高額な不妊治療費はローンで賄える?金利は?安全なの?

子供が欲しいけど高額な不妊治療費が出せない人へ朗報!

今までの不妊治療は、保険が適用されることなく妊活をする人たちにとって金銭的負担はとても大きなものでした。
妊活をしたいのに多額の費用が壁となって妊活を諦めていた人も少なくなりません。
しかし、2004年に不妊治療に取り組む人を対象とした「特定不妊治療費助成制度」がスタートししました。体外受精や顕微授精を行うと高額な費用がかかりますが、助成金が支給されるようになったわけです。
申請の条件や期限などをしっかりと理解しておきましょう。

不妊治療はどのくらいかかるの?

女性

不妊治療にかかる費用は病院やそれまでの過程によってもかわりますが、高度な治療ほどもちろん費用は高くなります。また治療を行う前の検査等は別途費用がかかるため、予想以上に費用がかかる場合があります。

●人工授精 かかる費用 約1万円~3万円
採取した卵子を濃縮等の処理をした精子を子宮内に注入し、自然妊娠を促す方法です。

●顕微授精 かかる費用 約30万円~50万円
顕微鏡下で卵子の中に精子を直接挿入させる方法です。
●体外受精 かかる費用 約30万円~60万円
卵子と精子を培養室で受精して子宮に戻す方法です。

不妊治療ローンが組める銀行

OKする妊婦さん

高額な不妊治療費用を補うために治療を目的としたローンを銀行でくむことができます。

スルガ銀行の不妊治療サポートローン

子どもがほしい気持ちを応援してくれる不妊治療の資金の悩みをサポートしてくれるスルガ銀行の不妊治療サポートローンの担当は女性社員というのが、妊活で悩む女性には嬉しいシステムです。
10~800万円と幅広い対応とスルガ銀行での普通貯金口座の開設も
必要がなく、全国どこからでも申し込み可能申込書や利用明細に「不妊治療サポートローン」の記載もありません。
事前審査が可能なので治療内容が決まる前の予定金額での審査が受けられ、安心して治療計画が立てられます。

大垣共立銀行の不妊治療関連ローン「Futari-de」

不妊治療を二人で取り組んでいくことと捉えた不妊治療関連ローンはその名も「フタリ・デ」。
30万円~200万円の融資が最長5年まで受けることができます。申し込み後に、借入の審査が通らなかった場合にも、資金使途自由なローンで改めて審査を行うリライトサービスという制度もあります。
借入した夫婦に子どもが生まれると、条件を満たしていれば50000円分のギフトカードがプレゼントされるのも嬉しい特典です。

東京スター銀行の「スターワンバンクローン」

治療をはじめとして使い道は自由で100万円までの融資が受けられます。保証料を含んだ金利は年率7.8%。
来店することなくインターネットで借入ができます。正規雇用の給与所得者のみ利用可能と審査基準がありますが、金利が一般のフリーローンと比べてもお得になっています。
また派遣社員や契約社員などの非正規雇用の方には不妊治療サポートタイプではなく、医療・介護ローンでの申請が可能です。

スルガ銀行の不妊治療サポートローン

多重借入がある人は、借入が一本化できる「リザーブドプランプラス」がオススメです。6回から最大120回までの支払いで無理のない返済が可能です。
日本全国どこからでも申し込み可能なサービスで、専業主婦やパート勤務の方でも申し込みができます。
金利は年7%〜11%(固定金利)で、10万円〜800万円まで1万円単位での借り入れができます。
ガン保障特約付き消費者信用団体生命保険に任意で加入することもできるので、健康面でも安心して利用できます。

●商品名
リザーブドプランプラス

●条件
・契約時の年齢が20歳以上65歳未満
・借り入れ時の年齢が65歳未満かつ完済時の年齢が70歳以下
・安定した収入があること

●利用限度額

800万円(1万円単位)

●金利

年3.6%~14.9%(適用金利は資金使途や審査により決定)

