妊婦さんが食べてはいけないものはこれ!絶対チェック!

妊婦さんが食べてはいけないものってなに?

考え込む女性

女性にとって妊娠することは最大の喜びではありますが、一方で胎児を無事出産するまでの長い道のりの始まりでもあります。
およそ10ヶ月の間、自分一人ではない体を普段以上に気をつけなければなりません。

特に毎日摂取する食事には、注意すべき点がたくさんあるのです。
妊婦さんには胎児に悪影響をもたらさず健康に育むために、食べるべきものと食べてはいけないものがあります。

食べてはいけないものの中には流産や早産を誘発するものもあり、最悪死に至る危険性もありますから、事前にチェックしておくべきですよ。

未殺菌処理のチーズや加熱せずに作られた乳製品

乳製品

妊娠中は胎児への影響を考えて、妊婦さんは感染しやすい食中毒に注意しなければなりません。

乳製品は一般的には体に良いものですが、未殺菌処理のチーズや加工せずに作られた乳製品は妊婦さんにとっては食中毒引き起こす可能性のあるものであり、食べてはいけないものになっています。

なぜなら、家畜などの動物や土壌・河川水などから検出されるリステリア菌が製造過程でも死滅せずに食品となることがあるからです。

リステリア菌は低温度でも高濃度の塩分であっても繁殖する強い菌で、妊婦さんは感染しやすくリステリア食中毒を引き起こす可能性があるのです。

リステリア食中毒に感染すると高熱や嘔吐などの症状が現れ、妊婦さんのみならず胎児にも影響を及ぼします。

それが原因で流産や早産のリスクが高くなるため、未殺菌処理のチーズや加熱せずに作られた乳製品は妊婦さんが食べてはいけないものに挙げられています。

ユッケ・レバ刺しなどの加熱不十分な肉

バツを持つ女性

ユッケ・レバ刺しなどの加熱不十分な肉も妊婦さんが食べてはいけないものの一つです。

家畜の肉や土の中などにいる寄生虫のトキソプラズマは、加熱をしていない肉を通して体内に入り感染する可能性があります。

トキソプラズマは普通には感染しても問題はありませんが、妊婦さんの場合は話が別です。

妊婦さんが感染しても母体自体にさほど影響はありませんが、胎児に感染する可能性があり感染した場合は流産や死産のリスクが高くなります。

また、胎児がトキソプラズマに感染すると水頭症を引き起こすこともあり、脳や目に障害をもたらす可能性があります。

そのため、ユッケやレバ刺しなどの加熱不十分な肉は妊婦さんが食べてはいけないものとされているのです。

水銀を含んでいる食材

妊婦さん

妊婦さんが食べてはいけないものとして、水銀を含んでいる食材もあります。
水銀と聞くと何となく体に悪いイメージがあるかもしれませんが、魚や深海魚に含まれるメチル水銀のことで普段から摂取している栄養価値のあるものを指します。

もちろん、メチル水銀は摂取しても自然に排出されるため妊婦さん自身に悪影響を及ぼすことはありません。

ではなぜ、妊婦さんが食べてはいけないものに水銀を含む食材が挙げられるかというと、胎児には水銀を排出する機能がないからです。

ですから、妊婦さんがこのような食材を摂取することによって胎児には悪影響を与えてしまい神経障害や発達障害をきたす恐れがあるのです。

具体的に食べてはいけない水銀を含む食材は、加工食品を含むマグロ類の魚や金目鯛をはじめとする深海魚が主なものです。

ビタミン Aをよく含む食べ物

お医者さんと妊婦さん

妊婦さんが食べてはいけないものに、ビタミンAをよく含む食べ物があります。
ビタミンAといっても植物性と動物性のものがあり、妊婦さんが過剰に食べてはいけないものは動物性のビタミンAです。

もともと、ビタミンAには胎児の成長に関わる作用があり妊婦さんには摂取不可欠な重要な栄養素です。

ただし、動物性のビタミンAを過剰摂取すると胎児に奇形が生じたり水頭症などを発症させる可能性が高くなります。

食べてはいけないものとしてビタミンAをよく含む食材は、主にレバーやうなぎなどが代表的なものです。

特に妊娠初期はビタミンAの食材による悪影響を受けやすいので、妊婦さんは過剰摂取に注意が必要です。

【番外編】妊娠中に控えるべき飲み物

飲み物を飲む女性

妊婦さんが食べてはいけないものがわかりましたが、口に入るものは食べ物だけではありません。
飲み物の中にも妊婦さんが控えるべきものがあります。

お酒

お酒にはアルコールが含まれているため、妊婦さんは胎児を守るために控えなければなりません。

胎盤を通して胎児に栄養が運ばれますが、アルコールも例外ではなく妊婦さんがお酒を飲むと胎児もアルコールを摂取した状態になります。

その結果、胎児性アルコール症候群を発症し発育不全を起こしたり障害を生じるリスクが高くなるため妊娠中はアルコールを完全に控えるほうがいいでしょう。

コーヒー

コーヒーも妊婦さんが控えるべき飲み物の一つです。
控えるべき理由は、コーヒーにはカフェインが含まれているからです。

カフェインを妊婦さんが大量に摂取すると血管が収縮することによって子宮への血流が悪くなり、流産や死産のリスクが高まります。

また、胎児の発育に影響をもたらすこともあります。
摂取してはいけないということはありませんが、できるだけカフェインを含むコーヒーの摂取は控えるようにしましょう。

栄養ドリンク

妊婦さんの中には体力が奪われて疲れがとれない…などの悩みがある人もいるでしょう。
そんな時栄養ドリンクを飲みたいと思うかもしれませんが、安易に栄養ドリンクを飲むのは危険です。

栄養ドリンクは体力回復のために多くの栄養分が配合されています。
中には覚醒させるためにカフェインを使っているものやアルコールが含まれていることもあります。

ですから、妊婦さんは栄養ドリンクを飲む前は含まれる成分をしっかりと把握することはもちろん、できるだけ控えるようにすることも必要です。

妊娠がわかったらすぐに実践しよう!

いかがでしたか。
妊婦さんがチェックするべき、食べてはいけないものについてご紹介しました。

妊娠前は普通に食べていたものや、一般的には健康に良いとされるものでさえ胎児には悪影響を及ぼすものがたくさんあります。

食べてはいけないものを事前に把握しておかなければ、いざ妊娠が発覚したときに慌てることになります。

胎児を成長させるためには食事は大切なものですから、妊婦さんが食べることが
推奨されるものと食べてはいけないものは予め知っておくべきです。

そして、問題を防ぐためにも妊娠が発覚したらすぐに実践するようにしましょう。

この記事のカテゴリー: カテゴリー妊娠中