30代は妊娠のターニングポイント!オススメの妊活法を紹介!

30代は妊活の力の入れ時です

妊活を進めていく中でどうしても気になるのが年齢ですよね。
特に30代を迎える人の中には、妊活について色々考えてしまう人も増えてくるかと思います。

そう、実は30代は妊活にとってかなり大きな意味を持つ年齢。
ターニングポイントとも言える時期なんです。

今回は30代における妊活について、色々な方向から考えていくことにしましょう。

30代は妊娠の折り返し地点

眠る女性

30代は妊活におけるターニングポイント。
折り返し地点とも言えるかもしれません。
その理由を考えていきましょう。

①30代前半から卵巣の衰えが始まる

20代までは発達していた女性の体も、30代前半からは少しずつ衰えが始まります。
中でも卵巣の衰えが始まることは、妊活においては見逃せません。
卵巣が衰えると排卵に支障が出たり、卵管の異常を招くこともあります。
これが不妊につながることもあるとされているんですよ。

②30代後半は女性ホルモンの分泌量が激減する

30代後半になると、こんどは女性ホルモンの分泌量が減ってきます。

女性ホルモンは女性が女性であるための重要なホルモン。
これが減ってしまうことはどうしても女性の性機能を弱らせる原因になります。
ですから妊活に支障が出てしまうんですね。

30代だからこその強みもあります

30代になると妊活に支障が出やすいというお話をしました。
でも、逆に30代だからこその妊活の強みもあるんですよ。

というのも30代になると20代に比べて経済的な余裕ができますよね。
不妊治療もそうですが、妊娠・出産など妊活には経済力が物を言う部分も多くあります。
経済的な不安は多くの人にとってかなりのストレスになると思いますので、こうした点を考えると30代の妊活も前向きに思えますね。

妊娠するためには健康な身体づくりが重要です

妊活をするに当たって不利な条件も出てくる30代ですが、体の状態さえ整っていれば有利に妊活を進めることもできます。

そのためにはやはり、健康な身体をしっかり作ることが大事。
基本的な健康状態はもちろんホルモンバランスもしっかり整えておくことで、妊娠しやすい体を作ることは充分可能です。

次の項目ではそのための方法を考えていくことにしますね。

30代の女性が行いたい妊活法

30代女性でもしっかりとした身体づくりをすれば妊娠は充分可能です。
積極的に行ってほしい妊活法をご紹介しましょう。

①ストレスを溜め込まない

30代は20代よりもストレスを感じる機会も増えてくるかと思います。
でも、ストレスは妊活にとって大敵。

ストレスを受けるとホルモンバランスが乱れたり、体の冷えを招くことにもつながります。
こうしたことは妊娠に悪影響を与えますから、できるだけ控えたいものですよね。

ストレス解消の手段のひとつとしては、軽い運動がおすすめです。
ウォーキングやラジオ体操などの運動を日常に取り入れると、ストレス発散効果の他、血行を良くして冷え防止にもつながりますよ。

②身体を冷やさない

ストレスによって体が冷えるというお話をしましたが、物理的に身体が冷えてしまうことももちろんNGです。
身体が冷えるとホルモンバランスが崩れ、子宮の機能が低下することにもつながります。

寒い季節はもちろんのこと、エアコンなども冷えの大敵。
これを防ぐためにも湯船にしっかり浸かったり服装を工夫するなど、普段から冷え対策を行っていってくださいね。

③食生活の改善

30代になると食の好みが変わったり食事が不規則になる女性も増えるかもしれません。
でも食事のタイミングや栄養バランスが崩れてしまうと、生理周期やホルモンバランスの乱れを招きます。
こうしたことを防ぐためにも、基本的な食生活はしっかり整えておきましょう。
もちろん、無理なダイエットは禁物ですよ。

ただ、肥満気味の人も不妊になりやすいと言われています。
過度な栄養不足になるようなダイエットは良くありませんが、健康的な身体を作るための食事を考えることはやはり大切ですね。

妊活に効果的な葉酸に注目!

30代の女性が妊活をする時に栄養バランスが大切だというお話をしましたが、中でも注目したいのが葉酸です。

葉酸は胎児の発達に必要不可欠な成分とされていて、厚生労働省からも妊活中の積極的な摂取が勧められているんですよ。

葉酸が含まれる食べ物には、うなぎやほうれん草といったものがありますが、継続的にしっかり摂取したい時には葉酸サプリがおすすめ。
葉酸サプリなら必要な量の葉酸を手軽に摂取することができますから、不足する心配がありません。

忙しい30代の妊活に、葉酸サプリをぜひ活用してみてくださいね。

30代からは医療機関への受診も検討してみましょう

OKを出す女医さん

30代でも順調な妊活を続けることはもちろん可能ですが、自然妊娠の確率が下がってくるのも事実です。
早めの妊娠を目指すためにも、30代からは医療機関への相談も検討してみてください。

というのも、不妊治療は年齢を重ねるごとに成功の可能性も徐々に下がってきます。
また不妊治療にはある程度の期間が必要になることから、遅くに始めてしまうと妊娠がどんどん先延ばしになってしまうことも考えられるんですね。

まだ30代に入ったばかりだから…と思わずに、30代になったのを一区切りとしてお医者さんに相談してみることはかなり大切だと言えます。

30代は妊娠のターニングポイントです

30代の妊活について、いかがだったでしょうか。

30代になると、それまでとは妊活の意味が少し変わってきます。
決して妊娠が不可能になるというわけではありませんが、少し積極的に色々チャレンジしなければならないのは事実。
ぜひ、30代は妊活にとってターニングポイントであることを心に留めておいてくださいね。

あなたの妊活がうまくいくことを祈っています!

この記事のカテゴリー: カテゴリー妊活