排卵障害でも妊娠できる?治療法は?原因も徹底調査!

排卵障害でも妊娠できるの?原因と対策は?

排卵に障害があると聞くと妊娠できない…そんなイメージがあるかもしれませんね。
確かに、排卵が正常に起きていることが前提で妊娠につながりますから、排卵障害が不妊へのリスクになることは間違いありません。

でも、今現在排卵障害があったとしても、ちゃんと排卵が起きるようにすれば妊娠することはできます。
排卵障害が起きる原因を知って、今からしっかり対策をしていきましょう。

排卵障害とは?

卵巣には数多くの卵子がためられていて、毎月その中から一つの卵子が成熟して卵巣から出ていくのが排卵です。

排卵障害というのは、名前のとおり排卵に何らかの原因があって障害が起こり正常に排卵が起こらない状態のことを言います。

そもそも排卵は、視床下部からの指令によってホルモンが分泌され刺激を受けた下垂体から卵胞刺激ホルモンと黄体ホルモンが分泌されて卵胞の発育を促し排卵を促すというメカニズムで起こっています。

ですから、そのメカニズムに何らかの問題があれば排卵障害が起こることになります。

不妊症の原因でもっとも割合が高い「排卵障害」

不妊症の原因は色々ありますが、その中でも排卵障害が原因での不妊症は30%にものぼります。

妊娠に至るためには卵子と精子が受精しなければなりませんから、卵子が卵巣から出る排卵が起きていなければ自然妊娠するのは不可能なのです。
そのため、排卵障害は不妊症の原因の中でもっとも高い割合になっています。

月経不順や無月経であれば排卵障害が起こっている可能性が考えられるため、早めに病院を受診するのがオススメです。

排卵障害の原因とは

不妊症の原因でもっとも割合が高い排卵障害ですが、実は排卵障害になる原因というのはまだ明確にはなっていません。

ただ、月経不順の女性に排卵障害が起こっている可能性が多いとされていて排卵障害は無月経や月経不順とも関わりがあると考えられます。

また、前述した排卵のメカニズムから考えるとホルモンを分泌するどこかの段階で問題が起きている可能性もあります。

さらに、生活習慣の乱れなど日常生活の中にも排卵障害を起こす原因になるものがあるとも言われています。

排卵障害の症状

考え込む女性

では排卵障害になると、実際にどんな症状があるのでしょうか。
具体的に見てみましょう。

高プロラクチン血症

高プロラクチン血症というのは、プロラクチンというホルモンの過剰分泌により血中濃度が高くなる症状です。

プロラクチンは主産後に多く分泌されるホルモンで、母乳の分泌を促がしたり体力を回復させる目的で子宮の収縮を促す作用があります。
また、産後すぐに妊娠できないように排卵を抑制する作用もあるのです。

月経不順や無月経であったり妊娠していないのに母乳が出るなどの症状があれば、高プロラクチン血症が疑われます。

多嚢胞性卵巣症候群

卵巣には多くの卵細胞があり、毎月一つずつ成熟して排卵によって卵巣の外に出ることを前述しましたね。

卵細胞は卵胞に包まれていますが、それが成熟しきらずに卵巣の壁にたくさんの卵胞がくっついてしまい正常に排卵できない症状が多嚢胞性卵巣症候群です。
卵子が卵巣の外に出ることができずに排卵障害の原因になってしまいます。

男性ホルモンの過剰分泌によって、卵胞が成熟できないのではないかと考えられています。

黄体化非破裂卵胞症候群

成長した卵胞はあるホルモンの上昇によって自然に破裂して卵子が卵巣の外に出る、つまり排卵が起きます。

しかし黄体化非破裂卵胞症候群は、卵胞が破裂しないまま黄体ホルモンへと変化してしまうため排卵が起こりません。

卵胞を破裂させることができないのには、破裂を阻害するクラミジア感染や子宮内膜症などの物理的要因が生じている可能性があります。

卵巣機能不全

排卵障害が起こるのには、卵巣の機能が低下してしまう卵巣機能不全の場合があります。

生活習慣の乱れや慢性的なストレスによって女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと、卵巣の機能が低下してしまいます。

