妊活をしたいなら飲酒はやめるべき?!妊娠してからでは遅い?

妊活をしたいなら飲酒は厳禁?!

happy young group enjoying dinner party

飲酒やタバコは漠然と「赤ちゃんを望む女性には良くない」と捉えられがちですが、あなたはなぜ妊活中に飲酒がよくないのか、知っていますか?

今回は妊活中の飲酒が女性の体に及ぼす悪影響や、お酒との付き合い方について、詳しく解説していきます。男性側のリスクも紹介していますので、夫婦でチェックしてくださいね。

飲酒はなぜ妊活中によくないとされるのか

お腹をおさえる女性

妊娠中の飲酒は胎児性アルコール症候群を引き起こす原因となり、赤ちゃんの体が健やかに育たない可能性があることが昔からよく知られています。妊娠がわかった段階で禁酒をする女性は多いのですが、実は、妊活中の飲酒も好ましいものではありません。

アルコールが不妊の原因を作る、もしくは妊娠しやすさを妨げるという医学的な理由付けはされていないのですが、人工授精などの不妊治療を受ける場合、習慣的に飲酒をしている女性は着床率が低いと指摘する医師もいます。

適度なお酒は気分を明るくすることから「百薬の長」とも呼ばれますが、WHOが提言するように、お酒は健康を害するリスクもある飲み物です。赤ちゃんが欲しいと意識し出したら、お酒を控える努力を始めることをおすすめします。

妊活中に飲酒するとどんな影響が?

ビールを飲む女性

私たち女性は赤ちゃんを胎内で育てて生む機能が自然と備わっていると思いがちですが、いま、さまざまな要因で赤ちゃんを望んでも妊娠できない女性が増えています。習慣的な飲酒も妊娠しにくさの原因になる可能性がありますので、飲酒習慣を見直していきましょう。

月経不順

女性が妊娠するためには、決まった周期で排卵していることが大前提です。排卵周期はエストロゲンなどの女性ホルモンの体内濃度の変化で引き起こされていますが、習慣的に飲酒をしていると肝臓がアルコールの分解で手一杯になり、エストロゲンの分解ができません。

その結果エストロゲンの体内濃度の変化が起きにくくなり、月経不順を起こしやすくなってしまいます。

卵子の質の低下

過度な飲酒は女性ホルモンのバランスを乱し、健康な卵子を作ることを妨げますが、アルコールを分解する際に生じる活性酸素も問題です。活性酸素は体を老化させるモトとも言われていますが、活性酸素が体内に増え過ぎると生殖機能を衰えさせて、卵子の質を悪くしてしまいます。

強い卵子が作られないと、せっかく受精しても着床しにくくなり、妊娠率が低下してしまうのです。

葉酸の吸収を妨げる

葉酸は直接不妊を改善する効果が期待できる栄養ではありませんが、血液を増やすことで女性の体の健康をサポートし、ホルモンバランスを整えて子宮の状態をよくすることで、妊娠しやすい体作りをサポートします。ところが過度な飲酒をしていると、肝臓がアルコールの分解を優先させてしまうため、葉酸が吸収されにくくなってしまいます。

葉酸はもともと体への吸収率が悪く、不足しがちな栄養素です。妊娠初期に不足すると受精卵のスムーズな分割ができにくくなってしまうので、妊活中も葉酸サプリなどを活用して、積極的に葉酸を摂取していきましょう。

実際、妊活してる人たちは飲酒を控えてるの?

妊婦さんと赤ちゃん用の靴

不妊と飲酒の関係には医学的なデーターが揃っておらず、ネットなどの妊活サイトを見ても、「妊活中の飲酒は絶対にダメ」という意見がある一方で、「神経質になる必要はない」という意見もあり、考え方は人それぞれで違います。

妊娠しにくい要因を作ってしまうのは、あくまでも過度な飲酒ですが、妊活に成功して赤ちゃんがお腹に宿れば飲酒も自然と控えることになりますので、妊活中からお酒を控える努力を始めるといいですね。

もし、仕事のストレス発散や一日の終わりのリラックスタイムに「ちょっと、一杯飲みたいな」と思うなら、お酒ではなく、葉酸が摂れるほうれん草やいちごを使ったスムージーなどに置き換えてみてはいかがでしょうか。

実は旦那さんも注意!過度な飲酒は精子の運動能力を低下させる!

手をつなぐ妊婦さんと夫

妊活と飲酒の関係を説明すると、女性ばかりの問題と捉えられがちですが、過度の飲酒は男性側にも妊娠しにくい原因を作ってしまいます。米生殖医学会の研究報告では、男性側のアルコール摂取量が増えると精子の濃度や運動性が低下して、受精率が低くなるという指摘がされているのです。

アルコール依存症の男性の場合、精力減退などの症状も起きやすく、行き過ぎた飲酒は男性にとっても好ましくありません。赤ちゃんが欲しいと考えたら、男性側もアルコールの摂取を控えていきましょう。

妊活は夫婦でするもの!

思うように妊活が進まないと、不安になってしまったり、さまざまな制限を受けることでストレスを募らせてしまったりすることも多くなります。そんな妊活のストレス緩和にと、安易にお酒に手を出しちゃいけません。

お酒好きな人がお酒を控えるのは難しいといった面もありますが、妊活中のストレスが一人で抱え込むのではなく、夫婦で共有するのが基本です。夫婦二人三脚でお酒を控えて、元気な赤ちゃんをお迎えできるといいですね。

この記事のカテゴリー: カテゴリー妊活中