お腹の真ん中に1本だけ妊娠線ができる?それって正中線かも!

お腹の真ん中に1本だけ妊娠線ができるのは正中線かも

妊婦さんのお腹と赤ちゃん

妊娠中期以降になると出てくる妊娠線ですが、普通の妊娠線とは違ってお腹の真ん中に一本だけ線が入るタイプの方もおられるようです。
妊娠線と同じようにお腹に入る線ですから、これも妊娠線?

実はお腹の真ん中に線が入るという場合、それは正中線と呼ばれるものかもしれません。
妊娠線とどう違うの?対処法は?

今回は妊娠中の正中線について詳しくご紹介していくことにしましょう。

お腹の真ん中に線ができていた人は少なくない様子

妊娠線の話はよく話題になりますが、お腹の真ん中に線ができるというのは珍しく感じるかもしれませんね。
でも、意外とこういった経験がある方は多いようです。

先日温泉に行ったんですが、ふと気になる事がありました。 たまたまコンタクトをつけていたのでよく見えたんですが(そんな の見るな、っていわれそうですケド)、おなかの真ん中に縦に1本 大きな筋が入っている人が結構たくさんいたんです。

出典:これって妊娠線? – OZmall

おへその下から、一本縦にくっきりした線ですよね? 私は臨月なんですけど、今まさにおへその下から一本 線がビーーーっと入ってます。 回りの妊婦の友達もあるっていうし、 産んだ後はクッキリ!って言ってました。 そういえば、うちの母親のおなかにも、あったなぁ、一本。

出典:これって妊娠線? – OZmall

おへその下にぴーっと茶色っぽい線が入っているかたを多く 見かけたという事でしょうか。 もしご質問がそれだとすると、これは正中線と呼ばれるもの で、妊娠によってホルモンバランスが崩れ色素沈着がおきた ため出るので妊娠線とは違います。

出典:これって妊娠線? – OZmall

女性のおなかって、おへそから恥骨まで、たてにピーっと線が入っ ています。(男性にはないみたいです) 私は結構薄いのですが、確かに目立つ方もいらっしゃいますよね。

出典:これって妊娠線? – OZmall

ご自身にできたという人以外にも、他の人の体を見たらお腹の真ん中に線が入っていた…という目撃談も多いようです。
上記の体験談を見てもわかるように、実はお腹の真ん中に入る線は妊娠している人だけにできるものではありません。
さらに言うと上記には「男性にはない」という意見もあるようですが、実は男性にもあるんですよ。

さらにお話を進めていきますね。

お腹の真ん中にできる正中線とは?

臨月のお腹

妊娠すると現れるように見える正中線は、実は誰もが生まれながらに持っているものです。
人間は胎児の時、受精卵から細胞分裂を繰り返していきますよね。
その時に体の真ん中には線のようなものが入ることがあります。
例えば口と鼻の間にも線のようなものが誰にでもありますが、これも細胞分裂の時にできたもの。

これと同じメカニズムで、お腹の真ん中にも男女関係なく最初から薄い線が入っているというわけなんです。

正中線と妊娠線の違い

考える妊婦さん

妊娠してお腹に線ができるという意味では、妊娠線も正中線も同じではあります。
では、正中線と妊娠線はどう見分ければ良いのでしょうか?

①妊娠線は皮膚が割れるためにできる

妊娠線は妊娠によってお腹が大きくなることで皮膚が引っ張られ、これによって皮膚が割れるために起きます。
ですからまっすぐな線になることはあまりなく、見た目も赤っぽく「これは皮膚が割れている感じだな」とわかる雰囲気があるんですよ。
ちなみに妊娠線はお腹だけにできると思っている人もいるかもしれませんが、皮膚は全身つながっていますので背中や足にできる人もおられます。

