【妊活の基本】妊娠しやすいセックスの仕方とタイミングとは?

運に任せてない?!妊娠しやすいセックスの仕方があった!

家族写真

多くの人が妊娠は自然に誰でもできるものだと思っています。確かに赤ちゃんは天からの授かりものと言われるのですが、妊活をしているのであれば全てを運に任せてばかりはいられません。
女性にとって妊娠しやすいタイミングがあるように、実は妊娠しやすいセックスの仕方やタイミングがあります。妊娠を望む夫婦だからこそできる妊活方法です。
夫婦の協力あってこその妊活を運任せにしないようにしましょう。

セックスの仕方と妊娠の関係はあるの?

The woman represented by Venus symbol. The goddess of love and beauty, Venus symbolizes the birth and fertility, love and sexual desire.

女性の体も男性の体も、そして心もとてもデリケートです。特に妊活中というのは、目指すゴールは同じはずなのにいつの間にかパートナーとの温度差が出てきてしまい、ぎくしゃくしてしまう夫婦も少なくありません。

妊娠することだけが目的になってしまうセックスは男女共に苦痛に感じたり負担になったりしてしまいます。セックスのタイミングや仕方を蔑ろにしていては、妊活を円満に継続することが難しくなります。

夫婦が向き合ってセックスの仕方やタイミングを知ることによって妊娠しやすい環境と整えることができるようになります。さらに回数や体位なども妊娠に影響を与えます。恥ずかしがらずに積極的に取り組んでいきましょう。

妊娠しやすいセックスの仕方とは?

妊娠しやすいセックスの仕方は、まずその知識がなければできません。女性の体内で起きている一番いいタイミングを把握できるように基礎体温をつけるなどなにかしら事前の準備も必要なこともあります。

妊活しやすいセックスの仕方には女性にしかできないこと、パートナーの協力がなければできないことがなどがあります。まさに夫婦の共同作業です。必要なことはなにかを知って、うまく妊活を進めていけるようにしましょう。

1番妊娠しやすいセックスのタイミングは?

一般的にもよく知られているもっとも妊娠しやすいと言われるセックスのタイミングは、排卵日の直前です。
卵子の寿命は排卵後の12時間から24時間ほどです。逆に精子の寿命はは射精後から60〜70時間と言われていますのでこのタイミングに受精しなければ妊娠に至りません。

つまり排卵の前に精子が卵管の中にある方が受精する確率が高くなると言えます。排卵日直前の方が妊娠しやすいと言われるのはこのためです。

セックスの回数は?ベストな間隔は?

妊婦さんと夫

セックスをする回数を可能な限り増やせば、妊娠できる確率がそれだけ高くなるかというとそうとは限りません。
毎日、作られる精子の数にもある程度の量がありますので、セックスの回数が増えれば、一度に作られる精子の数も少なくなります。

男性の体の構造からもセックスの間隔は、2〜3日に一回程度がベストです。
排卵日が近くなったら、タイミングを夫婦で合わせ2〜3日間隔で、セックスをすると妊活がスムーズに行く確率が高くなります。

夜と朝どっちが妊娠しやすい?

妊婦さんとハート

実は1日の内で男性ホルモンの分泌が最も活発になり精子の数が多くなるのは早朝の時間帯です。
セックスは多くは夜にする場合が多いかもしれませんが、早朝は精子の濃度が一番濃くなるので男性の性欲も高まっています。朝にセックスをするタイミングを持てるようにすると通常のセックスよりも妊娠の確率が高くなると考えられます。
これには夫婦でタイミングを合わせることが必要になってきますのでチャンスを逃さないように話し合いが不可欠です。

セックスの直後、妊娠するために気をつけることは?

妊婦さん

妊娠したい場合はセックスのすぐ後に気をつけたいことがあります。セックスをした後は、女性は妊娠しやすい体制を崩さないようすぐに立ちら歩いたり、体を激しく動かさないようできれば横になったまま楽な姿勢を保ちましょう。
なぜなら精子は、子宮口から卵管内へと移動していきますのでそのタイミングに体を激しく動かしたり、歩き回ったりするとせっかく子宮へ向かおうとしている精子の行く手を妨げてしまいかねないからです。

セックスの後はできれば少なくとも10分程度はそのまま横になり、精子が卵管内を移動しやすいようにしてあげます。さらに横になる姿勢としては、両膝を立てて膝をつけるような姿勢をとるといいとされています。

妊娠しやすい体位はこれ!

人の体つきがそれぞれ違うように女性の体つきによって妊娠しやすい体位というのが変わってきます。自分の体をよく知るきっかけにもなりますので、妊活のひとつとして体位も視野にいれてみましょう。

『子宮前屈』の人は正常位がオススメ!

