妊娠中はなぜ葉酸が必要になるの?【葉酸不足が招く弊害とは】

妊娠中の母体には葉酸が不可欠!?

妊娠したい人や、お腹に赤ちゃんがいる女性にすすめられている、葉酸サプリ。「必要だから」と言われただけで、ただ漫然とサプリを飲んでいる人も多いのですが、葉酸はなぜ必要なのでしょうか?

今回は葉酸がもつ作用・効能について解説しながら、効率よく葉酸を摂取する方法についてご紹介していきます。

妊婦にはなぜ葉酸が必要なの?

葉酸はビタミンB群に属する、水溶性ビタミンの一種。私たち人間の体には欠かせないこの栄養素には、次のような働きがあります。

造血作用がある

葉酸はビタミンB12とともに「造血ビタミン」と呼ばれていて、新しい血液を作り出す役割を担っています。女性は妊娠すると血液を介して栄養を胎児で送るために多くの血液を必要としますので、葉酸は妊婦に欠かせませんし、出産後の母乳育児もサポートします。

子宮内膜の強化効果

葉酸は血液を増やして身体を温めることで、子宮や卵巣などの女性の生殖器官の機能を活性化させる作用があります。ビタミンB群の栄養にはホルモンバランスを整える作用もありますので、葉酸を積極的に摂取すると子宮内膜が強化されて妊娠しやすくなり、胎児も育ちやすくなります。

流産のリスク低下

流産は決してまれなものではなく、約15%の確率で発生するといわれています。また、その多くが妊娠初期に起こっています。
妊娠初期の流産の確率は他の時期と比べて相当高いのですのが、その多くの原因が染色体異常によるもの。
そして葉酸は遺伝子の複製を担っている重要な栄養素です。
葉酸をきちんと摂取すると、受精卵の正常な成長を促すことができ、妊娠初期の流産のリスクを軽減する効果が期待できます。

受精卵の着床を助ける

葉酸の作用で子宮内膜が厚く、強化されると、受精卵が子宮に着床しやすくなります。血液の増産やホルモンの分泌も活発になり、胎児がお腹の中でスクスクと育つことをサポートします。

関連記事

葉酸サプリは着床に効果が期待できる?身体に与える効果とは?

胎児の障害を防ぐ

葉酸を一番必要とするのは、妊娠初期の女性です。この時期は胎児の細胞分裂が活発で、赤ちゃんの体の細胞がどんどん作られる時期。葉酸は正常な細胞分裂を促すことで、胎児の体の健全な発育を助けてくれます。

神経管閉鎖障害の予防

胎児の脳や神経系の礎となる神経管は妊娠7週目までに形成されますが、この時期に葉酸が不足すると細胞分裂が正常に行われず、無脳症や二分脊椎などの先天性の神経管閉鎖障害が起きるリスクが高くなります。葉酸の摂取は、こういったリスクを軽減する効果が高いのです。

葉酸が必要になる時期はいつ頃?

日本の厚生労働省では健康な赤ちゃんを産むために、妊娠初期の女性には通常時の約2倍の葉酸を摂取するよう推奨しています。ただし、葉酸は妊娠中の女性の体にだけでなく、幅広い年齢の女性の体が必要としている栄養素。受精卵の着床や母乳育児を助ける効果もありますので、妊活中や出産後も積極的に葉酸の摂取を心掛けましょう。

妊娠中に必要な葉酸の量は?

厚生労働省では、さまざまな栄養の摂取量を定めていますが、「日本人の食事摂取基準」2015年度版によると、それぞれのライフステージでの葉酸の1日の摂取目安量は、次のとおりです。

  • 非妊娠時の成人女性:0.24mg(240μg)
  • 妊娠初期:0.48mg(480μg)
  • 妊活中:0.40mg(400μg)
  • 授乳中:0.34mg(340μg)

葉酸は生命活動の維持に欠かせない栄養ではありますが、摂り過ぎは体に良くありません。1日に1mg(1000μg)以上の葉酸を摂取すると食欲不振や吐き気、むくみや不眠などの困った症状が起きるリスクがあります。葉酸は過剰摂取をしないように気を付けて、安全に健康に役立てましょう。

どんな食べ物に葉酸が含まれているの?

葉酸は私たちの身近にある、次のような食材から摂取することができます。

  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • 枝豆
  • カボチャ
  • 鶏や牛のレバー
  • ウナギの肝
  • 納豆などの大豆製品
  • エリンギ
  • エノキ
  • 焼きのり
  • たたみイワシ
  • キウイ
  • バナナ
  • イチゴ
  • アボカド

ただし、こういった食材に含まれる葉酸の量は少なく、食材を洗う時に水に流出したり、調理の加熱によって失われたりしまいがちです。天然の食材に含まれる葉酸は体への吸収率も悪いので、葉酸は食事からだけでは不足しがちなのです。

効率よく葉酸を摂取するには?

ベルタ葉酸サプリ

妊活中や妊娠中など、葉酸を効率よく摂取したい場合には、葉酸サプリを活用しましょう。サプリであれば調理の手間などは一切なく、1日に必要な葉酸を気軽に摂取することができます。

特におすすめなのは、ベルタ葉酸サプリです。ベルタ葉酸サプリは体への吸収率の良いモノグルタミン酸型葉酸を始め、鉄分やカルシウムなどの女性の体に不足しがちな栄養を豊富に配合しています。しかも体に優しい無添加サプリですので、妊娠中のデリケートな時期でも安心して活用することができますよ。

必要な葉酸を摂取して妊娠中の体を健康に保とう!

積極的に摂れば体に良く、摂り過ぎると悪影響が出るリスクがあるのが葉酸です。配合量がきちんとわかっている葉酸サプリであれば、不足も過剰もわかりやすいので、安心ですね。妊娠中は食事だけでなく葉酸サプリも活用して、身体に積極的に葉酸を補給していきましょう。