サーモンのお寿司を妊婦さんが食べても大丈夫?【妊娠中のメリット・注意点】

サーモンのお寿司は生やスモークでなければ大丈夫

妊婦さん

妊娠中には体に良いものを食べたいですが、体に良くても食べ方によっては注意が必要なものもありますよね。
その中から今回取り上げたいのは、サーモンのお寿司です。

サーモン自体は妊婦さんにとってメリットもあるのですが、お寿司にして食べる時は場合によってはデメリットになってしまうこともあります。
結論から言うとスモークや生でなければ大丈夫と言えるのですが、もう少し詳しく知りたいですよね。

今回は妊婦さんがサーモンのお寿司を食べる時の注意点だけでなく、メリットもしっかりご紹介していきましょう。

お寿司のサーモンを妊娠中に食べていた妊婦さんの声

まずは先輩ママの体験談から見ていくことにしましょう。
サーモンのお寿司を食べていた妊婦さんはどれくらいいるのでしょうか?

妊娠中でも普通にお寿司食べてましたよ!私もサーモン大好きです♡

出典:妊娠中だけどお寿司の炙りサーモン食べたい…つわりが落ち着いてきてお寿司の炙… – Yahoo!知恵袋

私は普通にとろサーモンも焼きサーモンも両方食べていましたよ^^

出典:妊婦がスモークサーモンとサーモンのお寿司どっちを食べたらマシでしょうか妊娠… – Yahoo!知恵袋

サーモンのお寿司を食べていた妊婦さんはかなり多い様子。
妊婦さんは酸っぱいものが食べたくなることも多いと思いますし、そういった意味でもサーモンのお寿司はもってこいですよね。
ただ、見た感じ生で食べていた妊婦さんもおられる様子…
これは大丈夫だったのでしょうか?

酢飯とサーモンのカロリーと主な栄養成分

お寿司

サーモンのお寿司1貫のカロリーは68kcalほど。
酢飯には酢を使っていることから、クエン酸やアミノ酸が豊富に含まれています。
また、サーモンには魚に含まれる栄養素として有名なDHAはもちろんのこと、魚類の中ではビタミンが豊富で、ビタミンB1、B2、ビタミンA、ビタミンDなど健康に効果のある成分を多く摂取することができます。
さらに注目したいのがアスタキサンチン。
これらを含めて、サーモンのお寿司のメリットを次の項目でご紹介しますね。

妊娠中にお寿司のサーモンを食べるメリット

赤ちゃん

様々な健康成分を含んでいるサーモンのお寿司。
妊婦さんが食べることでどういった効果が期待できるのでしょうか。

①子供のADHD発症率を下げる可能性がある

発達障害の一種であり最近よく耳にするようになったADHDですが、実は妊婦さんがサーモンを食べることで子供のADHD発症率を下げることができるというデータがあります。
数値としては何と60%も発症率が下がる傾向にあるということで、完全ではないものの見逃せませんね。

②抗酸化作用がある

サーモンの身は独特のオレンジ色をしていますよね。
この色素はアスタキサンチンという成分でできているのですが、アスタキサンチンはトマトのリコピンや緑黄色野菜に含まれるβカロテンの仲間。
抗酸化作用があるということで知られています。
健康に出産を迎えるためにも、また子育てを頑張るためにも体の健康は重要ですから、かなり嬉しいポイントです。

③他の寿司ネタに比べて水銀の含有量が少ない

妊婦さんが魚介類を食べる時に注意したいのが、水銀の含有量です。
マグロやキンメダイなど特定の魚には水銀が多く含まれている傾向があり、胎児への影響を含めてお医者さんから指導があったという妊婦さんもおられるのではないでしょうか。

その点、サーモンは他の寿司ネタに比べて水銀の含有量が少ない魚です。
同じお寿司を食べるにしても、サーモンのほうがより安心というわけですね。

④保湿作用がある

サーモンに含まれるアスタキサンチン、そして各種ビタミンには抗酸化作用だけでなく体の代謝を良くしたり栄養の吸収を高める性質があったりします。
こうした栄養素を総合して摂取できるということは、お肌を綺麗にする効果があるということ。
乾燥しがちなお肌のうるおいを保つのに役立ちますから、疲れがちな妊婦さんには有難い効果ではないでしょうか。

妊婦さんがお寿司のサーモンを食べる際の注意点

妊婦さんにとって嬉しい効果が満載のサーモンのお寿司ですが、何にでもデメリットはいくつかあります。
サーモンのお寿司を食べる時の注意点もしっかり覚えておきましょう。

①火の通った炙りサーモンを選ぶ

これはお寿司全般に言えることですが、生の魚介類にはリステリア菌が付着している可能性があります。
普段なら特に心配することはないのですが、妊婦さんは免疫力が下がっているため生ものはできるだけ控えたほうが良いと言えるんですね。

ですからサーモンのお寿司を食べる時にも、炙りのものを選ぶことをおすすめします。

②食べ過ぎに注意する

サーモンは水銀含有量が少ない魚ですが、それでもあまりにたくさん食べ過ぎれば他の魚を食べる時と同じくらいの水銀量になってしまう可能性があります。
また酢飯にはお酢だけでなく砂糖も使われていますので、こちらも食べ過ぎると糖分の摂りすぎや肥満の危険もあるんですね。

数貫食べるくらいなら問題ありませんが、30貫、50貫など常識を超える量を食べることのないように気をつけてください。

③塩分の量に注意する

酢飯には糖分だけでなく塩分も含まれています。
また食べる時にお醤油をつけると思いますが、こちらも塩分がかなり多いですよね。
塩分過多は高血圧を招きますから、ぜひ食べ過ぎだけでなく醤油のつけすぎにも注意しましょう。

妊婦さんが食べられるその他の寿司ネタ

エビのお寿司

妊婦さんがお寿司に気をつけたい最大の理由は生の魚介類によるもの。
ですから卵やきゅうりと言った、魚介に関係ない寿司ネタでしたらほぼ問題なく食べることができます。

どうしても魚介を中心にしたい場合は、火が通っているネタを選ぶのが一番安心。
エビやカニなどボイルされているネタは比較的安心です。
炙りのネタでは水銀量が低いものを選ぶと良いですが、おすすめなのは青魚です。
カツオやイワシ、アジなどが青魚に該当しますので、こうしたネタを中心に選んでみてください。

妊娠中の食べ物は注意しながらも、我慢しすぎないことが大切

サーモンのお寿司の注意点の中にはちょっと怖いものもありましたので、リスクを防ぐためにはサーモンのお寿司は一切食べないほうがいいのでは?
そう思う人もいるかもしれません。
でも、妊婦さんにだって食べたいものはありますよね。
これが食べたい!と思った時に我慢することはかなりのストレスになると思います。
もちろん絶対食べてはいけないものはNGですが、リスクがあっても可能性がさほどではないものであれば我慢しすぎなくて大丈夫ですよ。

栄養バランスが気になる場合は葉酸サプリでバランスを整えることもできますから、ぜひ妊婦さんもできる限り食生活を楽しんでくださいね。

妊娠中は美味しく炙りサーモンのお寿司を食べよう

いかがでしたでしょうか。
寿司ネタの中でも人気トップクラスのサーモンですから、妊婦さんでも食べられるというのは嬉しいですね。

今回ご紹介した内容を参考にして、妊娠中のお食事もしっかりエンジョイしてください。
妊婦さんが元気になれば赤ちゃんも元気になりますよ。

出産まであと少し。
それまで健康に乗り切っていきましょう!