妊婦さんは電磁波の影響を受ける?WHOの見解は?

電磁波による妊娠への影響は心配なし

パソコンやスマホなどの電化製品が家庭に溢れるようになってから、電磁波が体に良くないというような情報が出回ることがありますよね。
電磁波対策のグッズも色々出ているほどですが、妊娠中にもし電磁波の影響を受けてしまったらと思うと、ちょっと怖い…

でも実は、電磁波は騒がれてはいるものの体にそう大きな影響はないとされているんです。
ですから妊婦さんにも悪影響はないと考えられているんですよ。

今回はこうしたお話の根拠も含め、電磁波について詳しくご紹介していきます。

電磁波と妊婦さんの関係には様々な見解がある

電磁波が妊娠中に悪影響をもたらすことはないというお話をしましたが、民間レベルでは電磁波と妊婦さんの関係には色々な意見があります。
一部を見てみましょう。

ネットで「電磁波」をキーワードで検索すると、さまざまな、おぞましい情報も 出てきます。 電磁波と同義語ですが、学術用語として用いられている「電磁界」 この電磁界や「電磁界健康影響」をキーワードにサイド検索をしてみてください。 それなりに科学的な情報が得られるでしょう。

出典:妊娠中の電磁波について。 – 現在妊娠超初期の6週目くらいです… – Yahoo!知恵袋

通常の生活では全く問題ありません!!生命の源である太陽光も電磁波の塊です。

出典:妊娠中の電磁波について。 – 現在妊娠超初期の6週目くらいです… – Yahoo!知恵袋

大丈夫ですよ。 妊婦さんの中には、仕事で一日中、パソコンを使ってる人もいます。 病院のカルテだって、今は、パソコン管理です。 胎児に影響あるなら、使わないと思いますよ。気にしすぎです。

出典:妊娠中の電磁波について。 – 現在妊娠超初期の6週目くらいです… – Yahoo!知恵袋

ひとつめに少し怖い情報を上げてしまいましたが、確かに「電磁波」と聞くと良い印象はないかもしれません。

でも考えてみれば妊婦さんが多く訪れるはずの病院もパソコンなどの電化製品で溢れていますし、太陽も電磁波の塊だという意見にはかなり納得できる部分があります。

妊娠初期には胎児の発育のこともあり電磁波の影響が気になる人も多いと思いますが、そこまで心配しなくても大丈夫そうですね。

そもそも電磁波って何?

考え込む女性

太陽も電磁波の塊だというお話をしましたが、危険かどうかが騒がれている電磁波は、主に機械から発せられるものです。

電化製品や機械が動くことによって発生する波動だと思っていただくと、わかりやすいかと思います。

機械によって電磁波の種類が異なる

電磁波と一言で言っても、その種類は色々あります。
自然界で言えば色や光も電磁波の一種なんですよ。

機械から発せられる電磁波として考えると、大きく低周波と高周波に分かれます。

例えばスマホは高周波。
また送電線も電磁波を発することで知られていますが、こちらは低周波だと言われています。

WHOによる妊婦さんと電磁波に関する見解

電磁波、低周波、高周波…など、難しい言葉を聞くと何となく危険な感じがするかもしれません。
これを受け手、実はWHO(世界保健機関)でも妊婦さんと電磁波の関係についての研究が進められています。

世界基準では妊婦さんと電磁波についてはどういった見解なのでしょうか?

①送電線に近づいても大丈夫

電磁波の中で特に気にする人が多いのが、送電線から出る低周波です。
低周波が発生させる磁界の影響は色々と研究されているのですが、現在のところ生物に悪影響が出る可能性はないと言われています。

確かに日本国内にも送電線は膨大にありますし、山の中など自然の中に鉄塔が立っていたりします。
でも動植物に異常が出ている感じはしないですよね。

ですから妊婦さんにも悪影響が出るとは考えられていないんですよ。

②家電製品に近づいても大丈夫

送電線は妊婦さんにも安全だというお話をしましたが、じゃあ家電製品はどうなのでしょうか?

