妊婦さんのむくみの原因と対策方法【妊娠中の悩みを解消!】

妊婦さんのむくみは無理せず対処しよう!

お腹を包み込む妊婦さんと夫

妊娠中は赤ちゃんをお腹の中で育てる大事な時期ですが、ママの体には色々なトラブルが起きがちですよね。
中でも多くの妊婦さんが経験していると言われているのがむくみです。

ただむくんでいるだけだし、放っておけばそのうち治るかな?
そう思っている妊婦さんもいるかもしれませんが、無理して我慢していると悪化してしまうかもしれません。
気付いたら無理せず対処することが大切なんですよ。

今回は妊娠中のむくみについて、詳しくご紹介していくことにしますね。

むくみで悩んでいる妊婦さんは多い

腰痛で苦しむ妊婦さん

手足や顔のむくみは普通の人でもつらいものですが、妊娠中にこういった症状になると特にしんどいですよね。
ここではむくみで悩んだ経験のある妊婦さんの経験談を集めてみました。

妊娠中、太りすぎとむくみで今まで履いていたブーツが履けなくなっていてショックでした。(25歳)

出典:妊娠中期むくみ ゼクシィBaby|妊娠中期のむくみについての説明や妊婦さんの体験談

静脈留ができて足がボコボコになり、むくみも出て足首のくびれがなくなり、妊婦でお腹が大きい上に、足が人形のようにストンとなりました。鼠径ヘルニア(脱腸)も出てきて、出産後に手術しなければいけないかもと怯えて過ごしましたが、産後はどちらも治まりました。(35歳)

出典:妊娠中期むくみ ゼクシィBaby|妊娠中期のむくみについての説明や妊婦さんの体験談

こんなにも太くパンパンになるのかと思うほど足首から下がむくみ、足の甲が腫れて痛くて正座ができませんでした。(34歳)

出典:妊娠中期むくみ ゼクシィBaby|妊娠中期のむくみについての説明や妊婦さんの体験談

妊婦さんの経験談を見ると足のむくみが最も多いようです。
ただ太くなるだけならいいかもしれませんが、靴が履けなくなったり傷みが出たりすると生活にも支障が出てしまいますよね。
むくみに気付いたらできるだけ早く対策を練る必要がありそうですよ。

そもそもむくみとは?

むくみというのは、皮膚の下の組織に水分が溜まって膨らんだようになる症状を指します。
体の感覚としては太った時と似ているので、多めに飲食をした覚えのある人だと「太ったかな?」くらいに済ませてしまうことも多いかもしれません。
ですがむくみは肥満とは違い、皮膚を指で押すとへこんだまますぐには戻りません。
肥満との区別がつかない人はちょっと試してみてくださいね。

むくみが起こりやすい時期は妊娠中期〜後期!

妊婦さんに一番むくみが出やすいのは、妊娠中期~後期にかけてだと言われています。
このくらいの時期は赤ちゃんもかなり大きくなっていますので、ただでさえ日常生活を送るのにも制限が多い時期ですよね。
その上むくみが出てしまうとさらに行動がとりづらくなって家事やお仕事にも影響が出やすいかと思います。
大切な妊娠中期以降にむくみが出ないよう、原因をしっかり知って対策を考えていきましょう。

妊婦さんのむくみの原因とは?

妊婦さん

では、妊婦さんにむくみが出るのは一体どうしてなのでしょうか?
普段のむくみと比較しながらご説明しますね。

①一般的なむくみの原因

普通の人にむくみが出る原因として一番多いのが、運動不足によるものです。
特に長時間同じ姿勢でいたりするとその部分だけ血液が溜まってしまい、水分が組織の間に溜まってむくみとなって現れます。
他にも、水分や塩分を過剰に摂取した場合もむくみの原因になることがあります。

②妊娠中期のむくみの原因

妊娠中期も一般的なむくみの原因と同じように運動不足によるむくみが出やすい時期と言えます。
さらに妊娠中は赤ちゃんを育てるために体をめぐる血液量が増加していますよね。
その分体内の水分量も増えていますから、普通の時期よりもむくみやすいと言われているんですよ。

③妊娠後期のむくみの原因

妊娠後期は赤ちゃんがかなり大きくなってきますから、赤ちゃんの重みで足の付け根辺りが圧迫されます。
それによって足のむくみが顕著になってくるのがこの時期の特徴です。
さらに運動不足によるむくみも継続して起きる可能性がありますから、妊娠中最もむくみやすいのは妊娠後期と言えるかもしれません。

