市販の妊娠線予防クリームの選び方とオススメ商品

市販の妊娠線予防クリームには選び方がある

妊婦さんや産後のママを悩ます問題の一つに、「妊娠線」があります。

妊娠線は主に皮膚の乾燥が原因で起こり、予防にはクリームでの保湿が効果的です。しかし妊娠線予防クリームにもちゃんと選び方があり、どれでも良いというわけではありません。

今回は市販の妊娠線予防クリームの選び方や、おすすめ商品などについて紹介していきます。

妊娠線の症状と原因

妊娠線とは、お腹が大きくなる妊娠5~7ヵ月ごろから現れる皮膚の断裂跡です。症状の程度は個人によって異なり、全く現れない人もいます。

お腹を中心としてバストや太ももに妊娠線が現れることもあり、皮膚の内側ににひびのような筋が浮かぶのが特徴です。最初は赤紫色ですが、時間と共に白っぽく変化します。

妊娠で皮膚が急激に伸びたことや、ステロイドホルモンが増えたことで皮膚が弾力を失い、皮下組織が断裂を起こすのが原因となっています。

妊娠線とは【原因・予防・対策方法も紹介】→

妊娠線予防クリームとは

考える妊婦さん

妊娠線は、皮膚の大部分であるコラーゲン層が乾燥していると起きやすくなります。そこでコラーゲンを乾燥から守る対策が必要になりますが、その保湿の役割を持つのが妊娠線予防クリームです。

妊娠線予防クリームは薬局などで市販されているものもありますが、ネットでのオンライン購入や病院での処方も可能です。

なるべく早くから使用するのが理想ですが、つわりの時期は無理をせず、安定期に入る妊娠5ヶ月くらいから使い始めるとよいでしょう。

妊娠線を産後に消すには治療が必要になる。

考え込む女性

実は、妊娠線は一度できてしまうとなかなか消えないという特徴もあります。跡を目立たなくすることは可能ですが、完全に消すのは難しいのです。

もしも産後も妊娠線が目立ち、跡がどうしても気になるという場合は、美容クリニックなどでレーザー治療を受けることもできます。必ず治るというわけではありませんが、高い確率で妊娠線を目立たなくできます。

費用はクリニックや症状の程度によっても異なりますが、大体10~20万円ほどは必要です。

妊娠線予防クリームを選ぶ時に気をつけること

妊婦さん

妊婦さんが市販の妊娠線予防クリームを選ぶにあたっては、いろいろ気をつけるべきことがあります。それらについて以下で見ていきましょう。

①配合されている成分

妊娠線予防クリームは、妊婦さんの体に配慮していることが重要なポイントになります。天然由来の成分や無添加など、含まれている成分が安全かしっかり確認しておきましょう。

また、保湿成分の効果などの点についてもチェックが必要です。

②自分にあった香り・匂い

妊娠線予防クリームは、つわりの時期から使うこともあります。そうした場合、自分にとって不快でない香りのものを選ぶのも大切です。

市販のクリームは香りがきついものも少なくありませんから、匂いが気になる人は無香料の製品を選ぶとよいでしょう。

③コスパ(値段・容量・品質)

一口に妊娠線予防クリームといっても、値段や品質、容量はそれぞれ異なります。毎日使い続けるのが前提ですから、負担を考えるとなるべくコスパに優れた商品を選ぶのがよいでしょう。

いくら品質が良くても、高額だと続かなくなる恐れもあるので注意が必要です。

④テクスチャーが伸びやすいかどうか

妊娠線はお腹だけでなく、バストや太ももなど体の広範囲に現れます。こうしたことを考えると、なるべく伸びやすいテクスチャーの製品を選ぶのがおすすめです。

また1日に何度も肌につけるものなので、べたつかないということもポイントとなっています。

市販されているオススメ妊娠線予防クリーム

それではここで、市販の妊娠線予防クリームでおすすめの製品をいくつかご紹介していきましょう。以下のようなものは、妊婦さんにぴったりのクリームとなっています。

①ジョンソンボディケア エクストラケア 高保湿ローション

こちらの妊娠線予防クリームの特徴は、何といってもその安さにあります。比較的高めのものが多い妊娠線予防クリームの中で、1,000円台で買えるのはうれしいメリットでしょう。