【特徴】

リザーブドプランプラスは70歳までに完済しなければいけない義務があり、さらに返済期間が最長で10年間と決められています。
借入れた金額がどんなに多くても返済期間の延長はありませんので10年以内に返済しなければなりません。
資金用途もオート(自動車・バイクの購入資金)・教育(学校の入学金・授業料・施設費等学費全般)・リフォーム(自宅のリフォーム全般にかかる資金)・デンタル(インプラント等歯科治療費全般)などに限定されています。

大垣共立銀行の不妊治療関連ローン「Futari-de」

夫婦

取り扱いエリア一部に限定されていることがネックですが、不妊治療関連ローンFutari-deは大垣共立銀行の窓口だけではなく、インターネットでも申し込みが可能です。
夫婦の絆を強くする生き方のひとつとして不妊治療をサポートするというコンセプトのもとにローンが提案されています。
借入使途を本人および配偶者が子どもを授かるための費用と限定し、毎月元利均等返済方式です。万が一、審査が通らなかった場合はリライトサービスで改めて申し込むことができます。利用できるエリアが限定されているので注意が必要です。

●商品名

Futari-de

●条件
・満20歳以上満66歳未満で、安定した収入があること。
・.保証会社の保証が受けられる方。
・岐阜県と愛知県全域、三重県と滋賀県の一部地域に自宅または勤務先の住所があること。

●利用限度額

30万円以上200万円以内(1万円単位)

●金利

金利変動型
※毎年2回(4月と10月)金利の見直しが行われます

【特徴】

申込者にとって審査が通らなかった場合の救済として、「ライフプラン『ポピュラーローン』」で改めて審査を行うリトライサービスがあるので万が一の場合も安心です。
そして、ローン利用者には契約後、エルズプロジェクト選定の「あったかグッズ」がプレゼントされます。
また「フタリ・デ」を借入れ中に子どもが生まれた場合、各種要件を満たしていた場合、申請により50,000円分のギフトカードもプレゼントされます。
不妊治療のサポートを意識した仕組みが特徴です。

東京スター銀行の「スターワンバンクローン」

妊婦さん

利用限度額内であれば、使い道は自由に繰り返し利用することができるのがスターワンバンクローン(不妊治療サポートタイプ)です。
リボルビング方式で、100万円までの借入が可能です。ただし、正規雇用の給与所得者で安定した収入がある人、他社での借り入れで延滞等の事故情報のない方が対象となります。
借入のできる基準が高い分、金利が一般のフリーローンよりも低く設定されているのが特徴です。
申し込みはインターネットで手続きができるので来店する必要がありません。

●商品名
スターワンバンクローン

●条件
・満20歳以上、65歳未満で本人または同居の配偶者が不妊治療を受けている。
・年収300万円以上の給与所得者(正社員)。
・不妊治療に関する受診を確認できる書面(医療機関の診断書など)のコピーの提出。

●利用限度額

リボルビング方式で、100万円まで

●金利

金利年率 7.8%

【特徴】

借入した資金の使途が自由で、不妊治療にかかる検査・投薬・治療費用、生殖補助医療(人工授精・体外受精・顕微授精)などの諸費用はもちろん、かかる治療の為の交通費・宿泊費に使用することもできるので治療全体をカバーすることができます。
無担保個人向けローンへの借り換えや事業性資金に利用することはできません、また、希望資金額が100万円を越える場合は、スターワン目的ローン「医療・介護ローン」を利用することも可能です。
審査は厳しいですが、一般のフリーローンよりも金利が低いのが特徴です。

一般のカードローンも不妊治療費に使える

OKする妊婦さん

使途を不妊治療に限定したローンは、条件があったりローンの限度額が時にかさむ不妊治療費用に足りない場合もあります。
一般のカードローンであれば限度額の上限が高めのものもあり、使途も自由なものがあるので不妊治療の資金調達のひとつの手として把握しておいて損はありません。