家電製品も電磁波によって磁界が発生することはわかっているのですが、送電線と同じく体への影響はほぼないと言われています。

家電製品が日本や世界に広まってもう何十年も経ちますが、未だに妊婦さんをはじめ人体に何も影響が出ていないところを考えると、当然かもしれませんね。

③スマートフォンを使っても大丈夫

最近電磁波の噂が強くなった背景には、スマホの登場があります。
スマホは通話やメール、インターネットなど明らかに電磁波を使った機器ですから電磁波も多いということになりますが…

こちらもWHOの見解としては「影響なし」が有力です。
スマホだけでなくPHSやバブル期の大型の携帯電話に至るまで、20年以上にわたって電磁波の影響について研究されてきましたが、妊婦さんだけでなくほとんどの人に健康被害が出ないという結論に至っています。

「電磁波過敏症」の場合は影響が出るかも…

眠る女性

電磁波が妊婦さんをはじめ人体に大きな悪影響がないことは世界基準でも証明されています。

ただしここでひとつだけ注意。
害のない食べ物にもアレルギーがあるのと同じで、電磁波も過敏症を発症する方が稀におらるんですね。

電磁波過敏症の症状は、電磁波による皮膚のチクチク感、そして頭痛や不眠症といった精神面への影響です。
こうした症状が出る女性の場合、妊娠中に何らかの影響が出る可能性はゼロではないと言えます。

妊娠中どうしても電磁波が心配な時の対策方法

妊婦さんとハート

大きな影響はないとは言え、妊娠中は小さなトラブルも防ぎたいですよね。
電磁波がどうしても気になる妊婦さんは以下のことに気をつけてみてください。

①睡眠中周りに電化製品を置かない

電磁波による影響を抑えたい時は、電化製品から離れればある程度解決します。
日中の活動時間帯は電化製品から離れることは難しいかもしれませんが、就寝中だけでも近くに電化製品を置かないようにしてみましょう。

最低限、スマホや携帯を枕元に置くのをやめてみるだけでかなり違うと思いますよ。

②電磁波カット素材を試す

冒頭にも触れたように、最近は電磁波カットグッズもラインナップがかなり充実しています。

完全に全てシャットアウトするのは難しいかもしれませんが、ある程度の電磁波を防ぐ効果は期待できますので、気になる妊婦さんはこうした素材を試してみるのもいいかもしれませんね。

③電磁波に関して専門機関に問い合わせる

電磁波については、専門的に研究している機関がいくつかります。
代表的なのが電磁界情報センター(JEIC)。

電化製品やスマホ以外にも、妊婦さんへの影響が気になる電磁波がありましたらこちらに問い合わせてみると、安全性についての説明や防ぐ方法などをアドバイスしてもらえるかと思いますよ。

電磁界情報センター(JEIC)

TEL:03-5444-2631
電話受付時間:平日9:00~17:00(12:00~13:00を除く)
FAX:03-5444-2632
E-mail:jeic@jeic-emf.jp
URL:http://www.jeic-emf.jp/

妊婦さんは電磁波をあまり気にしすぎないようにしよう

妊婦さんと電磁波との関係について、いかがだったでしょうか。

今回のお話をまとめると、妊婦さんへの電磁波の影響はほぼないと言えます。
過敏症を発症する人も稀におられるかもしれませんが、ほとんどの人にとっては電磁波は身近にありふれた普通のもの。

気にしすぎるほうが逆に体に悪影響を及ぼしてしまうかもしれません。
妊婦さんにとってストレスは良くないものですから、そこまで気にせずに生活していただくのが一番かと思いますよ。

電磁波に不安があった人も、今回の記事でご安心いただけたでしょうか。
身の回りの事象について正しい知識を持って、妊婦生活を満喫していきましょう!