妊娠したとたんに便秘!その原因と解消法を解説!

妊娠中の便秘をどうにかしたい!

考え込む女性

妊娠中の多くのプレママが悩むのが、頑固な便秘。便秘になってしまうと胃腸の機能が低下して、葉酸を始めとする、赤ちゃんの育てるために必要とする栄養の吸収も悪くなってしまいます。

妊娠中には何故便秘になりやすくなるのかを解説しながら、妊娠中に取り入れた便秘改善の秘訣や、運動法などについて、わかりやすくご紹介していきます。

なぜ妊婦さんは便秘になりやすいの?

お腹をおさえる女性

お通じの回数やスムーズさは個人差が大きいのですが、もともと女性は男性よりも筋力が弱く、便を押し出すことができないので、便秘になりやすい傾向があります。加えて妊娠中は次のような理由から、女性はより便秘になりがちなのです。

ホルモンバランスの変化

妊娠すると赤ちゃんをお腹で育てるために女性ホルモンの一つ、プロゲステロンの分泌量が増えるのですが、このホルモンが増えると基礎代謝が低下します。出産にむけて体が栄養を蓄えるためなのですが、腸の蠕動運動も鈍くなってしまうので、お通じがスムーズに進まなくなります。

食生活の変化

妊娠初期はつわりなどで食欲が落ち、食事量が不足しがちです。便の材料となる食物繊維が減り、水分の摂取量も減るので、便が硬く排出しにくくなり、妊娠初期に便秘になる女性が多いのです。

子宮が大きくなるため

つわりの時期が過ぎ、赤ちゃんが育ってくると、大きくなった子宮が胃や腸などの消化器官を圧迫するようになります。そのため腸の蠕動運動も制限されてしまい、妊娠後期になるほど便秘がちになってしまいます。

ストレスや疲労

妊娠初期は、体調や生活の変化で疲れやすく、ストレスも感じています。身体的・精神的に過度なストレスがかかると体の各機能を調整している自律神経が乱れ、腸の動きにも悪影響を与え、便秘になりやすくなるのです。

妊婦さんにオススメの便秘解消法とは?

運動する妊婦さん

便秘は老廃物が溜って健康に悪影響が出るだけでなく、お腹が張ったり、痛みがあって、苦しいものです。妊娠中はつわりなどでただでさえ体に不調を感じがちなので、次のような方法で少しでも便秘を改善して行きましょう。。

こまめに水分を撮る

便秘の改善には、サツマイモやバナナなどの食物繊維が豊富な食べ物をとるだけでなく、水分をたっぷり摂ることが大事です。水分は弁を柔らかくし、お通じをスムーズにする効果が期待できます。特に朝方は体の水分量が不足しがちなので、朝起きたらコップ1杯の水を習慣にして、胃腸を刺激しましょう。

適度に運動をする

便を体から押し出すためには、ある程度の筋肉が必要ですが、妊娠中は運動量が減って筋力が低下します。適度な運動は自律神経系を強化して、乱れたホルモンのバランスを整える効果もありますので、ウォーキングやヨガ、ストレッチなどの無理のない範囲で、軽めの運動を習慣にしましょう。

普段の姿勢を気をつける

赤ちゃんが胎内で成長して大きくなってくると、母体はだんだん猫背になり、姿勢が歪んでしまいます。お腹が圧迫されて腸の蠕動運動が起きにくくなりますし、骨盤が歪むことで便秘がちになってしまうので、妊娠中期以降は極力姿勢に気を付けて、背骨がS字カーブを描くように意識して下さい。

生活リズムを整える

私たちの生理現象は自律神経系の働きでコントロールされていますが、生活のリズムが乱れてしまうと自律神経の働きが悪くなり、ホルモンバランスも乱れて便秘がちになります。食事は毎日3食しっかり食べ、夜更かしをやめて十分な休息をとり、早寝早起きの習慣をつけて便秘を改善しましょう。

妊婦さんは便秘薬を飲んでも平気なの?

薬

普段から便秘がちな場合は、便秘薬を常用している人も多いですよね。ですが、妊娠中に市販されている便秘薬を自己判断で飲むのは、好ましくありません。漢方なら体に優しいと考えがちですが、配合している薬草の中には、妊娠中には摂取すべきものではない成分が含まれている可能性があります。

効果が強すぎて下痢になってしまうと、流産に繋がりかねないというリスクもありますので、薬を使う前に産婦人科のお医者さんに相談をしましょう。医師の判断で妊婦でも安心して飲める薬を処方してもらい、用法・用量を守って、安全に活用したいですね。

妊婦さんでもできる便秘に効果的な運動はこれ!

運動する妊婦さん

妊娠中の軽めの運動は、出産にむけての体力養成にも効果的ですが、頑固な便秘に苦しんでいる場合には、次のような運動が効果的です。

  • 腰まわし体操:フラフープの要領で、右に10回・左に10回、腰を回す。
  • 腰ねじり体操:床に胡坐をかいて座り、上半身だけ左右に捩じって後ろを向く

こういった運動は腹筋などの便を押し出す筋肉を養うだけでなく、胃腸も刺激して、蠕動運動も促してくれます。血行が良くなることで便秘の改善効果も高いのですが、切迫流産や前置胎盤など診断を受けている場合には、無理な体操は厳禁です。医師の指導に従って安静にし、食生活や生活習慣の改善で便秘の解消に取り組んでいきましょう。

健康的な生活を心がけて便秘改善しよう!

赤ちゃんが育つことでお腹が苦しくなり、さらに便秘でお腹が張るのはつらいものです。ですが、あまり気に病んでストレスになってしまうと、これも全身の血行を悪くして自律神経を乱し、便秘の原因になりかねません。

便秘は生活のリズムを整えて、健康的な生活を送ることでも解消できますので、無理のない方法で妊娠中のお通じをスムーズにしていけるといいですね。

この記事のカテゴリー: カテゴリー妊娠中