一般のカードローンのメリット
●利用限度額の幅があり、上限金額が高い
●借り入れが自由にできる
●申し込みのエリアの制限がない
●使いみちが自由

デメリットとして、金利が高めであることがあげられます。

不妊治療ローンとカードローンのメリットとデメリット

考える妊婦さん

不妊治療のためのローンとカードローンにはどんな違いがあるのかそのメリットとデメリットを把握し上手に使いわけることで妊活に余裕を持って取り組みましょう。

不妊治療ローン

不妊治療をメインとしたローンが組める銀行はそんなに多くはありません。高額になりがちな不妊治療費は、十数万~数百万までと個人差も大きいので、かかる金利も問題です。
銀行のローンであれば、比較的低金利で借り入れることができます。そのかわり、安定した収入があるなど条件も厳しくなっています。銀行という信用機関で資金を調達できるので安心です。

●メリット

・銀行という信用機関で資金を借入できる。

・一般のローンに比べ金利が低めであることが多い。

●デメリット

・審査があり借入までに時間がかかる場合がある。

・医療機関を変更した場合に手続きに手間がかかる。

銀行から資金調達をした場合は、使途が限定される場合がありますが、その内容も、治療にかかる投薬費用・検査費用・生殖補助医療(人工授精・体外受精・顕微授精)にかかる諸費用までのサポートから、妊娠・出産に備えるための費用に使用できるものまで様々です。
内容をよく把握してうまく利用しましょう。

カードローン

カードローンの場合は、銀行でのローンと比べて利用限度額が高く、またその使途も自由で制限がありません。
不妊治療のための費用は、いくらあっても足りなくと思う人も多くいるほど家計への負担は大きなものなので借入限度額が高いのはメリットのひとつです。
また銀行の審査に通らず資金を準備できなかった人でも、銀行に比べると審査基準が低いため、利用することができる場合があります。

●メリット

・借入限度額が銀行ローンより高め。

・銀行よりも審査が通りやすく、何度も借入が出来る。

●デメリット

・銀行ローンに比べ金利が高め。

金利の高いカードローンのみで最初から資金の全額を調達するよりも、金利の低い銀行ローンでまず資金を調達し、不足分をカードローンで補うなど、上手に利用すると家計への負担を抑えることができます。
利用しやすく、限度額が高い点だけをみてカードローンを利用しないようにしましょう。

【確認】不妊治療には国の助成金が適用する場合がある!

パソコンを見る夫婦

高額な不妊治療にかかる治療費用をサポートする助成金制度が国の「特定不妊治療助成制度」です。
高額な体外受精と顕微受精の治療費に対して支払われます。また自治体が独自に助成制度を設けている場合もあります。

助成金を受けるための条件
●特定不妊治療以外の方法では妊娠の見込みがない、又は極めて少ない法律上の婚姻をしている夫婦
●夫婦の年収の合算が730万円以内
●治療期間の初日に妻の年齢が43歳未満
●指定医療機関での治療であること など
必要書類
●特定不妊治療費助成申請書・証明書
●住民票
●戸籍謄本
●夫婦それぞれの前年の所得を証明する書類
●指定医療機関発行の領収書(保険適用外診療分)など

ローンを組む前によく考えよう!

不妊治療に取り組むには夫婦の前向きな取り組みだけではなく、高額な費用を賄うという大変な壁も乗り越えなくてはなりません。
高額な不妊治療費用を賄えなければ、妊活を諦めなければならないといのはとても残念です。
銀行ローンやカードローン、そして国や各自治体の助成金制度をうまく利用して妊活に取り組みましょう。
とは言え、目的はしっかりとしていてもローンはあくまでも借金です。妊活の目的が達成してもそれはゴールではありません。
子供が産まれ、育てていくにはその後は教育資金がかかることを忘れてはいけません。妊活から子育てへと人生を長い目で見て計画を立てていきましょう。

この記事のカテゴリー: カテゴリー妊活中