妊娠中はカルシウムが欠かせない!妊婦が食べたい食べ物も紹介!

妊娠中はカルシウムが欠かせません

ヨーグルト

妊娠中お腹の中にいる赤ちゃんはお母さん、つまり妊婦さんが食べた栄養で育ちます。
ということは妊婦さんは食べるものにもしっかり気を配る必要がありますよね。

妊娠中に必要な栄養素は色々ありますが、中でもカルシウムはとっても大切。
赤ちゃんの発育を支えたり安全な出産を迎えるためにも、カルシウムは必要不可欠なんですよ。

今回は妊婦さんにとってのカルシウムの重要性をはじめ、効果的にカルシウムが摂取できる食べ物もご紹介していきます。
ぜひ参考にしてくださいね。

妊娠中にカルシウムが不足してしまうと大変なことに…

口を抑える女性

妊婦さんにとってカルシウムが大切ということは何となく理解できても、具体的にどう大事なのかわからないという人も多いかもしれませんね。

まずは妊娠中に妊婦さんのカルシウムが不足したらどうなるのかを考えてみましょう。

①出産後の骨密度が低下する

妊娠中は栄養素が赤ちゃんに優先的に配分されます。
もし妊婦さんが摂取するカルシウムが不足した場合、それを補うために母体の歯や骨のカルシウムが赤ちゃんに配分されることになるのですが、その状態が続くと…
当然、母体の骨密度や歯の状態はどんどん悪くなっていってしまいますよね。
結果として骨粗鬆症やその他色々な体の不調を招くリスクがどんどん上がっていきます。
これはちょっと怖いですね。

②胎児の骨密度も低下してしまいます

カルシウムの摂取量が足りなければお母さんから分けてもらえる…そうは言っても、やっぱり限界があります。

妊婦さんがカルシウムを十分に摂取しないと、どうしても赤ちゃんの歯や骨の成長は妨げられてしまいます。
その状態で出産を迎えると、赤ちゃんは骨密度が低い状態で生まれてくることになってしまうんですよ。

③母体の血圧が高くなりやすい

カルシウムは歯や骨を作るだけでなく、血圧の上昇を抑える働きもあります。

妊娠中は血圧が高くなりがちな妊婦さんが多いと言われていますが、カルシウムの摂取量が足りないと血圧がさらに上がってしまい、妊娠高血圧症候群という症状にかかってしまうことがあります。

こうしたトラブルを防ぐためにも、カルシウムはしっかり摂取したいものですね。

妊娠中はどれくらいのカルシウムを摂ればいいの?

考える妊婦さん

では、妊娠中はどれくらいのカルシウムを摂取すればいいのでしょうか。

厚生労働省によると、妊娠中のカルシウム推奨摂取量は1日650㎎とされています。
ちなみに日本人の場合、通常の女性では1日に500㎎に満たない量しかカルシウムを摂取できていないと言われていますので、妊婦さんはかなり積極的にカルシウムと摂る必要があると言えそうですね。

ただ、カルシウムはたくさん摂れば摂るほど良いというものではなく、摂取しすぎると尿結石の原因になったり、他のミネラルの吸収が悪くなることもあります。
適量を目指して摂取していきましょう。

妊婦さんがカルシウムを摂るならどんな食品がいい?

乳製品

妊婦さんにとって大切なカルシウム。
できれば食品から摂取したいという人も多いかもしれませんね。
ここではカルシウムを多く含む食品をご紹介します。

①乳製品

骨を強くすると言うと「牛乳」を思い浮かべる妊婦さんも多いかと思います。
そのイメージ通り、牛乳をはじめとする乳製品はカルシウムの含有量が多く、吸収効率も良いとされています。
妊娠中のカルシウム摂取にはおすすめと言えますね。

乳製品は牛乳以外にも、チーズやヨーグルトなどが挙げられます。
もし牛乳を飲むとお腹が弱くなってしまうという妊婦さんは、それは牛乳の乳糖という成分への耐性が弱いから。
ヨーグルトやチーズなら乳糖が分解されていますので、お腹に負担がかからないかと思いますよ。

②魚介類

小魚をはじめとした魚介類にも、カルシウムが多く含まれています。
確かに煮干しや干しエビなどは、見るからにカルシウムの塊という感じですよね。

魚介類にはカルシウムの他にたんぱく質も豊富に含まれていますので、胎児の成長を助けてくれます。
また青魚に多く含まれるDHAには早産予防の効果があるので、妊婦さんにとっては嬉しい食材。
イワシやサバなどが青魚に該当しますので、妊娠中はこうした食品も積極的に食卓に取り入れたいものですね。

カルシウムを効果的に摂取したいなら妊婦向けのサプリメントオススメ!

薬を見る妊婦さん

カルシウムを多く含む食べ物をご紹介してきましたが、毎日乳製品や魚介類ばかりを食べるのはちょっと大変…
そんな妊婦さんにおすすめなのがサプリメントです。

妊婦さん向けのサプリメントなら、妊娠中に必要な栄養素がバランスよく配合されていますし、その中には当然カルシウムも多く含まれています。
妊娠中は食欲が出ない人もいるかと思いますが、サプリメントなら数粒飲むだけですので胃への負担も少なくて済みますよね。

妊娠中にはぜひ、サプリメントも活用してみましょう。

妊婦さんはカルシウムが多く含まれた食品を摂取しましょう

妊娠中のカルシウム摂取について、いかがだったでしょうか。

妊娠中にカルシウムが不足すると、母体だけでなくお腹の赤ちゃんの発育にも良くない影響が出てしまいます。
日本人のカルシウム摂取量は全体的に少なめだと言われていますので、妊娠中こそ気をつけてカルシウムを摂取していきたいものですね。

今回ご紹介した食品やサプリメントを参考に、妊娠中のカルシウム摂取を積極的に行っていきましょう!