妊婦さんは夜食を食べても大丈夫?【お腹が減る理由は何?】

妊婦さんは場合によっては夜食を食べても大丈夫!

妊娠中はつわりで食べられないという人がいる一方、お腹が空いてしょうがないという人も多くいます。そうした時に困るのが、夜食の問題です。

夜中につい食べてしまって心配になる人も多いでしょう。しかし、妊婦さんはある程度夜食を取っても大丈夫なのです。

今回は、妊婦さんが食べても良い夜食の種類などについて詳しく解説していきます。

妊娠中に夜食したくなる経験は他の妊婦さんもしている

妊娠中夜食が食べたくなるという経験は、多くの妊婦さんがしています。まずはそうした人たちの声を聞いてみましょう。

ここ1ヶ月は寝る前にお腹が減ったからとお茶漬け(お茶碗一杯分)やパンにハムとチーズを乗せた簡易ピザトースト(6枚切り食パン)等を食べていました

出典:妊娠中の夜食、やめた方が良いですよね…夕食は上の子… [ママリ] ママの一歩を支えるQ&Aアプリ

例えば夜食にどのくらい食べているかというと・・・ 食パン1枚にマーガリン→納豆1パック→空になった納豆のパックにごはんを軽くついで食べ→とうふ1丁の冷奴→ネギごはん→もち3個のお雑煮 さっきこれだけ連続で食べてやっと落ち着き、昨日も寝る前に食パン1枚とカレーライス2杯を食べたことを思い返し、このままじゃやばい!と、思い切ってトピの作成に向かいました。

出典:komachi.yomiuri.co.jp

わたしも夜食止まりませんでしたぁー! やめたいけど、お腹すきすぎて眠れないので夜中、暗いキッチンで立ちながらパンとか食べてました(笑)

出典:妊娠中の夜食、やめた方が良いですよね…夕食は上の子… [ママリ] ママの一歩を支えるQ&Aアプリ

以上、夜中に夜食が食べたくなったという妊婦さんの声でした。

多くの妊婦さんが、つわりが落ち着いて食欲が止まらなくなり、寝る前でも旺盛に食べてしまうようです。

中には1ヵ月で4kg体重が増えたという人も。皆さんいけないと思いつつも、やはり食欲の方が勝ってしまうとのことでした。

いったいなぜここまで妊婦さんのお腹が減るのか、その理由については下で見てみましょう。

妊婦さんのお腹がすいてしまう理由は?

考える妊婦さん

妊婦さんがお腹がすいてしまう原因には、主に2つのものがあります。

1つ目は、お腹の赤ちゃんに栄養が必要なためです。特に妊娠初期は、子宮内の環境変化や胎児の成長に多くのエネルギーが使われるため、その分の栄養補給が必要になります。

2つ目はインシュリンの影響です。妊婦さんはインシュリンが多く分泌されるのですが、このせいで血糖値が下がり、体が食べ物を求めてしまうのです。

関連記事

妊娠初期はお腹がすく?【空腹感との付き合い方】

妊娠中の時期別の夜食への考え方

妊婦さん

それでは、妊娠中は夜食に対してどのように向き合えばよいのでしょうか。時期ごとに分けて見ていきましょう。

①妊娠初期やつわり時は食べられるものを夜食しよう

妊娠初期はつわりの影響もあり、食べられるものが限られることが多くなっています。さらに前述のように、この時期は胎児のために多くの栄養素が必要なため、食欲が増加するのも仕方ありません。

そのため、妊婦さんは夜食でも食べられるものを食べておいた方がよいでしょう。

関連記事

妊娠初期の食欲の増加・減退はなぜ起こる?【原因と対策】

②妊娠中期・後期は栄養や体重などを管理しながら夜食しよう

妊娠中期から後期にかけては、つわりもおさまり食欲も戻ってきます。

この時期の夜食は、カロリーや糖分・塩分などに気をつけることが大事です。妊娠中に太りすぎると、出産に悪影響を与えるおそれもあります。

体重や栄養面も考えつつ、しっかりお腹が満たせるものを食べましょう。

妊婦さんが1日に摂取して良いカロリーと塩分の量は?