関連記事

妊娠線とは【原因・予防・対策方法も紹介】→

②正中線はメラニン色素が増加するためにできる

一方正中線は、先ほどもお話したように誰もが最初から持っているもの。
でも妊娠していない人はお腹の真ん中に線がある人って少ないですよね。
これはメラニンという色素が関係しています。

妊娠するとホルモンバランスの関係でメラニン色素が増えます。
簡単に言うと色素沈着が起きるのですが、これが元々ある正中線を目立たせる原因になると言われているんです。

ですから妊娠線とは違って、茶色っぽい色になるのが正中線の特徴。
形もまっすぐです。

1本だけおへそを通る線がある場合は正中線

妊婦さん

妊娠線と正中線のメカニズムの違いをご説明しましたが、まとめると以下のようになります。

見た目が赤く、ひび割れのようになっているのが妊娠線。
できる場所もお腹だけでなく、背中や太もも、ふくらはぎなど多岐にわたります。

これに対してお腹の真ん中、つまりおへそを通るまっすぐな茶色い線は正中線ということになります。

ちなみに正中線と妊娠線が必ず同時にできるということもなく、妊婦さんによっては正中線しかできなかったという方もおられるようですよ。

妊娠中の正中線を予防することはできる?

医者と妊婦

元々あるものだとは言っても、お腹の真ん中に線が入ってしまうのは何となく恥ずかしい…
妊娠中の正中線が予防できればいいと思う人も多いかもしれませんね。

でも正中線は元々誰にでもあるものですし、予防するとすれば色素沈着を抑えることですが、妊娠によるホルモンバランスの変化は避けられません。
ですから正中線を予防することはかなり難しいと考えられています。

お腹の真ん中の線はいつになったら消えるの?

今までは目立たなかった正中線が妊娠によってできてしまった!
じゃあこのお腹の真ん中の線は一体いつ消えるのか…ということですが、これについては妊娠線よりも簡単です。

お腹の真ん中に線ができる原因はホルモンバランスの変化によるものですから、出産を終えてしばらくしてホルモンバランスが整ってくると自然に目立たなくなってきますよ。

ただ完全に消えるまでにかかる期間については個人差がありますので、ちょっと気長に待ったほうがいいかもしれません。

産後に正中線を早く目立たなくする方法

妊娠中の正中線ケアはなかなか難しいですが、産後に早く目立たなくするためには肌のターンオーバーを促すことで解決する可能性が高いと言われています。
妊娠線ケアにも共通する方法ですので、ぜひできることから始めてみてください。

①栄養バランスの良い食事を摂る

お肌のターンオーバーを促すためには、栄養バランスをしっかり整えることが大切です。
産後は授乳もありますから、ご自身のためだけでなく赤ちゃんのためにも毎日のお食事には気をつけてみてくださいね。

この時、特に意識して摂取したいのがビタミンCです。
ビタミンCにはメラニンの抑制効果が期待できますので、色素沈着によって起きるお腹の真ん中の線を薄くするためにはかなり効果があると考えられます。
アンチエイジング効果もありますので、美容のためには一石二鳥ですよ。

②クリームを使用する

妊娠時に使うクリームと言えば妊娠線クリームが有名ですが、妊娠線クリームにもお肌のターンオーバーを促す効果があるため、お腹の真ん中の線にもある程度効果があると考えられます。

ただ、ちゃんとケアしたいならやっぱり専用のアイテムを使うのがおすすめ。
正中線ケア用のクリームもちゃんと発売されていますので、良かったらこちらもチェックしてみてくださいね。

お腹の真ん中の線は正中線の可能性が高いので安心して!

妊娠中のお腹の真ん中の線、正中線について、いかがだったでしょうか。

妊娠線と同じくお悩みの種になりがちな正中線ですが、肌トラブルというほどのものではありませんし、そこまで気にしなくても自然に消えていきますからぜひ安心してください。
その上で、妊娠線と共にケアできるところはしていきましょう。

妊娠中の肌トラブルについて正しい知識を持って、適したケアを心掛けてくださいね。