妊婦さん

子宮はまん丸ではなく例えるならナスビのような形をしています。そして一般的には多くの女性が子宮前屈と言われる子宮の奥が入口に比べてみると膀胱側、前向きに倒れている形をしていると言われています。
女性がこの体型の場合は正常位でセックスする方が妊娠しやすい体位と言えます。子宮口の部分に精子が溜まりやすくなるからです。
さらに同じ子宮前屈でもそれぞれ体型が違いますので、セックスの際は女性の腰の下にクッションや枕、座布団などを置き、少し腰を高くあげることによって子宮の奥の方に精子が届きやすくなりますのでぜひ活用してみてください。
セックスの後はクッションを敷いたままリラックスするといいでしょう。

『子宮後屈』の人は胸膝位がオススメ!

お腹を包み込む妊婦さんと夫

また逆に子宮後屈の女性というのは生まれつき子宮が通常よりも後ろに傾いているか、もしくは子宮内膜症などが原因で後ろに傾いたことが考えられます。
子宮後屈は子宮の角度が前屈とは違い、精子が子宮の中にとどまりにくくなり、それにより着床、そして受精がしにくくなる場合があります。
子宮が直立しているような状態ですので、女性はセックスの際にうつ伏せに寝て腰を高くあげる胸膝位や横にうつぶせ寝した状態の腹臥位が妊娠しやすい体位と言われています。
体つきによって妊娠しやすい体位があることを知らない女性の方が多いと言えます。パートナーと協力して妊活にうまく取り入れていきましょう。

セックス以外で妊娠する確率をあげる方法とは?

セックスありきの妊娠ですが、セックスをするタイミングだけに関わらずより効果的に妊娠する確立をあげるために自分でできることを試していきましょう。

基礎体温を測る

■「基礎体温表」は撮影用にデザインしたオリジナルの小道具です。

基礎体温は産婦人科を訪れると必ずつけるように支持されます。基礎体温は単に体温を測るのではなく、女性が排卵しているかどうかを知ることもでき、また排卵するタイミングを知ることによって妊娠しやすいタイミングを目でみて確認することができます。

目が覚めたらまず立ち上がったりせず横になったままですぐに基礎体温を毎日測りましょう。時間もできれば同じタイミングで測ることがベストです。
しかし、毎日同じように測るのが無理な場合もあります。トイレに起きてしまった、測り忘れてしまったという場合も神経質になりすぎずに継続して測ることが必要です。
基礎体温は少なくも1ヶ月以上の計測が必要となります。妊活中は継続して測りましょう。

葉酸を摂取する

葉酸は妊活中には積極的に摂取していきたい栄養素です。厚生労働省が推奨する妊娠中に必要な葉酸の1日の摂取量は400μgです。
日常生活の中で毎日摂取するのはなかなか難しい量なので、サプリによる摂取が手軽で確実です。

ベルタ葉酸サプリなら1日に4粒飲むだけで必要な葉酸を補うことができます。さらにビタミンやミネラル、カルシウムに加えて、美容成分も含まれていますので妊娠中に必要な栄養素を摂取することができます。お得な定期便もあり、買い忘れの心配もありません。
ホルモンバランスを整える働きもあり妊娠時期の体調不良にも効果が期待できます。また妊娠初期の赤ちゃんの発育にも必要とされる葉酸を上手に取り入れましょう。

適度な運動を心がける

運動する妊婦さん

適度な運動は、妊娠に限らず体全体の血流をよくしてくれます。体の冷えは、血流を妨げホルモンバランスを崩し、子宮内膜を薄くしてしまいます。妊娠していなくても、生理痛がひどくなるなど不快な症状がでますので適度な運動は女性にとってとても大切と言えます。妊活中ならば、特に気をつけたいポイントです。

運動と聞くとジムへ通ったり、過度なスポーツをしなければならないと思いがちですが、股関節を和らげるストレッチや自宅でもできる簡単なヨガなどでも十分です。
また毎日の日課とすることが望ましいですが、体調やスケジュールを押してまで運動をするとかえってストレスとなり逆効果です。体が気持ちいいと感じる運動を継続的に行うことを心がけましょう。

焦らずセックス自体も楽しみながら妊活しよう♡

妊娠はいくら病院にへ通って、体によいとされることを実践していてもパートナーがいなければ妊娠できません。
妊活がお互いのストレスとなり、心が離れてしまってはうまくいくはずの妊活もスタートからつまずいてしまいます。

自分にとってもパートナーにとっても妊活はとてもプライベートなことまで相手に晒さなくてはならないので、プレッシャーを感じたり、デリケートな部分を晒すのにも抵抗があることもでてきます。
ましてセックスについてはパートナーありきです。パートナーを信頼し、セックス自体を楽しみながら妊活を続けていけるとより親密度が増すはずです。

この記事のカテゴリー: カテゴリー妊活中