妊婦さん

妊婦さんが1日に摂れるカロリーは、妊娠の時期によって異なります。女性が1日に摂れるカロリー量は大体2,000kcalほどですが、妊娠初期はそれに+50kcal、中期は+250kcal、後期は+450kcalほど追加可能となっています。

一方塩分に関しては、日本人の食塩の摂取目標量は女性が7.0g未満とされています。妊婦さんについても、基本的にこの量を守るようにしましょう。

妊娠中にオススメの夜食方法

続いては妊娠中、夜中にお腹が空いた時のために、おすすめの夜食法についてご紹介しておきましょう。

以下のような方法なら、栄養や体重管理もばっちりです。

①果物を一つ食べる

バナナ

寝る前にご飯や肉などを食べると、インシュリンの分泌が増えて体重増加の原因となります。それに対し果物であれば、こうした心配もほとんどありません。

ジュースでなく、果物1個を食べましょう。

特におすすめなのがバナナで、カリウムやビタミンBなど妊婦さんに必要な栄養も摂れます。また腹持ちも良いので、寝る前に1本食べると空腹も抑えやすくなります。

りんごなどの場合は、洗って食べるのも大事です。

関連記事

【つわりにいい!?】妊婦さんがりんごを食べるメリットと注意点

②お味噌汁

味噌汁はたんぱく質、ビタミン・ミネラルなど妊婦さんにうれしい栄養が入っています。またカロリーが低い上に体も温まり、寝る前の夜食にはぴったり。

ただし塩分がやや多めのため、量を摂りすぎるのは控えた方が良いでしょう。

関連記事

つわり時はお味噌汁の好き嫌いが別れる?【塩分は大丈夫?】

③ヨーグルト

ヨーグルト

ヨーグルトも豊富な栄養を含み、妊婦さんの夜食にはおすすめの食べ物となっています。

たんぱく質やカルシウム、ビタミンが含まれているので、母体の健康維持や胎児の成長にも役立ちます。

もちろんカロリーも低いので、この点も安心。ただ脂質が含まれるため、こちらも食べ過ぎには要注意です。

④お野菜・サラダ

野菜やサラダ類も、夜食には適しています。食物繊維やビタミンなどの栄養が摂れる上にカロリーも高くないので、健康面の管理もばっちりです。

注意点としてはきちんと洗って食べることと、野菜ジュースは控えるということ。

市販の野菜ジュースには塩分や糖分が含まれるため、あまり飲みすぎないことが大切です。

⑤納豆・豆腐

納豆

納豆や豆腐にはカルシウムやビタミンEなどが含まれ、やはり妊婦さんの夜食に適した食べ物となっています。

ただ大豆食品に含まれる大豆イソフラボンは、妊婦さんにはやや注意が必要。過剰摂取は胎児に影響があるという説もあり、豆腐なら1日半丁ほどにしておいた方が良いでしょう。

