ピルで不妊は嘘?!実は不妊に効果があった!詳しく調査

ピルを飲んだら不妊症になるの?

ピルというと避妊をする時に服用するもの…そう認識している人が多いのではないでしょうか。
確かにピルは経口避妊薬という名前になっているため、間違いではありません。
でも、ピルの使用の仕方は避妊以外にもあるのです。

また、ピルを飲んだら不妊症になる…そういう噂もありそれを聞くと怖くてピルを避ける人もいますが、ピルを飲んだからといって不妊症になるということはありません。
むしろ、正しく使えばメリットも得られるものなんですよ。

主なピルの種類は?

ピルで不妊に効果があるのか気になりますが、その前にピルについて知識を深めておきましょう。

経口避妊薬と呼ばれるピルには大きく分けて、高用量・中用量・低用量ピルの3つの種類に分類されています。

そもそもピルには2つの女性ホルモンが配合されていますが、3つのピルの違いは含まれる卵胞ホルモンの量で含有量が多い順に高用量・中容量・低用量になっています。

この中で現在日本で一般的に避妊・月経不順を改善させる目的で使用されるのは、低用量ピルです。

ピルが不妊症に効果があるわけ!

避妊薬として使われるピルが不妊症にも効果があるということですが、なぜピルが不妊症にも有効なのでしょうか。
ピルで得られる不妊に対しての効果を掘り下げてみましょう。

子宮内膜症の予防

子宮内膜というのは子宮の内側にある組織のことですが、子宮内膜が子宮の外側にできてしまい他の組織と癒着を起こすと子宮内膜症になります。

不妊症の原因は様々ですが子宮内膜症も不妊症の原因になるため、ピルで子宮内膜症を予防することができれば不妊症対策にもつながるのです。

ではなぜピルが子宮内膜症の予防に効果があるのかというと、ピルを服用すると体内のホルモン量を調節し排卵を止めることができるからです。

子宮内膜が剥がれ落ちることで起こる月経がピルによって子宮内膜が厚くならないようにコントロールできれば、月経が軽くなり子宮内膜症の予防になります。

また、すでに子宮内膜症を発症している場合であっても進行を抑える効果が期待できます。

子宮ガンのリスク軽減

子宮ガンは若くして発症することもあり、不妊のリスクを高める病気の一つです。

ピルには2つの女性ホルモンが配合されていると前述しましたが、そのうちの黄体ホルモンには子宮内膜を保護する効果があると言われていて子宮ガンのリスクを軽減することが期待できます。

さらに、細菌やウィルスなどが子宮内に入るのを防ぐ効果もピルにはあり、不妊の原因につながる病気にかかるリスクが低くなります。

ピルの不妊症以外の効能は?

PCと女性

ピルが不妊症にも効果があるのがわかりましたね。
でも、ピルの効果はそれだけではありません。
不妊症以外にも期待できるピルの効果を見てみましょう。

①PMSの軽減

PMSというのは月経前に起こる身体的及び精神的な不調のことで、多くの女性が経験しているものです。
PMSは個人差があり軽い人もいますが、中には生活に支障をきたしてしまうほど重い人もいます。

ピルを服用すると排卵が止まるため、普段は体内でコントロールされている女性ホルモンの変動がなくなります。
そのため、ホルモンバランスの変化によって起こるPMSの症状が出なくなります。

②月経周期の安定・コントロール

月経は正常であれば25日から45日周期で起こります。
ところが、周期が安定していなかったり頻繁に月経が起こるというような月経不順になってしまうことがあります。

月経不順はホルモンバランスが乱れることで起こるため、2つのホルモンが配合されているピルを服用すればホルモンバランスが整えられ、結果的に月経周期を安定・コントロールさせることができるのです。

ピルの副作用まとめ

口を抑える女性

ピルは不妊にも効果があるうえ、不妊以外にも有効な薬です。
ただ効果があるとはいえ、あくまでもピルは医薬品なので副作用は考慮しなければいけません。
ピルによって起こる可能性のある主な副作用は、以下のようなものです。

  • 頭痛、偏頭痛
  • 嘔吐
  • 不正出血
  • 乳房痛、乳房張り感
  • 発疹
  • むくみ、体重増加
  • 血圧上昇
  • 食欲不振

副作用はピルだけにあるものではなく、どんな医薬品にも存在するものです。
必ず起こるとは限りませんが、リスクがないというわけでもないので気になる症状があればすぐに医師に相談しましょう。

ピルは安全性の高い避妊薬として有名

お医者さんと妊婦さん

ピルで起こる可能性がある副作用を見ると、怖いと感じる人もいるかもしれませんね。
でも、前述したように副作用はどんな医薬品にもあります。

しかも、ほんの数パーセントの割合で起こる可能性であっても副作用として捉えられています。

さらに以前は中高用量のピルが使われていましたが、現在は低用量ピルが普及しています。

低用量ピルには配合されているホルモン量が少なく、体に与える影響も少ないため安全性の高い避妊薬として知られています。

また、不妊症やその他の効果も得られるため正しく使用すればピルは逆にメリットが大きいものだと言えます。

【結果】ピルは不妊症を改善する治療法としても使われている!

いかがでしたか。
ピルで不妊になるという噂の真相を探った結果、不妊になるどころか不妊症を改善する効果が期待できるものであることがわかりました。

ホルモンのバランスを整えることができるピルを使用すれば、月経不順を改善したり子宮内膜症を予防したりといった不妊の原因となり得るものを避けることができます。

実際に病院でも不妊を改善するためにピルが処方されていることもあり、適切な使用をすればピルは効果が高いものであると言えます。

この記事のカテゴリー: カテゴリー妊活中