葉酸が豊富と妊婦に話題の「スピルリナ」って一体何?

スピルリナは効率よく葉酸が取れると妊婦に話題!?

妊婦さん

あなたは最近話題のスーパーフード、「スピルリナ」を知っていますか?葉酸が豊富で妊婦におすすめだと評判なのですが、意外とその正体や効果について知らない人も多いよう。

そこで今回は、スピルリナの実態や葉酸の含有量、妊婦が摂取するときのポイントなどについて、分かりやすくまとめてご紹介します。

そもそも「スピルリナ」ってなんなの?

スピルリナの正体は、アフリカや中南米の湖に自生する熱帯の藻。幅5~8μm、長さ 300~500μm ほどのらせん型をしているので、ラテン語でらせんを意味する「スピルリナ」と名付けられました。

日本では藻を食べる習慣がないのですが、スピルリナは古来から現地の人の食料となり、その豊富な栄養で私たち人間の生活を支えてきた植物なのです。

スピルリナで葉酸はどれだけ摂取できる?

葉酸サプリ

陸上の植物と同様に光合成を行うスピルリナには、100g当たり0.02~0.25mg(250μg)の葉酸が含まれています。葉酸はレバーやホウレン草などの緑黄色野菜から摂取することが出来ますが、比較的含有量の多い鶏レバーでさえ100g当たり1.3mg(1300μg)、ほうれん草で0.26mg(260μg)しか葉酸を含有していないので、スピルリナの方が葉酸の含有量が高いといえます。

スピルリナの有効成分

ドラッグストア

スピルリナが「スーパーフード」として情報系テレビ番組やメディアで取り上げられるのは、葉酸の量の多さだけではありません。次のような栄養の面でも、優秀なのです。

良質なタンパク質

タンパク質は私たちの体を形作る、大事な栄養素。スピルリナの栄養成分の6~7割はタンパク質です。大豆と同様に低カロリーでありながら、含有量は2倍と、スピルリナは良質なたんぱく源となってくれます。

豊富なビタミン

スピルリナは葉酸以外のビタミンB群やビタミンE、ビタミンKなども豊富に含んでいます。特にβ-カロテンは突出して配合量が多く、なんとその量はほうれんそうの約70倍。加えて、消化吸収率も高く体に優しいのです。

不飽和脂肪酸

スピルリナはオリーブ油やナタネ油などに代表される、身体に良い脂である不飽和脂肪酸が豊富。その半分がリノール酸やガンマ・リノレン酸などの健康効果が高い脂質なので、肥満の予防やアレルギー症状の緩和、血中コレステロールの低下などにも効果的です。

その他の体に欠かせない栄養素

ミネラル分は体の調子を整えるためにも欠かせませんが、スピルリナは次のようなミネラル類もバランス良く含んでいます。

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • ナトリウム
  • カリウム
  • リン
  • 硫黄
  • ヨウ素
  • 亜鉛

これだけのミネラル類を、一つの食べ物でとれるものはなかなかありません。それゆえにスピルリナは、スーパーフードとしての評価が高いのです。

スピルリナが妊婦に与える効果・効能とは?

妊婦さんは胎児の健康な成長を守るために、通常時より多くの葉酸を必要としています。スピルリナは葉酸の含有量が豊富なだけでなく、その他の栄養も豊富なので、妊娠中にスピルリナを摂取すると次のような嬉しい効果が期待できます。

免疫を高める

葉酸は免疫細胞を作り出し、免疫力向上に欠かせない栄養。スピルリナにはビタミンCも豊富に含まれているので、W効果で免疫力を高めてくれます。妊娠中は平素から、免疫力をあげておくことはとても大事なことなのです。

妊娠力の向上

葉酸は妊婦さんだけでなく、赤ちゃんが欲しいと考えるプレママにも必要な栄養素。スピルリアは葉酸とともにに妊娠力を向上させるビタミンCやビタミンEもたっぷり摂れるので、子宮環境や卵子の質を向上させて、妊娠しやすい体作りをサポートしてくれます。

胎児の障害リスクを軽減

葉酸は遺伝子の複製に欠かせない栄養素。妊娠中や妊活中にしっかり摂ることで、受精卵の正常な細胞分裂を促し、赤ちゃんに無脳症や二分脊椎などの先天性の神経管閉鎖障害が起きるリスクを軽減してくれます。

スピルリナに副作用はないの?

スピルリナは古来から人間の健康に役立ってきた、天然の植物。基本的に体に害を与えるものではないのですが、含まれる栄養の種類や配合量が多いだけに、思わぬトラブルを引き起こすリスクもはらんでいます。

スピルリナに含まれる葉酸を摂り過ぎるとママの体に食欲不振や吐気、むくみや不眠などのトラブルを引き起しますし、ビタミンAに至っては、摂り過ぎると赤ちゃんの耳の奇形などの先天異常をもたらすリスクがあります。くれぐれも過剰摂取をしないよう、気を付けましょう。

スピルリナの服用方法

厚生労働省がおすすめしているのは、妊活中は0.4mg(400μg)、妊娠初期の妊婦さんには0.48mg(480μg)の葉酸の摂取です。スピルリナは葉酸だけでなくさまざまな栄養も摂れ、妊娠初期のつわりを軽減する効果も期待できるので、用法・用量を守って、安全に服用しましょう。

スピルリナよりも効率よく葉酸を摂取できるサプリメントとは?

ベルタ葉酸サプリ

栄養豊富なスピルリナは妊婦や妊活中の女性におすすめですが、天然成分の葉酸は体への吸収率が悪く、効率的とは言えないかも。そんな場合には、身体への吸収率を向上させた、モノグルタミン酸型葉酸を配合した葉酸サプリを活用しましょう。

おすすめなのは、ベルタ葉酸サプリです。ベルタサプリは質の良い酵母葉酸を配合しているだけでなく、不要な添加物を含まない安全な無添加サプリなので、デリケートな時期の女性でも安心して使えますよ。

必要な栄養を効率よく摂取しよう!

妊婦さんはお腹で育つ赤ちゃんの成長のため、また自分の健康維持のために、多くの栄養を必要としています。そんな時にスピルリナは心強い味方になってくれますが、頼り過ぎはダメ。食事のバランスも重視して、栄養を豊富に補給していきましょう。