またベビーオイルやヒマワリ種子油といった、保湿効果の高い成分が入っているのもポイントです。

②ヴァセリン インテンシブケア アドバンスドリペア ボディローション

ヴァセリンは、140年以上に渡って多くの人に愛用されている保湿オイル。配合されている極小のワセリンジェリーが肌の奥深くまで浸透し、乾燥を予防してくれます。

赤ちゃんの肌トラブルにも使われるボディローションですから、もちろん妊婦さんの体にも安心となっています。

③犬印本舗 モイスチャーミルク 200ml

こちらは妊婦さんやママのための製品を扱う、犬印ブランドの妊娠線予防クリームです。べたつかずさわやかな使用感や、広範囲に伸びやすいテクスチャーが特徴となっています。

また石油系乳化剤無添加で、無香料・無着色なのもうれしいポイントです。

④ニベアの青缶 169g

ニベアの青缶と言えばお肌の保湿には定番のクリームですが、妊娠線予防にも使えます。

ニベアのメリットは、何といってもコスパの良さにあります。500円程度で買えてたっぷり使えるというのは、決して小さくないメリットでしょう。

成分に関しては専用のクリームにやや劣りますが、コスト重視であれば断然おすすめのクリームとなっています。

⑤Pigeon(ピジョン) ボディマッサージクリーム 250g

続いてのおすすめ市販クリームは、ピジョンのボディマッサージクリームです。こちらは3種のヒアルロン酸と2種のコラーゲンを配合し、肌表面だけでなく角質層まで保湿してくれます。

また葉酸が配合されているのも、妊婦さんには大きなポイントとなっています。

妊娠線予防クリームの効果的な塗り方

クリームを塗る妊婦

妊娠線予防クリームは、正しく使うことが重要です。まず第一に、マッサージについては必ず医師の助言を受けることが必要。勝手に自己流で行うと、最悪流産や早産の危険もあるので要注意です。

クリームの塗り方としては、まず適量(製品によって異なります)を手のひらに出し、両手で挟んで温めます。次に下腹部に両手を当て、優しく円を描くようにおへその上まで持っていきましょう。

続いてさらに内側を同じように塗っていき、塗り残しのないようにこれを繰り返します。

外に買いに行くのが辛い人にオススメの妊娠線予防クリーム

前述のように、妊娠線予防クリームは市販のものだけでなくオンラインで購入することもできます。つわりなどで外出がしんどいという場合には、以下の製品もおすすめです。

①ベルタ妊娠線クリーム

ベルタマザークリームは、葉酸サプリでもおなじみのベルタが販売している妊娠線予防クリームです。ネットで注文できる便利さはもちろん、無添加オーガニックな点も特徴となっています。

さらにコエンザイムQ10などの高品質成分が配合され、しっかりと保湿できるのもメリットです。

②メイドバイマムクリーム(正中線にオススメ)

こちらは妊娠線に加えて、お腹の真ん中に1本の妊娠線のようなものが現れる「正中線」にも効果的なクリーム。

正中線はメラニン色素の蓄積で目立ちやすくなりますが、メイドバイマムはシミ予防の美白成分がこれをカバーしてくれます。また万一肌に合わない時のために、28日間の全額返金保証も付いています。

妊娠線予防クリームで対策しておこう!

このように、妊娠線は放っておくと後々まで残ってしまう厄介な存在です。そのため早めの対処として、予防クリームで保湿しておくことが大切になります。

クリームは市販のもの以外でもネット通販で購入可能ですから、つわりでつらい妊婦さんにも便利。自分に合ったクリームを探して、妊娠線の予兆が出る前の早めの妊娠線対策を怠らないようにしましょう。