女性ホルモンの分泌を司る自律神経はストレスによって乱れてしまうため、ストレスによって自律神経が乱れると女性ホルモンも乱れてしまうのです。

その結果、卵巣機能不全になると月経不順や排卵障害を引き起こしてしまいます。

早期閉経

日本女性の平均閉経の年齢は、52歳ごろだと言われています。
それが、40歳未満で閉経することを早期閉経といいます。

早期閉経は初めのうちは月経の間隔が長くなり回数が少なくなって、次第に月経がなくなるのが特徴です。

早期閉経することで女性ホルモンの分泌も低下するため、ほてりやのぼせといった更年期のような症状が出てきます。

肥満・痩せすぎ

排卵障害には、肥満・痩せすぎも関わる場合があります。
肥満によって内臓脂肪が増えてしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまうため排卵障害を招く可能性があります。

逆に痩せすぎも排卵障害を招く可能性があります。
体型を気にしすぎてダイエットをしすぎたり、何らかの原因によって急激に痩せすぎてしまうと月経不順が起こり無排卵になることがあります。

排卵障害の治療方法

排卵障害の症状がわかりましたが、もし排卵障害を起こしている場合はどのように治療するのでしょうか。
排卵障害の治療方法を解説します。

排卵誘発剤の使用

排卵障害の根本的な原因が解明されていませんが、何らかの原因で排卵が正常に起きていないのであれば排卵を促す必要があります。

排卵を促すための治療法として、排卵誘発剤の使用があります。
排卵誘発剤は大きく分けて内服薬と注射の2種類があり、クロミフェンやシクロフェニールという排卵誘発剤の内服から始めます。
内服でも効果が得られない場合は、hMG-hCG注射によって治療が行われます。

高プロラクチン血症の治療

高プロラクチン血症によって排卵障害が起きている場合は、高プロラクチン血症の治療を行わなければなりません。

高プロラクチン血症の原因が腫瘍や薬の服用によって発症しているのであれば、薬の使用を控えるなど原因を取り除く必要があります。

原因不明でプロラクチンが上昇しているのであれば、プロラクチンを要請する効果のある薬が処方されます。

生活習慣の改善

排卵障害が起こるのには、生活習慣の悪化も考えられます。
太り過ぎや痩せすぎによっても排卵障害が起きてしまうので、気をつけなければなりません。

食事をきっちりとることも大切ですが、偏った食事は避けバランスの取れた食事を心がけることが重要です。

また睡眠不足なども体にストレスを溜める原因になるため、睡眠時間をしっかり確保することも排卵障害の改善につながります。

漢方治療

漢方薬を使った排卵障害の治療法もあります。
排卵障害の原因は明確ではありませんが、血行不良や冷えが原因で卵巣や子宮の機能が低下していることもあります。

血行を改善する漢方やホルモンバランスを整えるような作用がある漢方を利用することで、排卵障害が改善することもあります。

体の調子を整えるという意味では、漢方薬の使用は非常に有効なものであると言えます。

排卵障害でも妊娠できるの?

排卵障害について理解が深まりましたが、気になるのは排卵障害があっても妊娠できるのかというこうですよね。

確かに、排卵障害がある状態で自然妊娠することは難しいです。
でも、適切に治療を行えば妊娠することが可能です。

排卵誘発剤を使用して排卵が起こるようにしたり、高プロラクチン血症や多嚢胞性卵巣症候群などの症状があればまずは根本的に問題となる症状の治療を行うことで妊娠につなげることが期待できます。

妊活中におすすめの飲み物

排卵障害を改善するためにも、自分で排卵を促すことが期待できる食材を積極的に摂取していくことが大切です。
排卵を促す作用が期待できる食材は以下のようなものが挙げられます。

  • 玉ねぎ
  • ニラ
  • セロリ
  • 三つ葉
  • 春菊
  • ルイボスティー
  • たんぽぽ茶 など

野菜類は料理に使用すると、毎日でもうまく摂取することができますね。
またたんぽぽ茶はたくさん販売されていますが、オススメはママナチュレのたんぽぽ茶です。

ママナチュレのたんぽぽ茶には、ルイボスも含まれていますし女性ホルモンと構造の似たイソフラボンも配合されています。

ですから、鉄分を補えるだけでなく体を温めホルモンバランスを整える効果もあり、多くの方面から不妊にアプローチできます。

排卵障害でも妊娠できる可能性は十分にある!

いかがでしたか。
排卵障害について原因や治療法まで徹底調査しました。

排卵障害が不妊症の原因の大きな割合を占めていることは確かですが、今排卵障害であるからと言って妊娠できないわけではありません。

もちろん、排卵障害をそのまま放置しておくことで妊娠できないリスクは伴いますが、早期的に適切な治療を行えば排卵を促すことができますし妊娠できる可能性があります。

大切なのは排卵障害が起きている原因を把握し、改善することです。
排卵障害かもしれないと思ったら、早めに病院を受診するのがオススメですよ。