睡眠の質を上げれば妊活に役立つ?【男性も必見】

睡眠と妊活はある程度関係している

眠る女性

睡眠は人間の生活の基本とも言えるものですよね。
それだけに妊活中の睡眠の取り方は、ある程度妊娠のしやすさに関連していると言えます。

今回は女性はもちろんのこと、男性側から見た妊活にも重要な睡眠の取り方をご紹介していくことにしましょう。
疲労回復だけでなく妊活に欠かせない睡眠。
妊活の成功のためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

そもそも妊活って何?

赤ちゃんの服を持つ妊婦さん

妊活とは、妊娠を希望するカップルが赤ちゃんを授かるための一連のプロセスのことを言います。
性交渉はもちろんのこと、妊娠しやすい時期を知ること、体の土台を作ることなど、生活の全てを妊活を中心としたものに変えていくのが妊活の基本です。

もししばらく妊活しても自然妊娠できない場合は不妊治療もおすすめ。
不妊治療をして赤ちゃんを授かることも、妊活の一環と考えてくださいね。

睡眠の役割とメカニズムとは

女性

睡眠は、生き物にとって欠かせない時間。
活動した体を休めるために、脳を中心とした身体全体の機能を一時的に休息させる時間です。

簡単なメカニズムとしては、脳が疲れを感じると眠気というサインを体に出し、これによって睡眠を取る準備に入ります。
さらに睡眠にはレム睡眠(夢を見ている時間)とノンレム睡眠(完全に無意識の時間)に分かれていて、この二つのリズムが整うことによって睡眠の質が上がると言われています。

朝立ちとレム睡眠の関係

朝立ちとは、男性が目覚めた時に勃起している状態のこと。
元気な男性の象徴とも言える現象ですね。
実は男性はレム睡眠中に勃起をしていると言われています。
つまりレム睡眠の最中に目が覚めると、朝立ちしている状態になるというわけですね。

どうしてレム睡眠中に勃起するのかについては完全に解明されていませんが、ペニスに定期的に血液を送って正常な状態を保つためだと言われています。
ですから朝立ちは健康の証拠と言えるんですよ。

ノンレム睡眠中はホルモン分泌が活発になる

夢も見ずに完全に無意識の状態になっているノンレム睡眠中。
この時間帯は、ホルモン分泌が活発になります。

ホルモンは女性ホルモンや男性ホルモンだけでなく、成長ホルモンや甲状腺ホルモンなど、人間が生きる上で欠かせないものがたくさんあります。
ホルモンバランスを正常に保つことは妊活の成功には必要不可欠ですので、睡眠がいかに大切かわかりますね。

妊活中に質の高い睡眠をとる方法

睡眠が妊活に大切だということはわかりましたが、では睡眠の質を上げるにはどうしたら良いのでしょうか?
おすすめの方法をご紹介しますね。

①時間帯を気にせず、規則正しい睡眠を目指そう

赤ちゃんの手

妊活をしていると、性行為などで就寝時間が遅くなってしまうこともあるかと思います。
性交渉も妊活のひとつなのに、そのせいで夜更かししてしまってもいいの…?
そう思う人もいるかもしれませんが、大丈夫。
就寝の時間帯はそこまできにしなくても大丈夫ですから、それよりも規則正しい睡眠を目指してみてくださいね。

②自分にあった布団を探そう

睡眠の質を上げるには寝具も重要です。
特に布団や枕はご自身に合っているかどうかしっかり確認してください。
もし毎日の睡眠の質があまり良くないと感じている人は、寝具が体に合っていない可能性があります。
布団専門店に行くなどして、ベストな布団を手に入れましょう!

③運動不足の人は軽い運動を夕方から夜の間にしておこう

運動する妊婦さん

脳が睡眠の指令を出すには、体がある程度疲れている必要があります。
ですから慢性的な運動不足の人は、実は睡眠不足になりやすいんですね。
毎日あまりよく眠れないという人はぜひ、軽い運動を夕方に取り入れてみることをおすすめします。

④寝る前のアルコールは少なめにしよう

眠れない時に睡眠導入のための手段としてアルコールを飲む人もいるかもしれませんが、これはあまりおすすめできません。
適量なら良いのですが、大量の飲酒は睡眠の質を下げることがわかっています。
また妊活のためにも過度のアルコール摂取は良くありませんので、睡眠前の飲酒は控えめにしましょう。

⑤頭をリラックスさせてから布団へ向かおう

睡眠は脳からの信号によって起きる休息の現象ですから、脳が活発に動いている間は質の良い睡眠が取りにくくなります。
ぜひ就寝前にはできるだけリラックスして、思考を穏やかにしながら睡眠に入っていってくださいね。

⑥スマホの光は問題ないが、頭を使わないコンテンツだけにしよう

寝る前にスマホをしていると眠れなくなるという話を聞いたことがある人も多いかもしれませんが、スマホの画面の光自体にはそこまで問題はないとされています。
それよりも、先ほどもお話したように質の良い睡眠のためには脳をリラックスさせることが大切。
寝る前にスマホをいじるときには、あまり頭を使うコンテンツの閲覧は避けるようにしてください。

⑦手足をストレッチなどで温めよう

眠い時に手足が温かくなる経験ってありますよね。
これを逆に利用して、手足を温かくすると眠くなりやすくなります。

ストレッチや入浴などで血行を促進すると手足が温まりやすくなりますので、ぜひ試してみてくださいね。

⑧朝起きたら太陽の光を浴びよう

野菜の採取

人間の体内時計は24時間ではなく、25時間だと言われています。
ですから何もしないでいると眠くなる時間が毎日1時間ずつずれていってしまうんですね。

これをリセットしてくれるのが朝日。
朝起きて一番に朝日を浴びることで、毎日の就寝時間を規則正しくすることができますよ。

⑨起床後に手を冷やして目を覚まそう

手が温かくなると眠くなるということは、手が冷えると目が覚めます。
スッキリと目覚めるためには、朝起きたら手で顔を洗うなどすると手が冷えるのでシャキッとすることができますよ。

どうでしょう、できそうなことはありましたか?
いきなり全部やらなくても大丈夫ですので、簡単そうなものからチャレンジしてみてくださいね。

妊活サプリを並行して飲むのもおすすめ

飲み物を飲む女性

睡眠の質を高めることは妊活に役立ちますが、体を休息させるのも基本的な土台が整ってこそです。
体の栄養バランスを整えて妊娠しやすい身体になるためにも、ぜひ妊活サプリも利用してみてください。

妊活サプリには葉酸やビタミン、ミネラルをはじめ、妊活を成功に導いてくれる栄養素が豊富に配合されています。
忙しい毎日にプラスすることで赤ちゃんが喜ぶ体を作っていきましょう。

睡眠の質を向上させて妊活をすすめよう!

妊活と睡眠との関係について、いかがだったでしょうか。

睡眠の質を上げることは、妊活だけでなく全ての健康を維持するためにも重要なことです。
体が健康になれば気持ちもポジティブになり、ストレスに強い体になりますから妊活も成功しやすいですよね。

ぜひ今回の記事を参考に、毎日の睡眠をちょっとだけ見直してみてください。
そして妊活を成功させてくださいね!