関連記事

納豆は妊婦さんに必要な栄養素が豊富!妊娠時期ごとの効果を解説

他の妊婦さんがオススメする夜食レシピもチェックしてみよう

OKを出す妊婦さん

上で紹介したようなものの他にも、妊婦さんの夜食に適した食事はたくさんあります。

特に妊婦さんたちが自分で開発した夜食レシピは、経験者なだけに役立つメニューがいっぱい。

そうした夜食レシピを参考にすることで、健康面や体重管理のケアもしやすくなるはずです。

以下にそうした妊婦さんのおすすめレシピへのリンクをご紹介しておきますので、ぜひチェックしてみて下さい。

他の妊婦さんの夜食レシピをチェックしてみる

夜食として妊婦さんが控えるべき食べ物

バツをする妊婦さん

逆に妊婦さんが控えるべき夜食の種類としては、以下のようなものがあります。

お菓子やハンバーガー、ピザなどのジャンクフードや、ラーメンなどのインスタント食品、また刺身などの生ものは控えましょう。

その他ナチュラルチーズも妊婦さんには向かないと言われています。その理由は刺身などと同様、感染症の危険があるためです。

妊婦さんが夜食する時に気をつけること

妊婦さんが夜食を食べる際は、いくつかのポイントに注意しなくてはなりません。

以下の様な点には十分気をつけましょう。

①妊娠糖尿病に注意

「妊娠糖尿病」は、妊娠中の糖代謝異常の一種で将来の糖尿病リスクを高める病気です。
妊娠高血圧症候群や流産・早産をもたらす危険もあります。

妊娠糖尿病は肥満や妊娠中の体重増加がきっかけで起こりやすいため、夜食を食べる際はこの点に注意する必要があります。

関連記事

妊娠初期は必要以上に太ることがある?体重増加による悪影響はない?

②体重の管理や栄養バランスをチェックし続けよう

繰り返し述べてきたように、妊婦さんの体重管理は大切です。妊娠糖尿病などのリスクや難産にもつながるため、適切なカロリーコントロールが必要になります。

また栄養面も偏らないよう、ビタミン・ミネラルや食物繊維などに配慮しましょう。

③果物の過剰摂取に気をつけよう

果物は妊婦さんの夜食にもオススメですが、食べ過ぎにはくれぐれも要注意。フルーツ類は糖分が高めなため、食べ過ぎると太る危険があります。

またスイカやメロンなどは水分が多く、体を冷やす危険もあります。果物ばかりを食べ過ぎるのは控えましょう。

日中に栄養がとれている人は寝てしまうのも一つの方法

眠る女性

妊婦さんが夜中にどうしてもお腹が空いた場合、軽い夜食を取るのはOKです。

しかし、日中に十分な栄養が摂れている場合は、そのまま寝てしまうのも1つの方法でしょう。

空腹で眠れない場合は別ですが、しっかり栄養が摂れていれば、寝ることで空腹も忘れられます。お腹が空いて目が覚めた時は、枕元にすぐ食べられるものを置くなどしておくと良いでしょう。

妊娠中の夜食でわからないことはお医者さんに聞いてみよう!

お医者さんと女性

妊娠中はいろいろと疑問に思うことも多くなります。
夜食に関しても同様で、どういったものを食べればよいのか迷ってしまうという人も多いでしょう。

そうした時にはまず、お医者さんに相談してみましょう。

自分であれこれ悩むより、専門家による適切なアドバイスを受ける方が簡単です。夜食に適した食べ物や量の注意点など、診察の際に尋ねておきましょう。

栄養バランスが偏った時は葉酸サプリで補おう

葉酸サプリ

これまで述べてきたように、妊婦さんが夜食を食べる際は栄養面の配慮が欠かせません。しかしどうしても栄養が偏ってしまうという時は、葉酸サプリで補うのがおすすめです。

葉酸サプリを服用することで、妊娠中には欠かせない葉酸の他にも、ビタミンやミネラル、食物繊維などバランスのよい栄養補給ができます。

夜食や間食が多くなって栄養面が心配という人は、栄養豊富なサプリメントを活用しましょう。

ほどよく夜食をして妊娠期間を乗り越えよう!

いかがでしたか?

これまで述べてきたように、妊娠中にはどうしてもお腹が空いて仕方ないことが多くなります。
そのために眠れないという時は、寝る前に食べるのもOKです。

ただし、体重や栄養面の配慮を忘れないことが大切。
ジャンクフードなどは避け、なるべく果物や味噌汁などで済ましましょう。

適度に夜食を摂りつつ、妊娠期間を乗り切って下さい。