タイミング法で不妊治療をしよう!平均期間と有効回数は?

タイミング法で不妊治療を始めよう!期間は?妊娠する確率は?

本格的な不妊治療の第一歩は、タイミングから始まります。赤ちゃんを望む気持ちは強くても、不妊治療には「難しい」とか、「大変」というイメージを持つ女性は多いですよね。

そういった不安を抱え込むのも、妊娠の成功率を下げる一因になってしまうかもしれません。今回はこういった不安を軽減するためにも、実際に不妊治療を始める前に知っておきたい、タイミング療法の成功率や治療期間、必要な費用などについてご紹介していきます。

タイミング法のおさらい

「タイミング法」とは、排卵などの周期から妊娠にベストな時期を割り出し、最も妊娠しやすいタイミングを計って性交を行う不妊治療のこと。

卵子が卵巣から排出されるのは、1ヶ月のうちで1回のみ。しかも、卵子の寿命は排卵されてから最長でも24時間と短いので、少ないチャンスをいかにいかすかが重要になります。受精できるタイミングを計ることは、赤ちゃんをお腹に宿すためにもとても大事なことですし、不妊の原因追及にも繋がります。

タイミング法の始める時期はいつがいいの?

排卵周期を知る方法としては、基礎体温を測ることが基本です。生理不順などのため、体温の変化だけでは排卵日が特定できない場合には、卵巣の超音波検査や、尿中の黄体形成ホルモンの量をはかるホルモン検査などが行われます。

夫婦の年齢も、不妊に大きな影響を与えます。夫婦の年齢が自然妊娠の確率が高い35歳以下であれば、赤ちゃんを欲しいと意識して性交をしているのに6ヶ月以上妊娠しない場合に、35歳以上であれば期間を問わず、医師に相談をしてタイミング法を始めるといいでしょう。

タイミング法で不妊治療を始める!続ける期間と回数はどのくらい?

積極的にタイミング法に取り組んでも、残念ながら、赤ちゃんは授かりものです。タイミング法で赤ちゃんを授かるチャンスは、1ヶ月に1回だけ。何回トライすれば妊娠ができると、はっきり断定することはできません。タイミングをはかって、根気よく治療に取り組むしかないのです。

ただし、不妊の期間が長引くほど母体の年齢が上がり、妊娠しにくくなるというリスクはあります。母体が35歳未満であれば、タイミング法を6~8ヶ月は続ける価値があるのですが、35歳以上の場合には、6ヶ月がタイミング法の治療期間の目安だといわれています。

タイミング法にかかる費用はどのくらい?

タイミング法は素人でも簡単に取り組め、大きな費用がかからないのも魅力的な治療法です。大がかりな検査もなく、医師による指導を受けるだけであればそれほど費用は掛かりません。多くの場合は保険が適用されますので、1回2,000~3,000円程度の費用で済むことが多いようです。

ただし、タイミング法にかかる費用は、病院によっても大きな違いがあります。排卵日を特定するために超音波検査やホルモン検査を何度も受けたり、排卵を誘発する薬を処方してもらう場合には、保険が使えず、1回1~2万円程度の費用がかかることもありますので、治療を受ける前に、費用については病院にしっかり確認をしておくことをおすすめします。

不妊治療中のカップルがタイミング法で妊娠する確率は?

タイミング法で赤ちゃんを授かる確率は、平均的には30~40%といわれています。ただし、これは夫婦の年齢や不妊の原因、子宮の環境や卵子・精子の室にっ寄っても左右されるので、必ずしも数値では表すことができないというのが実情です。

タイミング法による妊娠確率は、母体の年齢が上がるほど低下します。40歳を過ぎると妊娠率は20%以下になってしまうデータもありますので、タイミング法は赤ちゃんが欲しいと意識し出したら、早いうちに取り組むことが大事です。

もし一定期間続けても妊娠しなかったら……?

夫婦の年齢にもよりますが、医師の指導や検査を受け手タイミング法を始め、半年以上たっても良い結果が得られない場合には、より高度な不妊治療に進むかどうかの検討が必要になります。

と聞くと、不安になってしまうカップルも多いのですが、タイミング法はあくまでも不妊治療のファーストステップです。これで良い結果が得られなくても、人工授精や体外受精などの、より高度な医療技術が確立されています。

タイミング法がうまくいかない場合でも焦らず、医師の説明をしっかり受けて次の治療へとつなげていきましょう。

焦らずコツコツと不妊治療を続けることが大事!

タイミング法は誰でも取り組みやすく、女性の体にも、精神面でも大きな負担のかからない不妊治療の方法です。妊娠の確率も高いのですが、タイミング法は基本的には自然妊娠。焦らずに、お医者さんやパートナーとの信頼関係を築きながらコツコツ取り組むことが大事ですよ。

タイミング法に取り組んでいるからと言って、油断するのも好ましくありません。まず母体が健康であることで望みの結果が得られますので、不規則な生活を改善し、バランスの良い食事を3食しっかり摂り、充分な休息をしてストレスをなくすなど、タイミング法以外の妊娠しやすい体つくりにも、積極的に取り組んでいきましょう。