妊婦さんのむくみは妊娠高血圧症候群につながることも

熱で苦しむ妊婦さん

一般的なむくみは運動不足や一時的な水分の摂りすぎが原因になっていることが多く、放っておいてもすぐに治るケースもあります。
ただ妊婦さんのむくみの場合、その裏に妊娠高血圧症候群が隠れている場合があるんですよ。

妊娠高血圧症候群は妊娠中毒症とも呼ばれ、妊婦さんの健康を害するだけでなく、胎児の発育不良や、場合によっては死亡してしまうこともある病気。
ただのむくみだからと言って放っておくと大変なことになってしまうかもしれません。

妊婦さんができるむくみ対策方法

生活の妨害にもなる上、大きな病気の原因にもなるむくみ。
ここでは妊婦さんさにおすすめのむくみ対策をご紹介しますね。

①マッサージをする

むくみの主な原因は血液や水分が滞っていることにありますので、マッサージをするのはかなり効果的です。
お腹が大きくて足に手が届かない時は旦那さんをはじめとしたご家族に手伝ってもらうといいかもしれませんね。

②ウォーキングをする

手をつなぐ妊婦さんと夫

足のむくみ解消にはウォーキングもおすすめです。
歩くことで足の血流が良くなり、むくみ解消に役立ちますよ。
ただ妊婦さんの体調によっては、あまりおすすめできないこともあります。
体調に不安のある妊婦さんは事前にお医者さんと相談するようにしましょう。

③塩分の摂取しすぎに注意する

むくみ対策としてもそうですが、妊娠中の塩分の摂りすぎは厳禁。
塩分を摂りすぎるとむくみだけでなく高血圧やその他色々な疾患を引き起こす原因になります。
赤ちゃんのためにも妊娠中は塩分量に気を付けた食事を摂るようにしてくださいね。

④カリウムを摂取する

カリウムには塩分を排出する効果がありますので、体の塩分量を調節するには必要不可欠な栄養素です。
カリウムは野菜や果物に多く含まれています。
妊婦さんの毎日の食事には野菜や果物をしっかり取り入れていただくのがおすすめですよ。

⑤足湯をする

足湯

足湯は血行改善になる上にリラックス効果もありますから、妊娠で疲れた体や溜まったストレスを癒すためには非常におすすめです。
お近くに足湯の施設があればそちらに行ってもいいですし、洗面器にお湯を入れて足をつけるだけでも十分効果がありますよ。

⑥妊婦さん向けのむくみ対策サプリメントを飲む

薬を見る妊婦さん

ここまでご紹介したむくみ対策はそれぞれかなり効果的ではありますが、毎日マッサージしたりウォーキングをしたりするのはなかなか難しいですよね。
また食事面でも完璧なものを摂取し続けることがストレスになってしまうこともあるかと思います。
そんな妊婦さんは、むくみ対策のサプリメントを飲んでみてはいかがでしょうか。

むくみに悩む妊婦さんにオススメのサプリメントがこちら。
「こころからだあんしん葉酸」です。

こころからだあんしん葉酸

こころからだあんしん葉酸にはグレープフルーツ20個分にもなるカリウムが配合されているため、むくみがちな妊婦さんのお悩解消に役立ってくれることで大人気のサプリメントです。
葉酸やカルシウムなど妊婦さんに必要な栄養素もしっかり配合されていますから、これひとつで妊娠中の栄養バランスを整えることができますよ。

仕事もしている妊婦さんは特に気をつけて!

仕事に向かう妊婦さん

妊婦さんの中には中期や後期にかけても仕事を続けている女性が多いかもしれませんね。
でも、デスクワークなどずっと同じ姿勢を続けるお仕事をしている女性は血行が悪くなりがちですので、むくみも特に出やすいと言えます。
あまり体を動かさないお仕事なら妊娠に差し支えないと思っている人も多いかもしれませんが、そういう現場だからこそいつもよりもむくみには気を付ける必要があるんですよ。

妊婦さんに訪れるむくみを理解して上手く対処していこう!

妊婦さんに出やすいむくみについて、いかがだったでしょうか。

むくみやすい時期だとは言え、適切に予防・対処していけばむくみもそれほど怖いことではありません。
ただ、マッサージや栄養バランスに気を付けていてもどうしてもむくんでしまうという場合は、他に病気が隠れている可能性もあります。
おかしいな…と思ったら、産婦人科で相談してみてくださいね。

むくみについて正しく理解して、妊娠中の症状を乗り切っていきましょう!