妊婦さんはマグロを食べちゃダメ!?妊娠中は控えたほうがいいの?

妊娠中はマグロの食べ過ぎに注意してください

お腹が痛む妊婦さん

妊娠中はあっさりしたものを食べたくなりますよね。
お肉より魚のほうが体に良さそう…そう思っている人もいるかもしれませんが…

実は妊婦さんが魚を摂取する時には、注意していただきたい側面があるんです。
中でもマグロは特に注意。
妊婦さんが食べ過ぎると色々な弊害が出てしまう可能性があるんですよ。

今回は妊婦さんがマグロを控えた方が良い理由についてを詳しく見ていきましょう。

妊娠中期・後期にマグロを食べると胎児の脳に悪影響が出ることも…

口を抑える女性

マグロは海の中の生態系の中でもかなり上位に位置していて、小さい魚をたくさん食べています。
そのためマグロは、体内にメチル水銀という物質を溜め込みやすいんですね。

このメチル水銀、妊娠中期や後期に妊婦さんが摂取すると、胎児の脳の発達に悪影響を及ぼす可能性があることがわかっています。
ですから妊娠中期や後期にさしかかってきた妊婦さんは、マグロの摂取は特に気を付けたほうがいいとされているんですよ。

妊娠超初期・初期なら問題ないの?

考える妊婦さん

マグロに含まれるメチル水銀は妊娠中期や後期には摂取しないほうが良いというお話をしました。
では、妊娠超初期や初期なら大丈夫なのでしょうか?

結論から言って、妊娠超初期や初期であれば、マグロの摂取にはそこまで過敏にならなくても大丈夫です。
というのもマグロに含まれるメチル水銀は胎盤を通して胎児に影響を及ぼします。
妊娠初期までは胎盤が出来上がっていませんので、メチル水銀の影響はあまりないと言えるんですね。

とは言え万が一のことを考えると、妊婦さんは全般的にマグロの摂取は控えたほうが安心かと思います。

妊娠中はどれくらいの量のマグロなら食べても大丈夫なの?

お医者さんに相談する妊婦さん

妊婦さんのマグロ摂取は控えたほうが良いとは言え、全く食べてはいけないというわけではありません。

厚生労働省が指定する妊婦さんのマグロ摂取量の上限は、1週間に1度、80gまでとされています。
これくらいなら胎児への影響もほとんどないと言われていますから、どうしてもマグロが食べたいという方は参考にしてくださいね。

厚生労働省が指定している1週間の摂取上限量

水銀の含有量が低いマグロならそこまで気を使う必要はありません

実はマグロの中でも、種類によってはメチル水銀の含有量が少ないものもあります。

代表的なのはキハダマグロ、ビンナガマグロ、メジマグロ。
これらの種類のマグロであれば、摂取量についてもそこまで気を使う必要はないと言われています。

またマグロを使った加工品として気になるのがツナ缶ですが、最近のツナ缶はマグロ以外の魚も使用されていることが多いですから、ツナ缶を使ったお料理についてもそこまで神経質にならなくても大丈夫ですよ。

妊娠中は生でマグロを食べることも控えましょう

バツを持つ女性

妊婦さんでもマグロは週に1度くらいなら食べても大丈夫だというお話をしましたが、それでも生で食べることはできるだけ避けてください。

というのも、妊婦さんは免疫力が低下しています。
もし食中毒になってしまうとそれが原因で妊娠の継続が困難になってしまう可能性もあるんですね。
マグロに限らず、妊婦さんが生のお刺身を食べることは控えたほうが安全と言えます。

マグロは注意点さえ守れば胎児への栄養価が高いオススメの食品です

妊婦さん

マグロが妊婦さんに及ぼす影響について危険なことばかりピックアップしてしまいましたが、注意点さえ守れば妊婦さんが食べて大丈夫。
それどころか、胎児にとって栄養価の高い食品だと言うこともできるんですよ。

①DHA・EPA

マグロをはじめとした魚には、DHAやEPAといった栄養素が豊富に含まれています。
これらの成分は大人の健康を保つためにも注目されていますが、実は胎児にとっても非常に重要な栄養素なんです。

DHAやEPAには胎児の脳や視神経の発達を促す効果があるとされていて、妊婦さんには積極的に摂取していただきたい栄養素。
マグロの煮つけなど火を通したお料理であれば食中毒の心配もありませんから、工夫してみてください。

②たんぱく質

マグロには良質なたんぱく質も多く含まれています。

たんぱく質は言うまでもなく、人間の体を構成するための非常に大切な要素です。
胎児が成長するためにたんぱく質は欠かせませんので、こちらも積極的に摂取していきたい成分。
たんぱく質は肉や豆類からも摂取することができますが、マグロであれば先ほどもご紹介したDHAやEPAも同時に摂取することができますから、1週間の上限量を守って上手に摂取していきたいものです。

マグロの他にもメチル水銀の含有量に注意したい魚は?

妊婦さんのマグロ摂取についてをお話ししてきましたが、実はマグロと同じようにメチル水銀を含有する魚は他にもあります。

一例としてはキンメダイやマカジキ、メカジキなど。
先ほど妊婦さんのマグロ摂取量は1週間に80gまでが目安だというお話をしましたが、上記の魚もマグロと併せて上限に気をつけて摂取していくことをおすすめします。

また当然、生食はしないようにしてくださいね。

妊婦さんでも注意点さえ守ればマグロを食べても問題ありません

マグロが妊婦さんに及ぼす影響について、いかがだったでしょうか。

マグロに含まれているメチル水銀は摂りすぎると胎児に悪影響がありますが、摂取量の上限を守っていれば問題ありません。
注意点さえ守れば胎児に良い栄養素も含んでいる食材ですから、今回ご紹介した摂取量の例を参考にしながら、マグロと上手に付き合っていきましょう!

また、葉酸サプリなどで栄養バランスを整えましょう。