妊娠中にコーヒーを飲んでも問題はない?カフェインの影響は?

妊娠中はコーヒーの飲みすぎに注意しましょう

バツを持つ女性

コーヒーは世界中どこでも人気の飲み物。もちろん日本も同様で、これがないと一日暮らせないという人も多いでしょう。

しかし妊婦さんにとっては要注意。実は妊娠中にコーヒーを飲みすぎると、思わぬ危険を招く可能性があるのです。

今回は、コーヒーに含まれるカフェインが妊娠に与える影響について解説していきます。

妊婦さんがカフェインを摂ると同等量のカフェインが胎児に行き渡ります

妊婦さん

妊娠中は飲みすぎない方がいいと言われるコーヒー。ではなぜ、コーヒーの飲みすぎはNGなのでしょうか。それは、コーヒーに含まれるカフェインに理由があります。

カフェインは神経を興奮させて集中力を高める一方、摂りすぎると嘔吐や頭痛などの副作用を起こします。しかも妊婦さんの場合、摂取したカフェインは胎盤を通過して、同じ量が胎児へ行き渡ってしまうのです。

赤ちゃんへの影響を考えれば、カフェインの摂りすぎが危険なのは間違いないでしょう。

妊娠超初期・初期にカフェインを摂りすぎた場合の影響は?

RISK

それでは妊娠中のカフェインの摂りすぎは、具体的にどんな影響があるのでしょうか。まずは妊娠超初期・初期の影響について見てみましょう。

①流産のリスクが上がる

妊娠中にカフェインを摂りすぎると、流産のリスクが上がると言われています。これは妊娠超初期・初期でも同様で、妊娠の早い段階からコーヒーの飲みすぎには要注意となっています。

前述のように、妊婦さんが摂取したカフェインはそのまま赤ちゃんに流れ込むのですが、胎児の臓器は未発達のため取り込んだカフェインを分解できません。

そのため胎児の成長が阻害され、最悪流産に至る可能性があるのです。

②胎児の発育が妨げられる

赤ちゃんが取り込んだカフェインを分解できないことは上述の通りですが、それによって発育に悪影響が出る危険も。

分解されないカフェインは胎児の体に蓄積し、低体重症や低身長症などの発育障害をもたらす可能性があるのです。

特に妊娠超初期・初期は赤ちゃんが最も未発達な段階のため、カフェインの影響が強く出てしまうおそれがあります。

妊娠中期・後期には白血病のリスクが上がると言われてる

血液中

妊娠中期・後期になると、コーヒーの飲みすぎはお腹の赤ちゃんの白血病リスクを高めます。妊娠中に毎日1杯のコーヒーを飲んだとすると、胎児の白血病リスクは20%上昇すると言われているのです。

さらに一日2杯なら60%、4杯なら72%と、飲む量に比例して白血病のリスクは増大していきます。これはカフェインが胎児のDNAに影響を与えるためと言われており、事実ここ数十年で小児白血病は増加する傾向にあります。

カフェインの過剰摂取は母体にも悪影響があります

お腹をおさえる女性

コーヒーの飲みすぎが危険なのは、決して赤ちゃんに対してだけではありません。妊婦さんにとってもカフェインの摂りすぎはリスクが大きいのです。

前にも触れましたが、カフェインは神経を興奮させる一方で、摂りすぎるとさまざまな副作用を起こします。例えば不眠や吐き気、体の冷えといった症状や、利尿作用によってミネラルが排出され貧血やカルシウム不足が起こる可能性もあります。

コーヒーの量は1日何杯までなら大丈夫?

考える妊婦さん

ここで気になるのが、「じゃあ一日どれくらいのコーヒーなら大丈夫なの?」ということでしょう。

妊婦さんが一日に摂ってよいカフェインの量には諸説ありますが、100mg程度なら問題ないというのが通説です。

1杯のコーヒーに含まれるカフェインの量は種類によっても異なりますが、大体50~100mgほど。つまり、一日コーヒー1杯程度なら大丈夫と言えるでしょう。

気になる場合はノンカフェインのコーヒーがオススメ!

OKする妊婦さん

1杯なら大丈夫とは言え、赤ちゃんへの影響を考えるとやはり心配になるという妊婦さんも多いはず。

そんな方にオススメなのが、ノンカフェインのコーヒーです。これはコーヒー豆の段階でカフェインを取り除いたもので、「カフェインレス」「デカフェ」などとも呼ばれています。

実際のところ、完全にカフェインが除去されるわけではありませんが、胎児や母体への悪影響は減らすことができます。

カフェインの過剰摂取にはコーヒー以外にも気を使いましょう

妊婦さん

ところで、カフェインの過剰摂取が心配なのはコーヒーだけではありません。カフェインが含まれる飲み物は、他にもたくさんあるのです。

例えば紅茶や緑茶、抹茶やウーロン茶、ほうじ茶や、コーラ、チョコレート、ココアなどにも含まれています。

特に玉露に含まれるカフェインは、1杯あたり200mgもあります。お茶の中でもダントツの量なので、くれぐれも飲みすぎには注意しましょう。

妊娠中はカフェインの摂取量に注意しましょう

いかがでしたか?このように、妊娠中にコーヒーを飲みすぎると胎児に悪影響を与える可能性があります。カフェインで発育が阻害されたり、最悪流産に至る危険も。また、母体に対しても決して良くありません。

妊娠中にコーヒーを飲む場合は頻度や量を抑えたり、ノンカフェインのものを選ぶよう気をつけましょう。また、カフェインを含む他の飲み物にも注意することが必要です。