妊娠初期にヘアカラーやパーマをしたらダメ?胎児への影響は?

妊娠初期にヘアカラーやパーマを行なっても大きな問題はありません

女性の妊娠期間は、初期から出産まで約10ヶ月。おしゃれな女性であれば、2~3ヵ月に1回位は美容院でヘアカラーやパーマをかけますが、こういった薬剤は意外と刺激が強いので、赤ちゃんへの影響を心配する人もいますよね。

そこで今回は、妊娠中、特に妊娠初期にヘアカラーやパーマをかけることのリスクについて、丸ごと解説していきます。あわせて妊娠中に美容院に行く際の注意点もご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

カラー剤やパーマ剤は胎児に影響はある?

髪の毛を染めるヘアカラーやパーマに使われている薬剤は、髪の毛の組成を変えるほどの強い薬品。美容院で液剤をつけたときにピリピリとした刺激を頭皮に感じ、「体に悪そう…」と不安に思う人も多いのですが、ヘアカラーやパーマ液が頭皮を介して血中に取り込まれるという医学的な根拠はありません。妊娠中でも安心して、普段通りのおしゃれを楽しみましょう。

ただし妊娠初期のカラー剤やパーマ剤は母体に負担がかかります

バツを持つ女性

ただし、妊娠初期のヘアカラーやパーマには、注意が必要です。なぜなら、この時期の女性の体の中では、さまざまなホルモンが急激に分泌されはじめるから。ホルモンバランスが乱れることで、ささいな刺激にも過敏になり、次のようなリスクを抱え込みやすいのです。

①頭皮が敏感になっているため頭皮が荒れやすい

妊娠初期はホルモンのバランスが崩れ、皮膚が敏感になります。頭皮のダメージ修復も遅れがちなので荒れやすく、普段は問題なく使えたヘアカラーやパーマ液でも強い刺激を感じたり、かぶれが起きることがあります。

②薬品の影響でつわりが悪化することがある

多くの女性が経験するように、妊娠初期はつわりが始まり、味の嗜好が変わり吐き気を感じることが多くなります。匂いにも敏感になってしまうので、ヘアカラーやパーマ液の強い刺激臭で吐き気がひどくなることがあります。

③長時間同じ体勢でいると体に負担がかかる

美容院は予約をしていても待ち時間がかかりますし、ましてやヘアカラーやパーマをかける場合はカット、洗髪と長時間椅子に座って、同じ姿勢を強いられます。妊娠初期はまだそれ程お腹が大きくなってはいないのですが、同じ姿勢を長く取続けるのは負担が大きく、途中で気分が悪くなってしまうことも多いのです。

妊娠初期は自宅でヘアカラーやパーマ行うのは避けましょう

美容院へ行くのは大変だからと、自宅で市販の液剤を使うことを考える女性も多いのですが、これは避けた方が無難。なぜかというと、市販のヘアカラー剤やパーマ剤は短時間で髪の組成を変えることができるよう、美容院などで使っている業務用以上に刺激が強い成分が配合されているからです。

美容院のヘアカラーの中には、ヘナなどの天然染料を使った刺激の少ないタイプもあります。パーマも熱を加えることで短時間で、かつ液剤も少なめで整えられるので、妊娠中はできるだけ美容院へ行くことを検討してください。

妊娠中にヘアカラーやパーマを行うときの注意点

妊娠中に美容院にいくのなら、体調が安定する妊娠第15週、妊娠4ヶ月以降がおすすめなのですが、髪型が崩れてどうしてもヘアカラーやパーマをかけたいという時はあります。そんな場合は次の点に注意して、できるだけ負担を少なくして乗り切りましょう。

①体の調子が良いときに行う

美容院へ行くときは、できるだけ体の調子の良い日を選びましょう。寝不足や疲れがたまっている時の無理は禁物です。当日になって具合が悪くなってしまうこともありますから、万が一のキャンセルも考えて、予約をするときに妊娠中であることを相談しておくことをおすすめします。

②オーガニック系の薬品を使用してもらう

妊娠中の場合は発色などが良くても、できるだけ刺激が強い薬剤は避けた方が無難です。美容院でヘアカラーやパーマ液を選ぶ場合には、オーガニック系のマイルドなタイプを選びましょう。頭皮への刺激が少ないものなら、副作用や頭皮の悪化を心配する必要がありません。

③長時間同じ体勢でいることを避ける

ヘアカラーやパーマ中は、ずっと椅子に座っていなくてはいけないわけではありません。少し体を動かすだけでもかなり体への負担を軽くすることができますので、同じ姿勢に疲れたら遠慮なく美容師さんに相談をして、体勢を変えさせてもらいましょう。

妊娠すると子宮で膀胱が圧迫されて、普段よりトイレが近くなります。トイレの我慢も厳禁ですので、恥ずかしがらずにトイレも申し出てください。

妊娠初期にヘアカラーやパーマを行う際は身体に負担がかからにように

妊娠中は我慢をすることが多く、ストレスをため込んでしまうプレママも多いのですが、ヘアカラーやパーマは絶対駄目というわけではありません。美容院に通っておしゃれをすることは妊娠中の良い気分転換になりますし、美容の面でもおすすめなのですが、妊娠初期は一番体の変化が大きいとき。

ヘアカラーやパーマで体調を崩してしまうこともありますから、身体に無理のない範囲で楽しみましょう。