめです。

 

妊活中に気持ちが楽になる・元気が出る本【3選】

妊活中はとにかく不安で、迷ったり、悩んだりするものです。そんな時に読めば元気になれる、おすすめの妊活本を3つご紹介していきます。

こころとからだを癒すがんばらない妊活のすすめ

「頑張らない妊活のすすめ」の表紙

こちらはセルバ出版から発売されている、実用書です。全国の書店の店頭や、Amazon・楽天などの通販サイトから税込1,512円で購入できます。
【内容】

薬剤師・不妊カウンセラーである筆者が、子宮や卵巣などの女性機能を高める漢方的養生法を紹介しながら、妊活初心者が抱きやすい妊活の疑問を丁寧に解説しています。

【オススメな人】

妊娠しやすい体作りのために、体に良い食事の仕方など、レシピ付きで解説していますので、健康に不安を感じている人や、新米主婦にもおすすめです。

半年以内にママになる妊娠セラピー

「半年以内にママになる妊娠セラピー」の表紙

こちらはタブレットなどで読める、Kindleの電子書籍。Amazonの通販サイトから、税込2,500円で購入できます。
【内容】

カウンセリングを始めて1年半で15組のカップルを妊娠に導いた実力派の妊活カウンセラーが、不妊とストレスとの関係を詳しく解説し、不安な気持ちの改善方法を紹介しています。

【オススメな人】

不妊の方法は人それぞれで違うのですが、周りが気になってしまった女性や、なかなか赤ちゃんを授からなくてイライラしている妻への対応に悩んでいる男性にもおすすめです。

週末妊活のすすめ ムリなく授かる50のヒント

「週末妊活のすすめ」の表紙

「週末妊活のすすめ ムリなく授かる50のヒント」は、主婦の友社から1,200円(税抜き)で出版されています。書店で購入するだけでなく、電子書籍もありますので、参考にしてみてください。
【内容】

現代生活に見合った妊活方法である「週末妊活」をおすすめする泌尿器科医師が描いた妊活本で、夫婦でストレスゼロで妊娠を目指す指南書です。

【オススメな人】

男性医師の立場から、排卵日EDやセックスレス不妊などについても解説していますので、不妊に悩む男性だけでなく、女性にも参考になります。

 

是非読みたい!芸能人の妊活本【3選】

最後にご紹介するのは、芸能人などの体験談をまとめた妊活本です。日頃テレビで見かける有名人でも、妊活に悩んでいるということを知ると、自分も前向きになれますよね。

森三中・大島美幸の日本一、明るくまじめな妊活本!

森三中・大島美幸の日本一、明るくまじめな妊活本!

自分自身の出産シーンも、面白おかしく感動的にテレビで伝えてくれた人気女性芸人、森三中・大島美幸さんが、自分自身の長い妊活生活いついてつづった体験記です。

【オススメな人】

「妊娠できない」という深刻な悩みがつづられているのですが、明るく吹き飛ばしてくれる表現が使われているので、妊活に悩む女性の心を明るくしてくれます。

妊活ダイアリー Fromブス恋

「妊活ダイアリー Fromブス恋」

こちらはマガジンハウスから出版されている、男性目線で書かれた妊活本。全国の書店やネット通販で、税込1,296円で購入できます。
【内容】

こちらは先にご紹介しました、大島美幸さんの旦那様、放送作家の鈴木おさむさんが書いた妊活本です。妻の妊活休業宣言から出産に至るまでのエッセイで、不妊に悩む女性を支える男性に必要なことを教えてくれます。

【オススメな人】

不妊は夫婦そろって行うものという筆者の言葉通り、不妊に悩む男女両方におすすめですが、男性心理を理解して不妊を克服するためにも、ぜひ女性に読んでほしい妊活本です。

不妊」じゃなくて、TGP 私の妊活日記

「「不妊」じゃなくて、TGP 私の妊活日記」の表紙

主婦の友社から出ている「「不妊」じゃなくて、TGP 私の妊活日記」は、全国の書店でも税込1,404円で購入できますが、楽天Kobo 電子書籍版でも1,080円で電子書籍が購入でき、便利です。
【内容】

主婦の友社の雑誌「赤ちゃんが欲しい」を中心に、自身の妊活を通して推奨するTGP(=Trying to Get Pregnant)、妊娠しようと前向きにがんばるコツについて紹介しています。

【オススメな人】

タイミング法などの不妊治療の知識についてだけでなく、明るくポジティブに生活しながら妊活する方法についても解説しているので、妊活にちょっと疲れてしまった人も、読んでみてはいかがでしょうか。

夫婦で読むことが大事!まずは雑誌から!

赤ちゃんを産み、育てることは夫婦で協力していくことですから、不妊に向き合うこと、妊活のことを知るのも夫婦揃ってがベストです。ただし、内容が女性向きの妊活本は、男性には理解しにくく、ちょっと抵抗感があるかも。

始めは内容的にも男性が共感しやすく、読みやすい妊活系の雑誌から始めて、2人で妊活の知識を増やしていきましょうね。

気になる本があったら早速読もう!

赤ちゃんができないことに不安を抱えているとき、不妊治療に取り組んでいるときに一番避けたいのは、一人で悩みを抱えることです。

妊活系の本や雑誌は妊活の知識を増やすだけでなく、悩みを知らない相手と共有することで心配事を取り除く効果が期待できますから、気になる本や雑誌があったら、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事のカテゴリー: カテゴリー妊活中