ほうれん草は妊婦さんにオススメ?【妊娠中に必要な栄養量は?】

ほうれん草は妊婦さんに適した食材

美肌な女性

妊娠中はできるだけ赤ちゃんの発育を助ける食事をしたいですよね。
とは言っても、食べるのが苦痛になっては意味がありませんし味にもこだわったおいしい食事をしたいものです。

そこでおすすめなのがほうれん草!
ほうれん草には妊婦さんのために良い成分が豊富に含まれていますし、調理のバリエーションも豊富。
ぜひ積極的に取り入れていただきたい食材なんですよ。

今回はほうれん草が妊婦さんに与えてくれる効果を中心にお伝えしていきますね。

ほうれん草の主な栄養成分とカロリー

ほうれん草

ほうれん草と言えば鉄分ですよね。
もちろん鉄分も多く含まれているのですが、実はほうれん草にはビタミンC、E、βカロテン、さらに葉酸といった栄養素も豊富に含まれています。

気になるカロリーは100gあたり約25kcal。
1束は200gくらいありますが、たっぷり食べても100kcalもないくらい、とても低カロリーな食材です。

ほうれん草が妊婦さんにオススメな理由

妊婦さん

では、ほうれん草はどうして妊婦さんにオススメできるのでしょうか。
栄養面について見ていきましょう。

①葉酸が含まれている

葉酸と言えば、妊娠初期の胎児の発育を促すために必要不可欠な栄養素ですよね。

そもそも葉酸はほうれん草などの葉物野菜に多く含まれることから「葉酸」という名前がつきました。

ですからほうれん草はまさに葉酸を含む野菜の代表格。
おいしく食べて葉酸が摂取できますから、妊婦さんにはうってつけの野菜と言えます。

②風邪予防になるベータカロテンが入っている

先ほどもご紹介したように、ほうれん草にはβカロテンも多く含まれています。
βカロテンは粘膜を強くする働きがありますので、風邪などの病原菌から体を守る効果を発揮してくれるんですよ。

妊娠中は免疫が落ちると言われていますので、妊婦さんはどうしても風邪をひきやすくなります。

積極的にほうれん草を食べて、風邪予防をしていきましょう。

ほうれん草は1日にどれくらい食べてもいいの?

OKを出す女医さん

妊婦さんの健康を保つために役立つほうれん草ですが、ほうれん草には独特のえぐみがありますよね。

えぐみの元になっている成分はシュウ酸というのですが、実はシュウ酸を摂取しすぎると腎臓や尿道に結石を引き起こすことがありますので、そういった意味からほうれん草の食べ過ぎは良くないとされています。

1日のほうれん草の摂取上限は大体200gくらい。
見た目の目安としては1束ということになります。

他の妊婦さんがほうれん草を使って作ったレシピも参考に

ほうれん草のおひたし

ほうれん草を調理する時には軽くゆでておひたしにする人が多数派かもしれません。

でも、実はほうれん草はお料理のバリエーションがかなり豊富な野菜。
油との相性が良いので各種炒め物にもなりますし、乳製品やお肉とも合うので洋風にもアレンジできます。

妊婦さんが提供しているほうれん草料理のレシピもありますので、ぜひ気に入ったものから試してみてくださいね。

他の妊婦さんのほうれん草レシピを見てみる

葉酸は水や熱に弱いので、注意が必要!

ほうれん草には妊婦さんに役立つ栄養素が豊富に含まれているというお話をしてきましたが、実は肝心の葉酸は水や熱に弱いと言われています。

ほうれん草をお料理する時にはどうしても火を通したり水にさらしたりという工程がありますので、ほうれん草の葉酸を最大限に摂取しようと思うとなかなか難しいかもしれません。

その観点から考えると、妊婦さんが葉酸を摂取するためにはサプリメントで補っていただいたほうが良いかもしれません。

「葉酸サプリ」もしくは「妊活サプリ」というものを選んでいただくと良いかと思います。

おすすめの葉酸サプリはベルタ葉酸サプリ

妊婦さんが葉酸を摂取するためのサプリメントとしてイチオシなのが、ベルタ葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリは名前の通り葉酸を主体としたサプリメントですが、各種ビタミンやミネラル、コラーゲンなどといった妊婦さんに必要な栄養素がバランスよく配合されています。

またベルタ葉酸サプリは無添加にこだわっている点も人気の秘訣。
妊婦さんにとって無添加で安心できる設計は嬉しいですよね。

ぜひ妊婦さんの栄養バランスの維持に役立ててください。

妊娠中の食事にほうれん草を取り入れよう

妊婦さんとほうれん草の関係について、いかがだったでしょうか。

お料理することで栄養は少し抜けてしまいますが、それでもほうれん草が妊婦さんにとって良い栄養素を含んでいることは事実です。

お料理に入れると見た目も鮮やかになりますし、その上栄養素も豊富ですからまさに一石二鳥。
ぜひ妊婦さんのお食事にほうれん草を取り入れてみてくださいね。

妊娠中の食生活も最大限楽しみつつ、赤ちゃんに良い栄養バランスを整えていきましょう!